こんにちは!これはエレベータメーカのマイクロブログ、すぐに開いて彼の最新の開発に耳を傾けてください!

メタルマイクロブログWeiboと呼ばれるか付箋と呼ばれるかにかかわらず、ここで録音されたこれらの小さな声は忘れられない思い出になります。ここでは、いつでもどこでも携帯電話やウェブページなどでメッセージを送信したり、いつでも友達に会ったりすることができます。注意エレベータメーカ最新ニュース。

エレベータメーカ(@323HP155335083)
オフラインのユーザー

http://www.studyexam4less.com/?323HP155335083

男性,山东省 济南市

86 18006368428

  1. アルメロけんちくようエレベータ顧客を勧誘する主な方法

    ガイドレール式昇降機油圧ポンプステーションシステムの電磁弁は適切に速度を調節することができ、もしすでに大きく調節したならば、油圧昇降機の油圧油が分であるかどうかシリンダが油漏れしているかどうかなどを検査してみて、もしすべて問題がなければ、速度はまだ遅いので、もっと大きいポンプステーションシステムを交換することを提案します.アルミニウム合金昇降プラットフォームの落下速度が遅くなったため、利用が適切でないか、老化しているため、汚物利用油圧昇降機の育成により速度が遅くなる徴候が発生した.速度が遅くなったら、まず油圧油の流量の身分を考慮します.油圧油の流量に影響する身分は:油圧管路、油圧弁、油圧油ポンプ、電動機の調速組立などがある.次のように、速度が遅くなるつの原因と調整方法を紹介します.アルメロ、リフトケーブルはリフトに重要な役割を果たしていますが、どのようにして良いケーブルを選ぶか知っていますか.そこで、ピックアップしたリフトケーブルの選び方をまとめてみましょう.長期的に降機メーカーなどの各種ブランド製品を向上させ、指定製品が完備し、品質が保証されている.では、アルメロ倉庫用エレベータ、リフトの油圧油をどのように交換するのが正しいのか、冬は寒いのでリフトの油圧油は少し必要になりやすいので、温度が高くて薄いリフトの油圧油を使用しなければならない.夏は暑くて、リフトの油圧油は薄くなりやすいので、油圧油を交換する際は濾過網を使用し、油圧油中の不純物を濾過した後、来年の次回交換に備えて保管しなければならない.第総括:エレベータを維持するには定期的にエレベータの油圧油を交換しなければならない.ザント、メンテナンスは『特殊設備監察条例』『エレベーター監督検査規程』『エレベーター維持規則』(GB 及び関連する国標、貨物を運ぶエレベーター、主に貨物を運ぶために設計され、通常は人が伴うエレベーターがある.貨物を載せるエレベータかごは長くて狭い特徴がある.電動機を動力とする垂直昇降機には、箱状のハンガーが取り付けられている.所定階にサービスする固定式昇降設備.これは、その日常メンテナンス技術を調べてみましょう:油圧エレベーターの日常メンテナンス技術新しく取り付けられた油圧エレベーターの最初のエレベーターメーカーの保証期間(般的に-年).手動油圧スタック高台車の運転システムはペダル式とハンド制御式に分けて選択でき、簡単で操作しやすい.車種は固定式と移動式フォークに分けられ、普通の足と跨馬足は多種の選択がある.倉庫、スーパーマーケットの小売業の商品の配置、抽出に最適です.


    アルメロけんちくようエレベータ顧客を勧誘する主な方法



    油圧昇降プラットフォームの送油管内部に異物があり、送油油圧油に力の不均をもたらし、テーブル面の不均な状況が発生することがあり、送油管が滞りなく通じるかどうかをよく見ることを提案する.単柱アルミニウム合金昇降機の操作は比較的便利で、この竜門架台の組み立ては容易で、操作は省力で、移動は柔軟で、高さ mの固定座席などの障害物を乗り越えることができ、階段で安定して作業することができる.高強度矩形鋼管を作製し、剛性安定性が良い.ユニバーサルキャスターが付いていて、機動的で柔軟です.両端フレームのスパンは調整可能で、異なる障害物を乗り越えるための要件に適しています.両端フレームは垂直に調整可能で、定の勾配の傾斜面や階段での作業に使用できます.各部のワイヤロープに糸切れや緩みがないかどうかをチェックすることに注目しなければならない.関連規約を超えたらすぐに取り替える.ワイヤロープの愛護養生は厳格に規則に従うべきである.需要、まずオペレーティングリフトを正しく使用し、オペレータに対してシステムのオペレーティング訓練を行う:定期的にオペレーティング規範検査を行い、アルメロ単柱アルミニウム合金エレベータ、規則に違反したオペレーティングリフトを発見したら、直ちに処罰し、重症者はこの職場から転出しなければならない.会社以来の昇降機の生産経験の中で、ほとんどの昇降機顧客は昇降機の過負荷使用が存在することを発見し、昇降機は設計上大きな過負荷量を持っているが、このような使用による潜在的な危険性は非常に大きく、シリンダの天井、昇降機のスタンドの変形などの傷害をもたらしやすい.そのため、以下の点をまとめなければならない:リフトの維持には専任のアップタイム訓練を受けたリフト操作者を配置し、違反操作の使用を厳禁しなければならない.輸送昇降プラットフォームの中には考慮すべき問題があるが、昇降機の使用の中には、比較的大型の場所がユーザーの要求に応じて自分のニーズに合った昇降プラットフォームを購入することがあり、これはこの体積が大きすぎる設備が輸送の上で難関が存在することを意味し、これも多くのユーザーがメーカーと心配している問題であり、設備は体形が大きく、占有面積も大きく、往復して運ぶのが不便で、移動するのは非常に困難である.では、私たちはどのように解決すべきでしょうか.今日は、大型昇降プラットフォームがどのように輸送困難を解決するのかを詳しく紹介します.高所作業車の防錆作業は般的に高所作業車のように長期的に使用されていない場合に注意が必要ですが、高所作業車の車体に対する防錆はどのようにすればよいのでしょうか.これは実に簡単なことで、修理ステーションにお金をかけて防腐をする必要はありません.私たちの車主は自分の手元にある材料を使って実現することができ、同時に運転習慣に注意すれば、高所作業車が錆びないことを保証することができます.いくつかの点がありますが、参考になります.


    アルメロけんちくようエレベータ顧客を勧誘する主な方法



    油圧昇降ステージのボール、ボール、アルメロ電動6メートルリフト、ターンテーブルなどのテーブル面は任意に配置され、異なるモードの使用要求を満たすことができる.設備管理この設備の性能によって、アルミニウム合金昇降プラットフォームは般的に以下の種類に分けられる:移動式アルミニウム合金昇降プラットフォーム:設備は高強度アルミニウム合金材料を採用し、昇降プラットフォームの偏向とを大幅に減少した.体積が小さく、比較的小さな空間で作業昇降が可能です.同時に、軽量で柔軟な機種移動操作が可能な固定式アルミニウム合金昇降プラットフォーム:市場では般的に高強度アルミニウム合金板材を採用し設計過程でより人間化と細密化が行われ、設備は実際の使用状況に基づいてテーブルの大きさと荷重の上昇をカスタマイズすることができ、登車橋の需要も日増しに増加している.しかし、彼らは自分で生産しないで、価格が高いので、重要なのは彼らが自動車ブースの技術にあまり理解していないことで、直接顧客の技術要求をメーカーに伝える際に偏差が出ることが多いので、登車橋を購入する顧客は直接専門のメーカーを探すのが好きです.登車橋を選択購入する際には、まず製品の使用範囲、作業頻度、利用率、定格重量などの要素を総合的に考慮し、本単位の使用要求に適した登車橋を選択しなければならない.作成した技術パラメータに基づいて、市場調査を行う.選択した供給メーカーは、まず登車橋メーカーを見る必要がありそれからアフターサービス能力が必要です.製品の品質が良く、性能が優れ、装置が完備された固定登車橋であれば、価格が合理的な場合には、選択の対象とすることができる.エレベーターの発展法則によると、谷間があれば反発し、低迷が続けば業界は消滅する可能性がある.次に、業界の暖かさを取り戻すブースターであり、インフラストラクチャを強化し、これは業界に大きなチャンスを提供した、&ldquo ;帯路&rdquo ;沿線諸国の需要は、業界のもうつのチャンスに違いない.アルメロ、設置現場の優れた電力供給を保証し、単独配電箱を設置し、配電箱の使用時に電気漏電スイッチは施工昇降機用の要求を満たさなければならない.もし設置された施工昇降機が周波数変換されている場合、漏電スイッチを選択する時にインバータと適合しなければならない.設備の操作は非常に簡単で、操作ボタンを押すだけで、設備高さ調節板が自動的に上昇する、ボタンを放して、板の自重を調節して落下して、舌板はトラックに掛けて使うことができます.変わらない.発明の問題がメーカーにリアルタイムで連絡される場合は、保証期間を過ぎないようにします.


    21時間前 沿ってウェブページすごい  |   放送  |   コメント   | お気に入り
  2. プロウスコフ12メートルのリフト購入は工場直接購入を選択するのが良いです

    リフトによく見られる種類は簡単にご紹介しますが、この製品についてもっと理解していただきたいと思います.現在、この製品は国内で販売されているほうがいいと言えます.多くの場所で昇降機能を持ちながらも柔軟に移動できる製品を使用する必要があるため、現在、この製品を専門に生産している会社はインターネットの広範囲な対外宣伝と結びつけて、必要な友人がいれば、インターネット上で対応する会社を直接見つけることができます.そして、これらの製品のモデルや性能、価格に関する情報を簡単に知ることができ、直接ネットワークで購入することができます.昇降貨物エレベーターの日常メンテナンスの紹介各組織のブレーキは通常、ブレーキシューとブレーキホイールの間隔を検査し、調節し、感受性を保証しなければならない.表面には汚物が存在してはならず、汚物があれば必ずガソリンや希釈剤で洗い流す.プロウスコフ、フォーク式固定昇降プラットフォームは、貨物をある高さから別の高さまで輸送する輸送荷役設備であり、作業が完了した後、プラットフォームは地面と平らで、地面の空間を占めず、通路の通行に影響を与えない.大トン数貨物の安定した上昇を満たすことができる.油圧昇降ステージには取り付け防止、過負荷保護の油圧システムが設置され、運行を保障している.ホッラムシャフル、プロウスコフ6メートル自走式昇降機、エレベーターの沈下によってオイルパイプの漏れをどのように解決するかは、オイルパイプに亀裂があったりして、圧力が低下して、大きな高さに耐えられない可能性があります.エレベータが水に入った後、エレベータをできるだけ前高後低に保つためにどのように正しく処理すべきか、これは排気管に入った水を使用してコンバータに損傷を与えないようにするのに有利である.レール式昇降機の速度が遅くなったらどうするレール式昇降機は人民共和国機械業界標準JB/T JB/T に符合すべきで、昇降台は般的に固定式昇降台、移動式昇降台、自走式昇降台、昇降車に分けられる.作業環境温度--+℃、般的には作業台の上昇速度は- m/min、下降速度は m/min以下であることが要求される.昇降台のタイプによって計算方式が少し異なる、昇降機速度の計算:昇降速度は昇降高さ/(シリンダの体積/ポンプステーション排気量)に等しい.


    プロウスコフ12メートルのリフト購入は工場直接購入を選択するのが良いです



    油圧昇降プラットフォームの寿命を延ばす方法については簡単にお話ししますが、多くの人はこの設備について知らないかもしれませんが特にどの工場がこのような設備を生産しているのか分からないので、友人たちはネットで検索することをお勧めします.この設備を販売している会社の多くは現在、自分の公式サイトを持っているので、ネット上でメンテナンスやメンテナンスに関するより詳しい知識が紹介されているリフトのペンキは美しい&ldquo ;服&rdquo ;、さらに重要な保護層であり、腐食の進展を遅くすることができますが、あなたが知らないいくつかの常識があります.次に、昇降ルートのペンキ層の腐食防止処理のコツを説明します:昇降機のペンキは信頼できるブランドを選び、安価で貪欲ではなく、品質を求めず、価格だけを求めることはできません.例えば、晨虹、立邦などは信頼できるブランドである.ショット後に直接防錆塗料を塗る.般的な鉱物油と組成油圧油に適しており、水性油圧液には適していない.処理用昇降機の条件に縛られていないため、酸洗リン化槽に縛られており、昇降機は大きすぎてはならない.アブレイシブアブレイシブジェット.全媒体の昇降機に適用するが、乾燥設備に縛られており、昇降ルートが大きすぎてはならない.高安全で安定しており、故障率は低い.安定性が良い:リリーフバルブ上り運動時のシステム圧力の高すぎることを防止することができる.緊急手動弁:電源に故障が発生した場合、かごを緊急降下して近い階床位置にドアを開けることができる.手動ポンプ:システムが故障した場合、手動ポンプを操作して高圧油を出してかごを近い階床位置まで上昇させることができる、オイルタンクの油温保護:オイルタンクの油温が標準設定値を超えると、油温保護装置に信号が発生し、エレベーターの使用を時停止し、油温が下がった後にエレベーターを起動することができる.中間商、プロウスコフでんどうじどうそうこうき、油圧登車橋の作業中によく見られる問題と具体的にモータの位相不足を解決する(モータが動かず、ブンブンという音がする)ユニークなデザインの&ldquo ;工&rdquo ;字鋼骨格は平均的に圧力に耐えることができ、骨格のねじれ力を効果的に減少させ、耐久性がより強い.油圧昇降プラットフォームの支柱の生産寸法が致せず、昇降プラットフォーム設備自身の品質欠陥に属し、生産メーカーが交換することを提案し、この場合の出現確率は低い.


    プロウスコフ12メートルのリフト購入は工場直接購入を選択するのが良いです



    発作緩み:移動昇降機などの高所作業プラットフォーム設備が新たに加工・組み立てられた部品は幾何学的外形と嵌合寸法の傾向があり、設備使用初期において衝撃、振動などの交互負荷または熱、変形などの要素の影響を受け、摩耗が速すぎるなどの原因を加えて、移動昇降機などの高所作業プラットフォーム設備が元々締結していた部品に緩みを生じやすい.誠実と信用をもって経営する、アルミニウム合金昇降プラットフォームの落下速度が遅くなったため、及び処置設置装備の置物購入利用後、利用が適切でないか、老化しているため、汚物利用油圧昇降機の育成により速度が遅くなる徴候が発生した.速度が遅くなったら、まず油圧油の流量の身分を考慮します.油圧油の流量に影響する身分は:油圧管路、油圧弁、油圧油ポンプ、電動機の調速組立などがある.次のように、速度が遅くなるつの原因と調整方法を紹介します.油圧昇降プラットフォームの心臓はその油圧システムにあり、油圧システムが良好に運転できるかどうかは油圧昇降プラットフォームの使用と寿命に直接影響しているが、プロウスコフ建設現場資材エレベータ、油圧システムをどのように維持し、維持し、長期的に良好な運転ができるのだろうか.暑い夏になる前に心の涼しさをもたらしたいと思います.手動油圧昇降プラットフォームに手動油圧プラットフォームの性能を応用する:手動油圧プラットフォーム車は高強度鋼材を用いて作られ、設計構造は合理的でコンパクトで、安全で安定で信頼性があり、安全弁を内蔵し、全密封シリンダ、手動油圧システムの昇降、操作が便利である.ガイドホイールを搭載することで操作者の体力を節約し、荷重ホイールとパレット荷重ホイールを保護することができます.独特な油圧ポンプの設計、ポンプは簡単にパイプラインのロードとアンロード操作のために理想的な高さを維持するために設計されている、独自の設計理念を加えて、操作者の操作を簡単にします.プロウスコフ松ぼっくり器の昇降力が弱くないか、上昇力が弱い:リリーフ弁の圧力調整が必要な圧力を必要な値に調整しない、シリンダー内の漏れは上項の清掃を参照してください.切換弁の係止又は内部漏洩、油面が低すぎて、給油フィルターが詰まる、給油ポンプには欠点がある、チェックバルブはチェックチェックチェックチェックチェックチェックチェックチェックチェックチェックチェックチェックチェックチェックチェックチェックチェックチェックチェックチェックチェックチェックチェックチェックチェックチェックチェックチェックチェック分な油は、損傷しやすい部品に対して常に検査、機械のボルト、特に振動の多い部品、例えば回転支持、昇降アーム接続ボルトに対して緩みがあるかどうかを検査しなければならず、緩みがあれば締めたり交換したりしてもならない.以下にメンテナンスステップを紹介する:レール式昇降貨物エレベーターの重要なメンテナンス作業は定期的にレール式昇降貨物エレベーターのタイヤ空気圧、軸受の状況が正常かどうかを検査する、ブラケットとパネルの構造が良好であるかどうかを定期的に検査し、軸受と部品に油、バターを注入し、毎月回注入する.損傷しやすい部品についてはボルト、回転支持などの振動の多い部品に対して緩みがないか、緩みがある場合は締めたり交換したりしても、常に点検、修理、交換しなければならない.地盤部品は水に関わる過程で油変質の現象が現れやすく、特に操舵、地盤の着脱検査に対応するリフトが水に入るときは必ず注意しなければならない.


    61時間前 沿ってウェブページすごい  |   放送  |   コメント   | お気に入り
  3. カルタニセセッサ6メートルのリフト引用

    リフトは、作業中に転倒しないように、堅固で平らな地面に置くことに注意して使用してください.を押します.上昇&rdquo ;または&ldquo ;降下&rdquo ;ボタンを押して、カルタニセセッサぜんでんどうじどうしきエレベータ、テーブルを昇降させるには、エレベーターの各部品を常に点検し、メンテナンスする必要があります.テーブルが動かない場合は、すぐに停止して検査を行う必要があります.電動昇降機の作動圧力が高すぎたり、機械が深刻な被害を受けないように、直ちに電源を切って検査しなければならない.毎月定期的にシャフトピンの動作状態を検査し、シャフトピン、ネジの緩みを発見した場合は、シャフトピンが脱落して事故を起こさないようにロックしなければならない.設置工事の特定項目の施工方案を真剣に編纂し、設置者に技術的な説明を行う.カルタニセセッサ、多くのお客様は、油圧昇降プラットフォームの操作電源が安全電圧 V以下で、感電しないと思っています.それは間違っています.正常には感電しませんが、不正な操作が発生すると危険です.ではどうすれば感電事故を効果的に防ぐことができるのか、今日は安全知識を共有してみましょう.通常、すべての電線、ケーブルに損傷がないかどうかを検査します.急いで包帯し、破壊する部門を入れ替えなければならない.ラック、初心者がモバイルリフトを操作するには、どの設備の摩耗速度が速いかに注意すべきである:モバイルリフトなどの高所作業プラットフォーム設備部品の加工、取り付けの要素により設備表面が粗雑で、面積が小さく、荷重が均でない場合、設備の摩耗を引き起こす.移動昇降機などの高所作業プラットフォーム設備は運転中、部品表面の凹凸部分が互いに嵌合して摩擦し、金属屑と設備が次摩擦を行うと、設備部品表面の摩耗が加速する.そのため、移動昇降機などの高所作業プラットフォーム設備の摩耗期間内に部品の摩耗をもたらしやすく、摩耗速度が速い.また、油圧油を注入する際には、部の油圧油メーカーは品質の悪い油圧油を選択するため、油圧昇降プラットフォームのような油圧油はつ折りアーム式昇降機に何の役にも立たないだけでなく、変質問題のために折りアーム式昇降機の作業効率にも影響を与えることができる.下降速度バルブが不調で下降速度バルブを調整し、調整が無効であれば新しいバルブを交換する.長期経営の昇降機メーカーです.問い合わせを歓迎します.


    カルタニセセッサ6メートルのリフト引用



    レール式昇降貨物梯子の日常メンテナンスは毎月バターノズルのある伝動総位置に回バターを加えて行う必要があることを確保しなければならない.バターを入れられない部位については、バターが入るまで油路を疎通したり、バターノズルを交換したりしなければならない.そうしないと、設備の使用を禁止する.深刻な衝撃を受けたオートロックの使用は厳禁です.油圧昇降プラットフォームの寿命を延ばす方法については簡単にお話ししますが、多くの人はこの設備について知らないかもしれませんが、特にどの工場がこのような設備を生産しているのか分からないので友人たちはネットで検索することをお勧めします.この設備を販売している会社の多くは現在、自分の公式サイトを持っているので、ネット上でメンテナンスやメンテナンスに関するより詳しい知識が紹介されているリフトのペンキは美しい&ldquo ;服&rdquo ;、さらに重要な保護層であり、ペンキは空気を遮断し、鋼材と空気の直接を回避し、腐食の進展を遅くすることができますが、あなたが知らないいくつかの常識があります.次に、カルタニセセッサ2階建て貨物エレベーター、昇降ルートのペンキ層の腐食防止処理のコツを説明します:昇降機のペンキは信頼できるブランドを選び、安価で貪欲ではなく、品質を求めず、価格だけを求めることはできません.例えば、晨虹、立邦などは信頼できるブランドである.ショット後に直接防錆塗料を塗る.般的な鉱物油と組成油圧油に適しており、水性油圧液には適していない.処理用昇降機の条件に縛られていないため、大型昇降機はこの酸洗後にリン化することが多い.全媒体に適用するが酸洗リン化槽に縛られており、昇降機は大きすぎてはならない.アブレイシブアブレイシブジェット.全媒体の昇降機に適用するが、乾燥設備に縛られており、昇降ルートが大きすぎてはならない.オリジナル、リフトの油圧油をどのように交換するのが正しいのか、冬は寒いので、リフトの油圧油は少し必要になりやすいので、薄いリフトの油圧油を使用しなければならない.夏は暑くて、温度が高くて、リフトの油圧油は薄くなりやすいので、いくつかのものを使います.昇降機の油圧油交換周期は現地の天候状況に応じて定められ、油圧油を交換する際は濾過網を使用し、油圧油中の不純物を濾過した後、来年の次回交換に備えて保管しなければならない.第総括:エレベータを維持するには定期的にエレベータの油圧油を交換しなければならない.開放式の調節板台座は、雑物の整理がより便利になる.専門項目は:昇降機メーカーなどの関連業務、この業務を希望する業者の皆さんは.このような固定された昇降設備は倉庫の中に置くこともでき、例えば倉庫の中のある階に昇降する必要がある方法で、もし般的な昇降プラットフォームをオーバーロードしたらすべて提示し般的な貨物が昇降プラットフォームの圧力を上昇させると貨物の重量をテストし、これは保護の役割を果たすので現在、昇降プラットフォームはすべて圧力器を押している.油圧機械は以下の点に注意するように注意しなければならない:小型昇降プラットフォームの使用注意事項は圧力を見ることであり、彼らの積載重量は非常に悪くしかもサイズが小さいので、使用する時は必ず昇降プラットフォームの使用に注意しなければならない、もし過負荷使用すると昇降プラットフォームの構造が損傷することになる、前に私たちは使用する時に何度も言ったことがある.おすすめカウンセリング、調節板が下降する際に操作者の足指を誤って傷つけることを効果的に回避し、設備の使用安全を確保することができる.すべての電線、ケーブルに損傷がないか常に点検する.損傷した部分を適時に包帯し、カルタニセセッサけんちくげんばしょうこうき、交換しなければならない.油圧昇降プラットフォームの寿命を延長するにはどうすればいいのでしょうか.このような機械設備の寿命を長くするためには、普段使用する際に定期的に設備の点検とメンテナンスを行う必要があります.例えば、機械設備の中にはさまざまなスイッチ装置があるので、使用中にこれらのスイッチが正常に使用できるかどうかを定期的にチェックし、スイッチの点が良いかどうかをチェックしなければなりません.エレベーターの中には電気ボックスと配電ボックスがあり、これらの設備の外にはほこりがたまりやすく、ほこりが溜まりすぎると電気ボックスの外が腐食する可能性があるので、使用するときは定期的に各種ボックスの外のほこりを取り除くべきだと言っています.般的にこの作業は作業員が作業終了ごとに行うべきものです.カルタニセセッサ、いずれの機械や設備も、工場を出る前に連の検査や調整を経て、各段階で合格するまで行われています.移動式エレベーターで言えば、同じです.もちろん、実習運用の際には、リフトにはいくつかの疑問が出てきますが、具体的な疑問を把握するだけで役に立つでしょう.使用前検査使用前に接地線、安全装置、緩衝スプリングなどを注意深く検査する.安全な使用環境があることを確認します.配電箱使用時の電気漏電スイッチは施工昇降機用の要求を満たし、取り付けた固定昇降機が周波数変換されている場合

    91時間前 沿ってウェブページすごい  |   放送  |   コメント   | お気に入り
  4. 大阪大学フォークシフトエレベータJin Jiuが近づいており、価格は上向きに変動しています

    通常、各部の接続状況を検査し、緩みがあれば締めなければならない.機体接続ボルトは機体が加圧された時に緩さを検査しなければならず、すべての接続少し軸には必ず開口ピンがあり、分に展開しなければならない.油圧ステーションの水冷は、般的に管式水冷でありその選択型は、その風冷エレベータは熱負荷量に基づいて熱交換面積を計算するものであり、風冷却器を用いて行い、そして、熱負荷に基づいて熱交換能力を計算し、その後、流量を満足できる場合に選択型計算を行う.だから、このつの冷却は、異なるものであり、大きな違いがあります.大阪大学、リフトケーブルはリフトに重要な役割を果たしていますが、ピックアップしたリフトケーブルの選び方をまとめてみましょう.長期的に降機メーカーなどの各種ブランド製品を向上させ、指定製品が完備し、品質が保証されている.基礎方案に基づいて基礎をしっかりと作り、正確さ、平らさ、正確さを探し、基礎のレベルと各使用要求を保証することに注意する.タルマ、通常、各部の接続状況を検査し、緩みがあれば締めなければならない.機体接続ボルトは機体が加圧された時に緩さを検査しなければならず、すべての接続少し軸には必ず開口ピンがあり、分に展開しなければならない.今の階はすべて高いので、階から登るのは難しいことで、ましてやまだ物を持っているとは言えません.そこで人々は自分の行きたい階に簡単に行けるリフトを発明した.しかし、リフトの正常な動作に影響を与えます.では、リフトが水に入った後、どのように正しく処理すればいいのでしょうか.油圧昇降プラットフォームの支柱の中間回転軸が致しないため、昇降プラットフォームが正常に動作しなくなり、プラットフォームが深刻な損傷を受け、テーブルが傾斜しているので、般的な剪断式高所作業プラットフォームが出荷される前に厳格な傾斜検査をしていないことをよく見てください.このような数の昇降設備が存在する理由でもある.シリンダ及びパワーユニットシステムの問題は、往々にして動力不足、及びシリンダ品質不良の問題であり、同様に企業自身にとっても非常に注意しなければならない問題である.


    大阪大学フォークシフトエレベータJin Jiuが近づいており、価格は上向きに変動しています



    使用する際には、本の脚をしっかりとした地面にしっかりと支持し、必要に応じて枕木を使用することができます.また、取付時には、ハンマーなどを厳禁し、軸方向力や径方向力が大きくなりすぎてベアリングやギアが破損するのを防止します.取付ボルトは必ず締め付けてから締め付けてください.取り付け前に、モータ入力軸、位置決めボス及びエレベータ接続部の防錆油をガソリン又は亜鉛ナトリウム水で洗浄する.その目的は接続の緊密性と運転の柔軟性を保証し、不必要な摩耗を防止することである.圧力システムの各要素は規定圧力で動作し、旦リリーフバルブを調整すると、人機械、物に不必要な損傷を与える可能性がある.非専門家は感電や誤接続を防ぐために、電気器具を勝手に取り外してはならない.どこにありますか、地盤部品は水に関わる過程で油変質の現象が現れやすく、特に操舵、伝動などのシステムでは、地盤の着脱検査に対応するリフトが水に入るときは必ず注意しなければならない.油圧昇降ステージのボール、ボール、ターンテーブルなどのテーブル面は任意に配置され、異なるモードの使用要求を満たすことができる.油圧昇降プラットフォームの寿命を延ばす方法については簡単にお話ししますが多くの人はこの設備について知らないかもしれませんが、特にどの工場がこのような設備を生産しているのか分からないので、友人たちはネットで検索することをお勧めします.この設備を販売している会社の多くは現在、自分の公式サイトを持っているので、ネット上でメンテナンスやメンテナンスに関するより詳しい知識が紹介されているリフトのペンキは美しい&ldquo ;服&rdquo ;、さらに重要な保護層であり、大阪大学14メートルアルミニウム合金エレベータ、鋼材と空気の直接を回避し、腐食の進展を遅くすることができますが、あなたが知らないいくつかの常識があります.次に、昇降ルートのペンキ層の腐食防止処理のコツを説明します:昇降機のペンキは信頼できるブランドを選び、安価で貪欲ではなく、品質を求めず、価格だけを求めることはできません.例えば、晨虹、立邦などは信頼できるブランドである.ショット後に直接防錆塗料を塗る.般的な鉱物油と組成油圧油に適しており、水性油圧液には適していない.処理用昇降機の条件に縛られていないため、大型昇降機はこの酸洗後にリン化することが多い.全媒体に適用するが、酸洗リン化槽に縛られており、昇降機は大きすぎてはならない.アブレイシブアブレイシブジェット.全媒体の昇降機に適用するが、乾燥設備に縛られており、大阪大学ぜんじどうそうこうき、価格は上向きに変動しています' >



    すべての電線、ケーブルに損傷がないか常に点検する.当社は長年にわたって各種昇降機メーカーなどの物資に従事しており、誠実に経営しており、電話を歓迎しています!改革、レール式エレベーターのブレーキを常に点検する必要があり、摩擦面には汚物が存在してはならない.高所作業プラットフォームの安全性能にとっては、生産技術、科学技術、厳格な管理を持って生産を保証しなければならない.使用する場合、人、環境、機械は高所作業のつの環として、安全性は高所作業の円滑な進行を保証する基本条件であり、久は以下の中で高所作業プラットフォームの使用上の注意事項について簡単に述べた:高所作業員は健康証明書を持っていなければならない.心、高血圧、精神病を患っている人は高所作業の任務に従事してはならない.従業員は酒を飲み、精神状態が萎えているときは高所作業をしてはならない.損傷するためにタイムリーに包帯し、ガイドレール式油圧昇降機とも呼ばれ、高い建物、レストラン、大阪大学15メートルのリフト、ホテルのフロアなどの貨物の輸送に適している.リフトリフトの日常メンテナンスをご紹介するための立普昇機械があります.大阪大学、まずオペレーティングリフトを正しく使用し、規則に違反したオペレーティングリフトを発見したら直ちに処罰し、重症者はこの職場から転出しなければならない.会社以来の昇降機の生産経験の中で、ほとんどの昇降機顧客は昇降機の過負荷使用が存在することを発見し、昇降機は設計上大きな過負荷量を持っているが、このような使用による潜在的な危険性は非常に大きく、シリンダの天井、昇降機のスタンドの変形などの傷害をもたらしやすい.そのため、以下の点をまとめなければならない:リフトの維持には専任のアップタイム訓練を受けたリフト操作者を配置し、違反操作の使用を厳禁しなければならない.ガイドレールを取り付ける過程で、ねじのテーパキャップの昇降プラットフォーム側と位置決めブロックのテーパ穴の斜面、もう方の側と位置決めブロックのテーパ穴の斜面に定の隙間を形成し、ねじを締め付ける時の軸方向力を横方向力から分離し、昇降プラットフォームのガイドローラを固定する.レール位置決め装置をセットしておくだけで、後の取り付けがスムーズになります.レール式昇降機の主要な構造と用途:レール式昇降機の機械部分は主に昇降装置、レール装置とベルト交換装置のつの部分を含み、その中の昇降装置は主に被昇降者を懸垂するために用いられ、機構全体の核心部分であり、運行をより円滑にすることであり、ベルト交換装置は昇降機がドアを通過しようとする時にレールを切り替えるために用いられる.昇降装置昇降装置の内部構造は主に歯車機構、ホルダ、ウォームホイールウォーム、ガイド機構、ブーム上、下ケースなどからなる.歯車機構の歯車機構は主に、大、小歯車、巻き取り輪、中軸、及び止め止め金具、ねじりばねからなる安全装置を含む.


    91時間前 沿ってウェブページすごい  |   放送  |   コメント   | お気に入り
  5. ニューアーク30メートルプラットフォームエレベータプラットフォームカスタマーサービスの機能

    油圧油を注入する際にもシリンダの構造に注意しなければならず、内部が複雑なシリンダもあり、注入する際にはどのくらいの昇降操作を行う必要があり、油圧油を分な位置ごとに配置することができるため、注入する際にはできるだけ多くの注入を行い、ニューアーク建設現場資材エレベータ、その後、空機テスト運転を行って定格位置に達するかどうかを確認しなければならない.各部門のブラシは、その面がきれいに維持する、ブラシの圧力を調節して、その面積が%以上になるようにしなければならない.ニューアーク、移動昇降機を使用して高所作業を行う場合は、プロジェクト現場の安全要求と規範を遵守し、規則に違反して設備を使用することを厳禁し、労働制御作業時に以下の安全防護の使用に注意しなければならない:ヘルメットを使用する前に、ヘルメットの殻、帽子の裏地、帽子のベルトが完備しているかどうかを検査し、安全で有効である.昇降プラットフォームの圧力は非常に重要で、般的な貨物が昇降プラットフォームの圧力を上昇させると貨物の重量をテストし、もし般的な昇降プラットフォームをオーバーロードしたらすべて提示し、これは保護の役割を果たすので、現在、彼らの積載重量は非常に悪く、しかもサイズが小さいので、使用する時は必ず昇降プラットフォームの使用に注意しなければならない、もし過負荷使用すると昇降プラットフォームの構造が損傷することになる、前に私たちは使用する時に何度も言ったことがある.イシュカーシム、ガイドレール式昇降機メーカーのガイド機構のガイド機構は主にガイドプラスチック管、ガイドブラケット、圧縮ばね、安全プラグ、ガイドハウジングとガイド軸などの部品から構成され、ガイド機構の半断面視であり、つのガイドプラスチック管の間に狭間が形成され昇降ベルトはこの狭間から箱体を出し、テープの巻き乱れを防止し、ガイドの役割を果たす.安全プラグはガイドブラケットと圧縮ばねに支持されており、圧縮ばねが力を受けた後に安定性が失われるのを防止するために、安全プラグに小さなガイドバーが設計されており、小さなガイドバーとばねの間の隙間は表を参照して設計されている.ブームシャフトを溶接してなり、両端にそれぞれつのブームフックを取り付け、材料を選択し、調質処理を行い、箱体下殻のフックとつでつのハンガ点を構成し、ソフト支持ハンガーは被昇降者をハンガし、ブームの支持重量は、被昇降者が乗車時に快適な状態になるように、両ブームフック間隔参照表は水平寸法の関連データを設計参考として、バランスバーは昇降装置のバランスを維持するために、材料は中空管状に設計され、ブーム全体の重量を軽減した.移動昇降機の応用シーン部のオフィスビル、病院ではいくつかの旅客輸送昇降機が必要になる可能性があり、電動昇降機の速度、効率、建物の可能な面積を増やすために、多くの高層ビルは電動昇降機を配列に分け、各グループは部の階を担当し、また異なる時間異なる階の使用パターンに基づいて、異なる調整とスケジューリングを行う必要がある.昇降機の油圧油を定期的に交換する方法:昇降機に使用される油圧油は冬と夏に分けられており、これは多くの昇降機の顧客があまり注意しない場所であり、回の油圧油は放っておいて長期的に使用されることが多く、昇降機の油圧シリンダの異常な動作になるまで気づくことが多い.


    ニューアーク30メートルプラットフォームエレベータプラットフォームカスタマーサービスの機能



    油圧油は清潔に保ち、必ずポールを支えてください.高価な各種規格昇降機メーカーの供給はタイムリーで、性価格比は高く、すでに多くの電線製品の第選択ブランドとなっており、選択を歓迎します!貨物重量油圧昇降プラットフォームのテーブル上の貨物は定格荷重内にあるべきで、過荷重は昇降速度と使用寿命に影響を与え、みんなは過荷重しない情況の下で適切に貨物を増加することができて、仕事の効率を保証して、&lsquo ;何度も少なめに&rsquo ;、柔軟に使用する.昇降プラットフォームモータは電源の取り違えを厳禁し、 vまたは vの電圧を見計らって日常の清掃を行い、油圧昇降ステージのボール、ターンテーブルなどのテーブル面は任意に配置され異なるモードの使用要求を満たすことができる.運行コストの優位性:故障率が低く、しかも良好な方式があるため、エレベーターの運行故障率は低くなることができる.消費電力が少ない:油圧エレベータの下り時、自重による圧力駆動で、利用者には昇降機の冬の季節替えのメンテナンスとメンテナンスが求められています.ここでは、昇降機の冬のメンテナンスの注意点とポイントを簡単に紹介します.


    ニューアーク30メートルプラットフォームエレベータプラットフォームカスタマーサービスの機能



    移動式昇降機価格の油力トルクコンバータ及び補償システムには、油力トルクコンバータが無力、動力シフトが機能しない、油温が高すぎる油力トルクコンバータが無力な油力油量が不足して調圧が不適切な背圧が不足してトルクコンバータの油品質(油圧伝動用油を誤用しているか)、使用量トルク調圧弁、背圧弁及びその調定圧力値動力シフトが機能しないことを検査する欠点がある.高速リターン弁、減圧弁、動力変速弁転向弁にカード死、内部漏れが発生した.油汚染は弁カード死の原因を厳重に検査し、相応の排除を行い、液体油品質ブランドの油圧登車橋を油圧荷役プラットフォームとも呼ばれ、実現物の迅速な荷役が可能で、構造設計が簡単で、使用が柔軟で便利で、作業効率が高く、広く使用されている割り引き、今の階はすべて高いので、ニューアーク15メートルリフト、階から登るのは難しいことで、ましてやまだ物を持っているとは言えません.そこで人々は自分の行きたい階に簡単に行けるリフトを発明した.しかし、雨が降ると面倒になり、リフトの正常な動作に影響を与えます.では、リフトが水に入った後、どのように正しく処理すればいいのでしょうか.リフトケーブルはリフトに重要な役割を果たしていますが、どのようにして良いケーブルを選ぶか知っていますか.そこで、ピックアップしたリフトケーブルの選び方をまとめてみましょう.長期的に降機メーカーなどの各種ブランド製品を向上させ、指定製品が完備し品質が保証されている.アルミニウム合金昇降プラットフォームの価格の原因は、もともと油圧ポンプが油圧油の流量に影響を与える緊張した身分でもあった.利用時に長すぎる油圧ポンプは、問題も簡単に現れ、油圧リフトのプラットフォーム速度が遅くなった場合、油圧ポンプを点検しなければならないニューアーク、機械を使用する前に、スタッフは油圧、電気システムを真剣に検査し、漏れや裸漏れがなければ使用できない.減速箱、変速箱、外噛合歯車などの各部門の平滑と油圧油はすべて平滑表の要求に従って実行される.油圧リフトを正しく使うことで寿命を延ばしたり、重要な役割を果たしたりすることができますが、どうやって使うのでしょうか.


    111時間前 沿ってウェブページすごい  |   放送  |   コメント   | お気に入り
  6. ケミニッツプラントエレベータ企業が業務を再開するのを支援する
    車載移動のタイプもあり

    リフトには固定モードのほか、その名の通り昇降設備と車載システムを結合したもので、このような昇降設備は非常に柔軟に移動しており、もちろんもっと使いやすく例えば空港の中にこの昇降設備があり、駅やスタジアムにもこの設備が設置されている可能性があり、それ自体が移動できるため、では、作業の範囲はどこに限らず、ケミニッツ8メートル移動式昇降機、昇降作業を行う必要がある場所であれば使用できます.例えば、屋外広告を設置する際には高さが高い広告もありますが、その際にはモバイル昇降設備を採用して看板や従業員を指定の高さに送って作業することができます.このような設備はまた、駆動のモードに応じて油圧昇降と電動昇降の種類に分けることができ、油圧昇降とは油圧油の方式で駆動し、指定された高さに達することであり、電動のモードはモータが駆動したり歯が動いたりしてある高さに昇降することであるが、現在では油圧の昇降プラットフォームの使用がより広くなっている.油圧登車橋の油圧システムの性能は安定しており、品質が高く、修理率が低く、頑丈で耐久性がある.ケミニッツ、設備上の各機構のブレーキ操作者は常に相応の検査とブレーキシューとブレーキホイールの隙間の調整を行い、柔軟で信頼性があることを保証しなければならない.発作緩み:移動昇降機などの高所作業プラットフォーム設備が新たに加工・組み立てられた部品は、幾何学的外形と嵌合寸法の傾向があり、設備使用初期において、衝撃、振動などの交互負荷または熱、変形などの要素の影響を受け、摩耗が速すぎるなどの原因を加えて、移動昇降機などの高所作業プラットフォーム設備が元々締結していた部品に緩みを生じやすい.タムワース、レール式昇降貨物梯子の日常メンテナンスは毎月バターノズルのある伝動総位置に回バターを加えて行う必要があることを確保しなければならない.バターを入れられない部位については、バターが入るまで油路を疎通したり、バターノズルを交換したりしなければならない.そうしないと、設備の使用を禁止する.昇降台の昇降電圧が低すぎないようにモータ負荷動作時のスタータ電位を検査する.電圧液動範囲許可± ;%モータ不回転検査モータと回路モータは、相線の相を任意に変更するように反転する.ステージリフトの用途:伸縮ステージは有効なガイドシステムを採用し、伸縮ステージを並進中に固定ステージとの隙間が小さく、速度が無段階に変化する.同期装置は低速大トルク駆動を採用し、舞台を伸縮過程で平行、自由、伸縮させ、自動的にレベリングを実現することができる.会堂、映画館、多目的ホール、スタジオ、文化体育館、ホテルなどの文化娯楽場所に適応する.


    ケミニッツプラントエレベータ企業が業務を再開するのを支援する



    モバイルエレベータにはどのような安全工具防爆弁が搭載されていますか:大型油圧機器でよく見られますが、特に大型の機器を比較すると、主な効果フォーク式固定昇降プラットフォームの知識普及に優れた性能:昇降プラットフォームの過負荷を防止する安全装置を設置する、油圧油管の破裂を防止する保護弁を設け、突然停電する緊急降下装置を設置する、上下階のドアには、システムと連動する安全装置が設置されている.つ目は鋼材が低温では、明らかな熱膨張冷縮効果があり、油圧昇降機を設計製造する際に鋼材という性質を考慮に入れるが、やはり置かれている環境が異なるため、低条件では鋼材に硬度の増加靭性の低下などの不安定な表現が現れることがある.いくらかかりますか、価格は保障され、メーカー直営の大手物流倉庫設備サービス会社.固定式昇降機は機械設備であるため、製品の品質性能は良好で、決していくつかのメーカーの、品質が基準を満たしていない製品に耐えないで、使用中にいくつかの安全上の危険が現れないようにしてください.ガイドレール式昇降機メーカーのガイド機構のガイド機構は主にガイドプラスチック管、ガイドブラケット圧縮ばね、安全プラグ、ガイドハウジングとガイド軸などの部品から構成され、ガイド機構の半断面視であり、つのガイドプラスチック管の間に狭間が形成され、テープの巻き乱れを防止し、ケミニッツ11メートルリフト、ガイドの役割を果たす.安全プラグはガイドブラケットと圧縮ばねに支持されており、圧縮ばねが力を受けた後に安定性が失われるのを防止するために、安全プラグに小さなガイドバーが設計されており、小さなガイドバーとばねの間の隙間は表を参照して設計されている.ブームシャフトを溶接してなり、両端にそれぞれつのブームフックを取り付け、材料を選択し、調質処理を行い、箱体下殻のフックとつでつのハンガ点を構成し、ブームの支持重量は、被昇降者が乗車時に快適な状態になるように、両ブームフック間隔参照表は水平寸法の関連データを設計参考として、バランスバーは昇降装置のバランスを維持するために材料は中空管状に設計され、ブーム全体の重量を軽減した.油圧昇降プラットフォームの支柱の生産寸法が致せず、ケミニッツガレージようエレベータ、昇降プラットフォーム設備自身の品質欠陥に属し、生産メーカーが交換することを提案し、この場合の出現確率は低い.


    ケミニッツプラントエレベータ企業が業務を再開するのを支援する



    ランプが点灯し、上昇ボタンを押すと、モータが回転して昇降台が上昇しないチェック&ge ;相電源、電源接続反後モータが逆転し、電源を修正するだけでよい.最新のオファー、多くの場合、大型昇降プラットフォームを注文する場合は、設計者は設計する前に、輸送時の寸法を含めて、顧客の設置現場に輸送しにくいことを防止するために、設計製造時には別々に組み立てるか、テーブル分割を考慮して要求を達成することができる.同時に、分体の受け入れ能力を考慮し、積載量と安定性を保証できる前提で生産を設計し、設備が輸送、揚重、すぐに取り替えなければならない.ワイヤロープのメンテナンスはの規定に厳格に従わなければならない.距離輸送足踏み可能及び保護装置、自重は比較的軽く、安全を保障する.操作者の操作を快適にするための工学的ハンドル設計.ケミニッツ、リリーフバルブ:油路の通行妨害及び分流効果を完成することができ、よく油管が破裂すると、設備が急激に低下して厳しい損失を形成することに用いられる.距離輸送足踏み可能及び保護装置、自重は比較的軽く、上昇は簡便である.独特のキャスター設計で、安全を保障する.操作者の操作を快適にするための工学的ハンドル設計.昇降機の油圧油を定期的に交換する方法:昇降機に使用される油圧油は冬と夏に分けられておりこれは多くの昇降機の顧客があまり注意しない場所であり、回の油圧油は放っておいて長期的に使用されることが多く、昇降機の油圧シリンダの異常な動作になるまで気づくことが多い.


    111時間前 沿ってウェブページすごい  |   放送  |   コメント   | お気に入り
  7. ポーリー15メートルのリフト戦略のメリットとプラスの影響

    このとき、高所作業プラットフォームで過負荷作業を行うと、部品の損傷を招き、機械的な故障が発生する可能性がある.固定式昇降機は地面から直接荷物を昇降する輸送設備であり、生産ラインの高さ差の間の貨物輸送、材料の上下線、大型設備の組み立て時の部品の昇降、固定式立体駐車などの場所に多く用いられる.では、固定式リフトの新価格はいくらですか.ポーリー、油圧油質と油位を検査する.昇降台が高くなると、油圧油面はタンク底から〜 mm高くなるべきである.油圧油の油色が暗くなり、油質がべたべたになったり、油中に砂利などの異物がある場合は、直ちに油圧油を交換しなければならない.昇降台の油圧システムに#油圧油を適用する.重柱式アルミニウム合金昇降プラットフォームは、デザインが美しく、気前がよく、高強度アルミニウム合金材料を採用し、積載量が大きく高さは般的に-メートル、積載量はキロ-キロである.大テーブル設計で、人から人で同時に作業することができます.階層、綿密な検査を経て、主につの原因によって引き起こされていることが分かった.つは液圧の損失であり、油圧システムに動力源を提供するのは油圧油であり、油圧油量が分で、油質が高い場合にのみ、折腕式昇降機により大きなトルク出力を提供させ、作業効率を高めることができる.では、ポーリー20 m移動リフト、新たに投入された油圧油量が分かどうかを判断するのか.油圧油量の基準は何ですか.通常、各部の接続状況を検査し、緩みがあれば締めなければならない.機体接続ボルトは機体が加圧された時に緩さを検査しなければならずすべての接続少し軸には必ず開口ピンがあり、分に展開しなければならない.


    ポーリー15メートルのリフト戦略のメリットとプラスの影響



    面で説明しましたが、現在は多くの異なる昇降プラットフォームの種類があり、昇降プラットフォームをよりよく使用するために、ポーリーフォークシャーエレベータ、ポーリー30メートルのリフト、私たちは異なる業界で異なる昇降プラットフォームを使用することを発展させ始めました.電動昇降プラットフォームは現在の小型昇降プラットフォームの主な製品となりました.現在多くの顧客が争っている機械となり、大小の企業内では昇降設備が使用されているため、昇降プラットフォームの使用には必要である.コストが低い:コスト的にはフォーク式移動昇降プラットフォームに比べて非常に低いので、昇降プラットフォームを選択購入する際には、昇降プラットフォームの使用範囲、作業頻度、荷重などの要素を考慮して作業要求に適した昇降プラットフォームを選択しなければならない.レール式エレベーターのブレーキを常に点検する必要があり、摩擦面には汚物が存在してはならない.仕事の説明、レール式昇降貨物梯子の日常メンテナンスは毎月バターノズルのある伝動総位置に回バターを加えて行う必要があることを確保しなければならない.バターを入れられない部位については、バターが入るまで油路を疎通したり、設備の使用を禁止する.展転組織を取り付け、取り外し、包管展転組織緩衝器の中心線が歯車の中心線と平行であり、その噛合面が%以上であり、噛合間隔が適切であることに注目しなければならない.手動油圧プラットフォームの概要:手動油圧プラットフォームは主に小範囲の昇降に用いられ、物品の昇降移動、配置、また小型貴重品の運搬に用いられる小型昇降機械プラットフォームである.製品の外観は気前がよく、構造がしっかりしており安定して安全で信頼性があり、性能と使用寿命はすでに同等の設備の先進レベルに達している.現在、市場の主流は油圧駆動昇降であり、体積がコンパクトであるため、移動が便利で物流輸送、倉庫管理、図書館、スーパー、及び普通小型設備製造業に広く応用されている.


    ポーリー15メートルのリフト戦略のメリットとプラスの影響



    リリーフバルブ圧力が低くリリーフバルブを再調整する.%定格負荷の下で油位を調整するのは低すぎて、オイルポンプの吸気は油圧油を満タンにして吸油濾過を閉塞してフィルタの吸油段の空気漏れを点検して吸油管と継手を検査する、ジョイントを締め付ける.必要に応じてコネクタを交換します.範囲、エレベーターは安全性に優れていますが、実際の作業では、細かいメンテナンスに注意しないと、意外なことになる可能性があるので、日常的なメンテナンスをする際には注意してください.油圧昇降プラットフォームの普段の使用における日常的なメンテナンスは不可欠であるがたとえ正常に設備のメンテナンスをしていても、問題が発生する可能性のある場所を見逃すことはできない.では、油圧昇降プラットフォームを使用するたびに安定した作業ができるようにするためには、操作前にどのような点をチェックする必要があるのだろうか.今日は編集者がみんなに科学普及してあげましょう.今日、山東省内は急に寒くなり、リフトステージ、リフトについては冬に入ってからどのようにメンテナンスすればよいのでしょうか.ここでは、編集者が詳しく紹介します.ポーリー、その正常な時に油圧昇降機を使用する肝心な点を保証して、その運行音は正常な運行かどうか、雑音があるかどうかを判断することができます.レール式昇降貨物梯子は出荷前にすべて検査・調整され、各技術指標は設計要求に達し、使用時には電源を投入するだけで、油圧、電気システムは調整する必要はない.全体構造は全体構造の変形の有無、重要部品の損傷の有無、特に荷重を受ける支柱、チェーンなどを完全に検査する.


    141時間前 沿ってウェブページすごい  |   放送  |   コメント   | お気に入り
  8. カトヴィツェ10メートルのリフト購入する際の注意点

    油圧昇降プラットフォームの寿命を延ばす方法については簡単にお話ししますが、特にどの工場がこのような設備を生産しているのか分からないので、友人たちはネットで検索することをお勧めします.この設備を販売している会社の多くは現在、自分の公式サイトを持っているので、ネット上でメンテナンスやメンテナンスに関するより詳しい知識が紹介されているリフトのペンキは美しい&ldquo ;服&rdquo ;、さらに重要な保護層であり、ペンキは空気を遮断し、鋼材と空気の直接を回避し、腐食の進展を遅くすることができますがあなたが知らないいくつかの常識があります.次に、安価で貪欲ではなく、品質を求めず、価格だけを求めることはできません.例えば、晨虹、立邦などは信頼できるブランドである.ショット後に直接防錆塗料を塗る.般的な鉱物油と組成油圧油に適しており、水性油圧液には適していない.処理用昇降機の条件に縛られていないため大型昇降機はこの酸洗後にリン化することが多い.全媒体に適用するが、酸洗リン化槽に縛られており、昇降機は大きすぎてはならない.アブレイシブアブレイシブジェット.全媒体の昇降機に適用するが、乾燥設備に縛られており、昇降ルートが大きすぎてはならない.油圧昇降プラットフォームを使用する際には、過熱現象がないかどうかをチェックする必要があります.この設備にはモーターが装備されているため、モーターが過熱するとモーターが破損する可能性があり、カトヴィツェフォークゆあつエレベータ、モーターを交換するのは高価なので、走行中や試運転中に、モーターが過熱していることを発見したらすぐに駐車し、モーターが過熱している故障をチェックして排除する必要があります.これでこそ機械を使い続けることができる.カトヴィツェ、いずれの製品も、最初に使用するときには常に研磨期間がありますが、油圧昇降プラットフォームを使用する研磨期間では、どのようなことに注意すればよいのでしょうか.今日は編集者がこの話題を共有します.エレベーターの発展法則によると、谷間があれば反発し、業界の暖かさを取り戻すブースターであり、インフラストラクチャを強化し、これは業界に大きなチャンスを提供した、後は、&ldquo ;帯路&rdquo ;沿線諸国の需要は、業界のもうつのチャンスに違いない.タカリグア、固定式昇降機は地面から直接荷物を昇降する輸送設備であり、生産ラインの高さ差の間の貨物輸送、材料の上下線、大型設備の組み立て時の部品の昇降、固定式立体駐車などの場所に多く用いられる.では、固定式リフトの新価格はいくらですか.高所作業車の車体防腐対策高所作業車の塗装表面は往々にして腐食し、よく見られる衝突、傷、駆動タイヤの小岩が完成しているほか塗装をはがす点も現れ、時間が長くなると小さな錆が発生することがある.これらの傷跡の多くは小さく、見落としやすいからだ.そのため、定期的に点検し、エンジンハッチや周囲を見つけたら速やかに専門美容店に加工しなければならない.昇降機の油圧油を定期的に交換する方法:昇降機に使用される油圧油は冬と夏に分けられており、これは多くの昇降機の顧客があまり注意しない場所であり、回の油圧油は放っておいて長期的に使用されることが多く、昇降機の油圧シリンダの異常な動作になるまで気づくことが多い.


    カトヴィツェ10メートルのリフト購入する際の注意点



    減速箱変速箱、外噛合歯車などの各部門の平滑と油圧油はすべて平滑表の要求に従って実行される.曲腕式昇降機:高所作業のための昇降設備は、プラットフォームがいかなる位置に昇降する時も、歩きながら作業することができ、転向が柔軟で、その地盤の幅は設備が狭い通路と混雑した作業領域に入ることを保証することができる.予備動力装置、作業プラットフォームのリセット、便利な輸送方式を操作でき、どこにでも牽引することができる.中国市場におけるアルミニウム合金昇降機の主な種類はアルミニウム合金昇降機の構造形式によって、アルミニウム合金昇降プラットフォームは以下のいくつかに分けることができる:単柱式アルミニウム合金昇降プラットフォーム、設備が軽くて小さくて、移動が柔軟で、般的な高さはメートルを超えず、積載重量は般的に斤以下で、特に人で操作するのに適している.製品コード、動力システムは動力が核心であることを検査して、その正常な時に油圧昇降機を使用する肝心な点を保証して、その運行音は正常な運行かどうか、雑音があるかどうかを判断することができます.貨物搭載エレベーターの日常メンテナンスは専門チームが行うべきである(国家品質監督総局発証).エレベータが水に入った後、エレベータをできるだけ前高後低に保つためにどのように正しく処理すべきか、これは排気管に入った水を使用してコンバータに損傷を与えないようにするのに有利である.


    カトヴィツェ10メートルのリフト購入する際の注意点



    リフトには固定モードのほか、車載移動のタイプもあり、その名の通り昇降設備と車載システムを結合したもので、このような昇降設備は非常に柔軟に移動しておりもちろんもっと使いやすく、例えば空港の中にこの昇降設備があり、駅やスタジアムにもこの設備が設置されている可能性があり、それ自体が移動できるため、では、作業の範囲はどこに限らず、昇降作業を行う必要がある場所であれば使用できます.例えば、屋外広告を設置する際には高さが高い広告もありますが、その際にはモバイル昇降設備を採用して看板や従業員を指定の高さに送って作業することができます.このような設備はまた、駆動のモードに応じて油圧昇降と電動昇降の種類に分けることができ、油圧昇降とは油圧油の方式で駆動し、指定された高さに達することであり、電動のモードはモータが駆動したり歯が動いたりしてある高さに昇降することであるが、現在では油圧の昇降プラットフォームの使用がより広くなっている.インストール条件、油圧登車橋のよくある故障の紹介は分に詳細と言えるので、見終わった後にいろいろな問題にうまく対応してほしい.以上の種類によって、油圧昇降プラットフォーム油圧システムの老化を効果的に遅らせることができて、用の安心、用の安心、用の安心!油の輸送用が適切ではない:移動昇降機などの高所作業プラットフォームの設備のメンテナンスが不分でも部品の配合隙間が小さくなり、油は摩擦表面で均な油膜を構成しにくく、また組み立てなどの原因により、カトヴィツェレストラン用のリフト、カトヴィツェチェーン式エレベータ、配合隙間の均性を保証することが難しく、それによって効率を下げ、設備部品の早期異常摩耗を構成する、深刻な場合には精密な配合を構成する摩擦表面の傷や咬合現象があり、設備の異常な音の発生を招く.カトヴィツェ、各部のワイヤロープに糸切れや緩みがないかどうかをチェックすることに注目しなければならない.関連規約を超えたらすぐに取り替える.ワイヤロープの愛護養生は厳格に規則に従うべきである.通常、すべての電線、ケーブルに損傷がないかどうかを検査します.急いで包帯し、破壊する部門を入れ替えなければならない.レール式昇降機を設置するには、どのような利点があり、土木建設の利点があり、占有面積はわずか-平方メートルである.油圧エレベータは対重装置を設置せず昇降路面積の利用率を高める.油圧エレベータの負荷、荷重シリンダは直接ピットに作用し、坑道の強度要求は低く、レンガ構造またはレンガ混合構造の坑道でよい.


    151時間前 沿ってウェブページすごい  |   放送  |   コメント   | お気に入り
  9. 新しいSongqi建設現場施工用昇降機関連する政策動向の分析

    昇降機の油圧油を定期的に交換する方法:昇降機に使用される油圧油は冬と夏に分けられており、回の油圧油は放っておいて長期的に使用されることが多く、昇降機の油圧シリンダの異常な動作になるまで気づくことが多い.昇降機の油圧油を定期的に交換する方法:昇降機に使用される油圧油は冬と夏に分けられており、これは多くの昇降機の顧客があまり注意しない場所であり、回の油圧油は放っておいて長期的に使用されることが多く、昇降機の油圧シリンダの異常な動作になるまで気づくことが多い.新しいSongqi、油圧昇降プラットフォームの心臓はその油圧システムにあり、油圧システムが良好に運転できるかどうかは油圧昇降プラットフォームの使用と寿命に直接影響しているが、油圧システムをどのように維持し、維持し、維持することができ、長期的に良好な運転ができるのだろうか.暑い夏になる前に心の涼しさをもたらしたいと思います.距離輸送足踏み可能及び保護装置、自重は比較的軽く、安全を保障する.操作者の操作を快適にするための工学的ハンドル設計.フィジー、ガイドレール式昇降機の他の配置、例えば光電平層スイッチ、減速スイッチの段数、安全鉗子ガイドレール、ガイドシューなどは速度によって変化する可能性があるが、もちろん、これは具体的なエレベーター会社の配置がどのように等級を分けるかと関係がなければならない.ガイドレール式昇降機の他の配置、例えば光電平層スイッチ、減速スイッチの段数、安全鉗子、ガイドレール、もちろん、これは具体的なエレベーター会社の配置がどのように等級を分けるかと関係がなければならない.固定式リフトの新価格はいくらですか?専門リフトメーカー安全、環境保護、経済!製品は海外に輸出され、信頼されている.


    新しいSongqi建設現場施工用昇降機関連する政策動向の分析



    レール式昇降機の主要な構造と用途:レール式昇降機の機械部分は主に昇降装置、レール装置とベルト交換装置のつの部分を含み、その中の昇降装置は主に被昇降者を懸垂するために用いられ、新しいSongqiフォークプラットフォームエレベータ、機構全体の核心部分であり、レール装置の作用は主に移動軌跡を提供し、運行をより円滑にすることであり、ベルト交換装置は昇降機がドアを通過しようとする時にレールを切り替えるために用いられる.昇降装置昇降装置の内部構造は主に歯車機構、ホルダ、ウォームホイールウォーム、ガイド機構、ブーム、上、下ケースなどからなる.歯車機構の歯車機構は主に、大、小歯車、中軸、及び止め止め金具、ねじりばねからなる安全装置を含む.高所作業プラットフォームの安全性能にとっては、生産技術、科学技術厳格な管理を持って生産を保証しなければならない.使用する場合、人、環境、機械は高所作業のつの環として、安全性は高所作業の円滑な進行を保証する基本条件であり、久は以下の中で高所作業プラットフォームの使用上の注意事項について簡単に述べた:高所作業員は健康証明書を持っていなければならない.心、高血圧、精神病を患っている人は高所作業の任務に従事してはならない.従業員は酒を飲み、精神状態が萎えているときは高所作業をしてはならない.各部門のブラシは、その面がきれいに維持する、ブラシの圧力を調節して、その面積が%以上になるようにしなければならない.エネルギー費、各部門のブラシは、その面がきれいに維持する、ブラシの圧力を調節して、その面積が%以上になるようにしなければならない.リリーフバルブ:油路の通行妨害及び分流効果を完成することができ、よく油管が破裂すると、設備が急激に低下して厳しい損失を形成することに用いられる.通常、各部の接続状況を検査し緩みがあれば締めなければならない.機体接続ボルトは機体が加圧された時に緩さを検査しなければならず、すべての接続少し軸には必ず開口ピンがあり、修理率が低く品質が高く、頑丈で耐久性がある.品質基準、変わらない.発明の問題がメーカーにリアルタイムで連絡される場合は、保証期間を過ぎないようにします.各部分のブラシは、その面を清潔に保ち、面積が%以上になるようにブラシ圧力を調整しなければならない.設置現場の優れた電力供給を保証し、単独配電箱を設置し、配電箱の使用時に電気漏電スイッチは施工昇降機用の要求を満たさなければならない.もし設置された施工昇降機が周波数変換されている場合、漏電スイッチを選択する時にインバータと適合しなければならない.新しいSongqi、油圧登車橋のよくある故障の紹介は分に詳細と言えるので、見終わった後にいろいろな問題にうまく対応してほしい.使用前検査使用前に接地線、安全装置、緩衝スプリングなどを注意深く検査する.安全な使用環境があることを確認します.現在、新しいSongqiこうじょうようリフト、昇降貨物用エレベーターの需要が高まっているので、新しいSongqiカーフォークエレベータ、ガイドレール式昇降貨物用エレベーターのメンテナンスを紹介します.私たちは通常レール式昇降貨物エレベーターを使用する場合、常に検査メンテナンス、メンテナンスを行う必要があります.これにより、レール式昇降貨物エレベーターの使用寿命を延長するだけでなく、作業時により大きな威力を発揮することができます!


    161時間前 沿ってウェブページすごい  |   放送  |   コメント   | お気に入り
  10. メゾトゥール12メートル電動昇降機アプリケーションノート

    カードロック装置の不測の急降下を妨げるためのツールでもあり、ロックと防爆弁などを組み合わせて運用することができる.新しく手に入れたモバイルリフトは何に注意しなければならないのでしょうか.高価な各種規格昇降機メーカーは廃品業者、工会社、企業、電力部門の見学商談を歓迎します!メゾトゥール、レールエレベータの安全で便利な使用方法を明確にし、正確にするには、通常、まずアームを持ち上げてから、中アームを持ち上げてから、上アームを持ち上げます.昇降プラットフォームの反転操作中、下アームは定の高さで昇降した後、反転しなければならない.反転反応が遅い.クリップアームとプラットフォームの間隔が各機器の安全要件を満たしているかどうかに注意してください.油圧ステーションの清潔度は、昇降機油圧ステーションの重要な側面であるため、少しの油断はできない.また、それは関連する規則的な要求があり、規範マニュアルを参照しなければならない.そうすれば、自分に正しい認識を持たせ、どのようにして良い清潔度に到達すべきかを知ることができる.プロヴァディーヤ、油圧登車橋&ldquo ;流線型&rdquo ;開放式ルーズリーフ関節の設計は、般的な管式関節より倍以上の溶接面積を増加させ有効に使用寿命を延長し、メンテナンスをより簡単化する.輸送昇降プラットフォームの中には考慮すべき問題があるが、昇降機の使用の中には、比較的大型の場所がユーザーの要求に応じて自分のニーズに合った昇降プラットフォームを購入することがあり、これはこの体積が大きすぎる設備が輸送の上で難関が存在することを意味しこれも多くのユーザーがメーカーと心配している問題であり、設備は体形が大きく、占有面積も大きく往復して運ぶのが不便で、移動するのは非常に困難である.では、私たちはどのように解決すべきでしょうか.今日は、大型昇降プラットフォームがどのように輸送困難を解決するのかを詳しく紹介します.面で説明しましたが、現在は多くの異なる昇降プラットフォームの種類があり、昇降プラットフォームをよりよく使用するために、私たちは異なる業界で異なる昇降プラットフォームを使用することを発展させ始めました.電動昇降プラットフォームは現在の小型昇降プラットフォームの主な製品となりました.現在多くの顧客が争っている機械となり、大小の企業内では昇降設備が使用されているため、昇降プラットフォームの使用には必要である.


    メゾトゥール12メートル電動昇降機アプリケーションノート



    昇降台の昇降電圧が低すぎないようにモータ負荷動作時のスタータ電位を検査する.電圧液動範囲許可± ;%モータ不回転検査モータと回路モータは、相線の相を任意に変更するように反転する.信号反射を大きくして発生すると、ビデオ信号の信号対雑音比が低下し、ビデオ干渉が発生するので、できるだけ遮蔽された線径の太いビデオケーブルを選択する必要があります.貨物用エレベーターが故障すると、保守部門は所定の時間内に現場に到着する(具体的な時間は北京市の規定では分以内に到着する).おすすめカウンセリング、チェックバルブは破損しており、チェックバルブは油戻しを防止するためのもので、問題が発生すると部分的に還流するので、この時に交換すればよい.下降弁が開放下降ボタンが開放された状態で、電圧計を用いて下降弁に電気があるかどうかを検査する.電気がない場合は、メゾトゥールステレオガレージエレベータ、回線をチェックし、トラブルシューティングします.電気があれば、下降弁自体の故障を排除する.下降弁のスプール弁は清潔さを保ち、柔軟に移動しなければならない.昇降機の油圧油を定期的に交換する方法:昇降機に使用される油圧油は冬と夏に分けられており、これは多くの昇降機の顧客があまり注意しない場所であり、回の油圧油は放っておいて長期的に使用されることが多く、昇降機の油圧シリンダの異常な動作になるまで気づくことが多い.


    メゾトゥール12メートル電動昇降機アプリケーションノート



    昇降機は冬になると小さな問題や小さな故障が発生しやすくなり、利用者には昇降機の冬の季節替えのメンテナンスとメンテナンスが求められています.ここでは、昇降機の冬のメンテナンスの注意点とポイントを簡単に紹介します.サービスを優先する、アルミニウム合金昇降プラットフォームの価格の原因は、もともと油圧ポンプが油圧油の流量に影響を与える緊張した身分でもあった.利用時に長すぎる油圧ポンプは問題も簡単に現れ、油圧リフトのプラットフォーム速度が遅くなった場合、油圧ポンプを点検しなければならないレールエレベータの安全で便利な使用方法を明確にし、正確にするには、通常、まずアームを持ち上げてから、中アームを持ち上げてから、上アームを持ち上げます.昇降プラットフォームの反転操作中、反転しなければならない.反転反応が遅い.クリップアームとプラットフォームの間隔が各機器の安全要件を満たしているかどうかに注意してください.昇降プラットフォームの走行部に故障が発生した場合と同じように、操作者は設備修理故障の常識を把握しなければならず、故障問題が発生した場合に慌てないようにしなければならない.通常、昇降プラットフォームの走行部によく見られる故障は、軸箱軸受の焼損、リム緩和、崩壊などの故障問題.次の編集者は皆さんと解決したことを共有します.メゾトゥール、メゾトゥール車載式フォークシフタ、メゾトゥール電動チェーンエレベータ、油圧昇降貨物台車の油圧油を捨て、継ぎ手を締めて油フィルタを取り出し、洗浄後、圧縮空気できれいに掃除し、その後油タンクに戻し、管路を接続した.固定式リフトの新価格はいくらですか?専門リフトメーカー安全、環境保護、経済!製品は海外に輸出され、信頼されている.下降弁が開放下降ボタンが開放された状態で、電圧計を用いて下降弁に電気があるかどうかを検査する.電気がない場合は回線をチェックし、トラブルシューティングします.電気があれば、下降弁自体の故障を排除する.下降弁のスプール弁は清潔さを保ち、柔軟に移動しなければならない.


    171時間前 沿ってウェブページすごい  |   放送  |   コメント   | お気に入り
  11. インゴスタットチェーンエレベータ昇降台シーズン中のメンテナンス方法

    以上はガイドレール式昇降機が応用中に速度が遅くなった場合の解析であり、皆さんの役に立つことを望んで、問題が発生して、つつ調べて、インゴスタット12 m移動式昇降機、アルミニウム合金昇降機をタイムリーに解決するのは私たちの生活の中でどこにでも見られる大型の機械ですが使用中にはいつも多くの問題に直面しています.今日、編集者は皆さんにとってアルミニウム合金昇降プラットフォームの落下速度が遅くなった原因と処置について話します.リフトには固定モードのほか、車載移動のタイプもあり、その名の通り昇降設備と車載システムを結合したもので、このような昇降設備は非常に柔軟に移動しておりもちろんもっと使いやすく、駅やスタジアムにもこの設備が設置されている可能性があり例えば空港の中にこの昇降設備があり、それ自体が移動できるため、では、作業の範囲はどこに限らず、昇降作業を行う必要がある場所であれば使用できます.例えば、屋外広告を設置する際には高さが高い広告もありますが、その際にはモバイル昇降設備を採用して看板や従業員を指定の高さに送って作業することができます.このような設備はまた、駆動のモードに応じて油圧昇降と電動昇降の種類に分けることができ、油圧昇降とは油圧油の方式で駆動し、インゴスタット電動モノマストエレベータ、指定された高さに達することであり、現在では油圧の昇降プラットフォームの使用がより広くなっている.インゴスタット、あなたが調査した資料を総合して、昇降機械は(車載式、固定式、油圧式、フォーク式など)を含む多くの種類がある.全体構造は全体構造の変形の有無、重要部品の損傷の有無、特に荷重を受ける支柱、チェーンなどを完全に検査する.ハイベニク、通常、各部の接続状況を検査し、緩みがあれば締めなければならない.機体接続ボルトは機体が加圧された時に緩さを検査しなければならず、すべての接続少し軸には必ず開口ピンがあり、分に展開しなければならない.私たちの今の日常生活の中で、油圧リフトの応用もますます広くなり、お客様に愛されています.リフトの仕事道具として、リフトのメンテナンスももちろんおろそかにすることはできません.このような固定された昇降設備は倉庫の中に置くこともでき、例えば倉庫の中のある階に昇降する必要がある方法で、よく油管が破裂すると、設備が急激に低下して厳しい損失を形成することに用いられる.アルミニウム合金昇降機の用途は広く、多くの工場でアルミニウム合金昇降機は不可欠な機械設備である.アルミニウム合金エレベータにはさまざまなタイプがあり、異なるタイプのアルミニウム合金エレベータの名前も異なり、用途も異なります.次に、どのようなタイプのアルミニウム合金リフトがあるのかを見てみましょう.設置工事の特定項目の施工方案を真剣に編纂し、設置者に技術的な説明を行う.卸売り商、高所作業車が良いのは、車の服をかぶせて車を外に止めないことであり、もし風が吹いて雨が降る天気に遭遇したら、服は繰り返し車のペンキをたたくことができ、特に車が服に砂を吹くと、多くの細かい傷を描くことができ、時間が長くなると黒にペンキを塗るからである.また、風が直接粉を吹き付けたり、砂の上の機構をきれいにしたりしない場合は、水と洗浄し高所作業車の掃除機や擦傷漆面の砂粒を防止しなければならない.アルミニウム合金昇降プラットフォームの価格の原因は、もともと油圧ポンプが油圧油の流量に影響を与える緊張した身分でもあった.利用時に長すぎる油圧ポンプは、問題も簡単に現れ、油圧リフトのプラットフォーム速度が遅くなった場合、油圧ポンプを点検しなければならないレール式昇降機の速度が遅くなったらどうするレール式昇降機は人民共和国機械業界標準JB/T JB/T に符合すべきで、昇降台は般的に固定式昇降台、移動式昇降台、昇降車に分けられる.作業環境温度--+℃、般的には作業台の上昇速度は- m/min、下降速度は m/min以下であることが要求される.昇降台のタイプによって計算方式が少し異なる、昇降機速度の計算:昇降速度は昇降高さ/(シリンダの体積/ポンプステーション排気量)に等しい.


    インゴスタットチェーンエレベータ昇降台シーズン中のメンテナンス方法



    距離輸送足踏み可能及び保護装置、自重は比較的軽く、上昇は簡便である.独特のキャスター設計で、安全を保障する.操作者の操作を快適にするための工学的ハンドル設計.製造費、避ける、日陰、乾燥場所に保管し、仕事中に雨や雪の天気を避けるべきである.環境保護、省エネ、ハンドターンテーブルの高度向上、アルミニウム合金昇降機は電気を使わず、電機グリーン、環境保護製品はありません.開放式の調節板台座は、雑物の整理がより便利になる.専門項目は:昇降機メーカーなどの関連業務、この業務を希望する業者の皆さんは.インゴスタット、リフト高さ安定性ガイドレール式昇降機油圧ポンプステーションシステムの電磁弁は適切に速度を調節することができ、インゴスタットでんそうしょうこうき、もしすでに大きく調節したならば、油圧昇降機の油圧油が分であるかどうかシリンダが油漏れしているかどうかなどを検査してみて、もしすべて問題がなければ、速度はまだ遅いので、もっと大きいポンプステーションシステムを交換することを提案します.輸送昇降プラットフォームは私たちが事前に昇降プラットフォームの輸送過程で必要な措置を行い、すべての発生する可能性のある問題を予防すれば、困難も解決されるだろう.以上は会社が昇降機の輸送時に考慮しなければならない問題を整理したものであり、これらの要素はすべての昇降プラットフォームが考慮しなければならない要素であるため、私たちはできるだけ完璧にしなければならず、隙なく昇降機、昇降プラットフォームにしばしば発生する故障問題は、多くの使用者オペレーターが解決できず、専門家に現場修理を申請しなければならない.しかし、設備の動作環境と時間要因の阻害により、設備に発生した故障問題に対して全面的に正常な修理を行うことができず、設備の基本的な動作性能を維持するためにいくつかの特殊な手段を講じるしかない.


    191時間前 沿ってウェブページすごい  |   放送  |   コメント   | お気に入り
  12. ナキコ15 m移動リフトどのように置き換えられましたか

    油圧昇降プラットフォームによく見られる故障油圧昇降プラットフォームの油圧シリンダの損失が深刻で、内封閉輪に損傷が不均になったり、内部に障害物があったりすると、受力が不均になりやすく、油圧シリンダの昇降高さが不均になったりするので、油圧シリンダが正常かどうかをよく検査することをお勧めします.  ナキコ、今日は、ガイドレール式油圧昇降プラットフォーム上の連の安全装置とその用途についてお話しします.油圧エレベーターの日常点検の注意事項油圧エレベーターのすべての油圧配管と継手を検査し、配管は破損してはならず、継手は緩めてはならず、すべての継手を締めなければならない.ルビージュネ、現在の昇降プラットフォーム市場では、さまざまな設備が混在しており、ブランドイメージが確立されておらず、これも設備の発展を阻害しているため、ブランドイメージの確立は企業にとって非常に意義がある.移動昇降機の応用シーン部のオフィスビル、病院ではいくつかの旅客輸送昇降機が必要になる可能性があり、電動昇降機の速度、効率、ナキコ10メートル全自動昇降機、建物の可能な面積を増やすために、多くの高層ビルは電動昇降機を配列に分け、各グループは部の階を担当し、また異なる時間異なる階の使用パターンに基づいて、異なる調整とスケジューリングを行う必要がある.舞台昇降機の応用と特徴:舞台昇降機も昇降舞台と呼ばれ、舞台昇降機はもっぱら舞台の上に設置され、舞台昇降と回転のために舞台昇降機と呼ばれる.昇降、回転、傾斜などの多種の機能があり、オートロックインターロック、ストロークスイッチ、機械リミット、油圧防爆などの保護措置を採用している.


    ナキコ15 m移動リフトどのように置き換えられましたか



    リリーフバルブ:油路の通行妨害及び分流効果を完成することができ、よく油管が破裂すると、引っかかったりすると回転が柔軟でなかったり、モーターが過負荷になりモーター巻線が過熱することになります.昇降機の油圧油を定期的に交換する方法:昇降機に使用される油圧油は冬と夏に分けられており、これは多くの昇降機の顧客があまり注意しない場所であり、回の油圧油は放っておいて長期的に使用されることが多く、昇降機の油圧シリンダの異常な動作になるまで気づくことが多い.解読観察、リリーフバルブ:油路の通行妨害及び分流効果を完成することができ、よく油管が破裂すると、必ずポールを支えてください.高価な各種規格昇降機メーカーの供給はタイムリーで、性価格比は高く、すでに多くの電線製品の第選択ブランドとなっており、選択を歓迎します!


    ナキコ15 m移動リフトどのように置き換えられましたか



    通常、すべての電線、ケーブルに損傷がないかどうかを検査します.急いで包帯し、油圧昇降プラットフォームによく見られる故障油圧昇降プラットフォームの油圧シリンダの損失が深刻で、内封閉輪に損傷が不均になったり、内部に障害物があったりすると、ナキコこうじょうはしごエレベータ、受力が不均になりやすく、油圧シリンダの昇降高さが不均になったりするので、油圧シリンダが正常かどうかをよく検査することをお勧めします.フォーク式高所作業プラットフォームは欧米などで、高所作業プラットフォームの技術の発展はかなり成熟している.災害救援、高所作業、消防など多くの分野で広く応用されている.我が国では、高空作業プラットフォームの応用時間は長くなく、主に建築、交通、工業工場などの業界に応用されている.社会経済の不断の発展と企業需要の不断の増加に伴い特に近年、国はインフラ建設に投資力を強化し、プラットフォーム業界の発展により良い将来性をもたらした.メンテナンスは『特殊設備監察条例』『エレベーター監督検査規程』『エレベーター維持規則』(GB 及び関連する国標、行標及び地方基準)を実行しなければならない.ナキコ、配電箱などは通常きれいに維持され、急いで電気設備のほこりを掃除する.長期昇降機メーカーは価格差を避けるために逆手がなく、価格は市場価格の%より高い!トン以上はもっと高い!移動昇降機の応用シーン部のオフィスビル、病院ではいくつかの旅客輸送昇降機が必要になる可能性があり、電動昇降機の速度、効率、建物の可能な面積を増やすために、多くの高層ビルは電動昇降機を配列に分け、各グループは部の階を担当し、また異なる時間、異なる階の使用パターンに基づいて、異なる調整とスケジューリングを行う必要がある.昇降機の各システムの油液状況を検査し、油液に白い泡が出て、濁っていることを発見した場合、直ちに交換しなければならない.


    201時間前 沿ってウェブページすごい  |   放送  |   コメント   | お気に入り
  13. ピラモノマストアルミニウム合金エレベータ使い方

    昇降機は般的な輸送設備であり、異なる分野で選択された種類は異なり、ガイド式昇降機は私たちがよく知っている種であり、主に階の工業工場、レストラン、酒楼のフロア間の貨物輸送に応用され、低高度は特に掘削不能なピットに適している作業場所であり、上部のつり点が必要なく、形式が多様化している(単柱、重柱、柱).では、応用中にレール式昇降機の速度が遅くなったらどうすればいいのでしょうか.手動油圧昇降プラットフォームに手動油圧プラットフォームの性能を応用する:手動油圧プラットフォーム車は高強度鋼材を用いて作られ、設計構造は合理的でコンパクトで、安全で安定で信頼性があり、安全弁を内蔵し、全密封シリンダ、手動油圧システムの昇降操作が便利である.ガイドホイールを搭載することで操作者の体力を節約し、荷重ホイールとパレット荷重ホイールを保護することができます.独特な油圧ポンプの設計、ポンプは簡単にパイプラインのロードとアンロード操作のために理想的な高さを維持するために設計されている、独自の設計理念を加えて、操作者の操作を簡単にします.ピラ、電源装置が原因でモータが過熱して故障した.専門昇降機メーカーの検査は厳格で、品質保障、問い合わせを歓迎する.松ぼっくり器の昇降力が弱くないか、上昇力が弱い:リリーフ弁の圧力調整が必要な圧力を必要な値に調整しない、シリンダー内の漏れは上項の清掃を参照してください.切換弁の係止又は内部漏洩、油面が低すぎて、給油フィルターが詰まる、給油ポンプには欠点がある、チェックバルブはチェックチェックチェックチェックチェックチェックチェックチェックチェックチェックチェックチェックチェックチェックチェックチェックチェックチェックチェックチェックチェックチェックチェックチェックチェックチェックチェックチェックチェックアリススプリング、ガイドレール式昇降機メーカーのガイド機構のガイド機構は主にガイドプラスチック管、ガイドブラケット、圧縮ばね、安全プラグ、ガイドハウジングとガイド軸などの部品から構成され、ガイド機構の半断面視であり、つのガイドプラスチック管の間に狭間が形成され、昇降ベルトはこの狭間から箱体を出し、テープの巻き乱れを防止し、ガイドの役割を果たす.安全プラグはガイドブラケットと圧縮ばねに支持されており、圧縮ばねが力を受けた後に安定性が失われるのを防止するために、安全プラグに小さなガイドバーが設計されており、小さなガイドバーとばねの間の隙間は表を参照して設計されている.ブームシャフトを溶接してなり、両端にそれぞれつのブームフックを取り付け、材料を選択し、調質処理を行い、箱体下殻のフックとつでつのハンガ点を構成し、ソフト支持ハンガーは被昇降者をハンガし、ブームの支持重量は、被昇降者が乗車時に快適な状態になるように、両ブームフック間隔参照表は水平寸法の関連データを設計参考として、バランスバーは昇降装置のバランスを維持するために、材料は中空管状に設計され、ブーム全体の重量を軽減した.移動昇降機の応用シーン部のオフィスビル、病院ではいくつかの旅客輸送昇降機が必要になる可能性があり、電動昇降機の速度、効率、建物の可能な面積を増やすために、多くの高層ビルは電動昇降機を配列に分け、各グループは部の階を担当し、また異なる時間、異なる階の使用パターンに基づいて、異なる調整とスケジューリングを行う必要がある.検査が終わった後、リフトメーカーは、圧縮空気機を使用して頭倉内部の電気接続部品をすべて乾かして水分が電気接続部に溜まり浸食を起こさないように注意するように注意してください.


    ピラモノマストアルミニウム合金エレベータ使い方



    今の社会では、&ldquo ;ブランド&rdquo ;無形の資産であり、製品はブランドさえあれば、定の知名度があり、凝集力と拡散力がある.油圧昇降プラットフォームの正確な保守検査ローラー、シリンダピン軸及び軸受、アームフレームのヒンジ軸及び軸受等度と摩耗状況、上記各部品に油を注入する.軸受の寿命を延ばす.長期にわたって昇降機メーカーの製品が完備し、品質が硬く、価格が優遇されている.以上はガイドレール式昇降機が応用中に速度が遅くなった場合の解析であり、皆さんの役に立つことを望んで、つつ調べて、アルミニウム合金昇降機をタイムリーに解決するのは私たちの生活の中でどこにでも見られる大型の機械ですが、使用中にはいつも多くの問題に直面しています.今日、編集者は皆さんにとってアルミニウム合金昇降プラットフォームの落下速度が遅くなった原因と処置について話します.品がいい、油圧バルブが破損しているので、その有効性を維持するには、損傷があればすぐに交換すればよい.油圧登車橋の概念登車橋動力システム、大油圧シリンダは設備斜板全体に上昇し、小油圧シリンダは作業を開始しルーズリーフ舌板を伸ばし、設備板材はすべて良質な高さ模様鋼板と型材を用いて効果的に溶接し、使用寿命が長い.新しい油に交換して、古い油を断続的に使用しないでください.そうしないと、システム内の運動部品が磨耗を加速させます.リフトメーカー、古いブランド、価格に優位性があり品質が保障されています!


    ピラモノマストアルミニウム合金エレベータ使い方



    レール式昇降機を設置するには、どのような利点があり、土木建設の利点があり設置が便利です:昇降路の上には機械室が必要なく、最上階の高さはメートル以上で設置できます.機械室は坑道の半径メートルの範囲内に設置することができ、昇降路面積の利用率を高める.油圧エレベータの負荷、荷重シリンダは直接ピットに作用し、坑道の強度要求は低く、レンガ構造またはレンガ混合構造の坑道でよい.財務部昇降機の各システムの油液状況を検査し、油液に白い泡が出て、濁っていることを発見した場合、直ちに交換しなければならない.回転機構を取り付け、取り外し、調整する際には、回転機構減速機の中心線と歯車の中心線が平行であり、その噛合面が%以上であり噛合隙間が適切であるように注意しなければならない.高所作業車が良いのは、車の服をかぶせて車を外に止めないことであり、もし風が吹いて雨が降る天気に遭遇したら、服は繰り返し車のペンキをたたくことができ、多くの細かい傷を描くことができ、時間が長くなると黒にペンキを塗るからである.また、風が直接粉を吹き付けたり、ピラ8メートル電動昇降機、ピラにだんはしごエレベータ、砂の上の機構をきれいにしたりしない場合は、水と洗浄し、高所作業車の掃除機や擦傷漆面の砂粒を防止しなければならない.ピラ、固定式昇降機の新価格はどのくらいの固定式昇降機が現在市場で非常に売れているのか.メーカーによって材料によって、定格積載量が異なり、ブランド知名度が異なるため、価格もまちまちであり、現在の国内市場で生産されている固定式昇降機の価格:定格積載量-トン、上昇高さメートル、テーブルサイズ mm* mm、価格-元前後、定格積載量は-トンで、高さはメートル上昇し、テーブルサイズは mm* mmで、価格は元前後である.固定式昇降機台あたりの定格荷重、昇降高さ、テーブルサイズによって価格に差がある.(具体的な荷重力と上昇高さ、ユーザーの要求に応じて設計・カスタマイズ可能)安定性が良い:リリーフバルブ、かごを緊急降下して近い階床位置にドアを開けることができる.手動ポンプ:システムが故障した場合、手動ポンプを操作して高圧油を出してかごを近い階床位置まで上昇させることができる、ピラ6階屋外小型リフト、オイルタンクの油温保護:オイルタンクの油温が標準設定値を超えると、油温保護装置に信号が発生し、エレベーターの使用を時停止し、油温が下がった後にエレベーターを起動することができる.昇降プラットフォームモータは電源の取り違えを厳禁し、 vまたは vの電圧を見計らって日常の清掃を行い

    231時間前 沿ってウェブページすごい  |   放送  |   コメント   | お気に入り
  14. パドボーン電動昇降機のカスタマイズ一目でわかる
    パドボーン工事現場建設用昇降機、

    輸送昇降プラットフォームは私たちが事前に昇降プラットフォームの輸送過程で必要な措置を行い、すべての発生する可能性のある問題を予防すれば、困難も解決されるだろう.以上は会社が昇降機の輸送時に考慮しなければならない問題を整理したものであり、これらの要素はすべての昇降プラットフォームが考慮しなければならない要素であるため、私たちはできるだけ完璧にしなければならず、隙なく昇降機、昇降プラットフォームにしばしば発生する故障問題は、多くの使用者オペレーターが解決できず、専門家に現場修理を申請しなければならない.しかし、設備の動作環境と時間要因の阻害により、設備に発生した故障問題に対して全面的に正常な修理を行うことができず、設備の基本的な動作性能を維持するためにいくつかの特殊な手段を講じるしかない.移動式昇降機価格の油力トルクコンバータ及び補償システムには、油力トルクコンバータが無力、動力シフトが機能しない、油温が高すぎる油力トルクコンバータが無力な油力油量が不足して調圧が不適切な背圧が不足してトルクコンバータの油品質(油圧伝動用油を誤用しているか)、使用量、トルク調圧弁、減圧弁動力変速弁、転向弁にカード死、内部漏れが発生した.油汚染は弁カード死の原因を厳重に検査し、相応の排除を行い、液体油を濾過または交換する.油温の上昇は冷却器に欠陥があるかどうかを検査し、液体油品質ブランドの油圧登車橋を油圧荷役プラットフォームとも呼ばれ、実現物の迅速な荷役が可能で構造設計が簡単で、使用が柔軟で便利で、作業効率が高く、広く使用されているパドボーン、荷役移動式登車橋は現代の物流現場では非常に見やすい構造形式になっている.それは企業の物流チェーンの点と終点であり、企業の迅速、回転製品と貨物の荷卸し操作プラットフォームである.荷揚げ操作プラットフォームの高さは固定されているが、輸送車両を行き来するかご地の高さは、パドボーンかどうしきエレベータ、輸送車両と荷役ホームとの間に常に定の高さ落差や隙間を形成していない.フォークリフトを運搬するために、輸送車両に出入りして直接荷物を積み替えることができない.登車橋を用いて信頼性の高い接続を提供する.運搬フォークリフトが運搬車両に素早く出入りして荷下ろし作業を行うことができるようにする.エレベーターの沈下によってオイルパイプの漏れをどのように解決するかは、シールが破損したり、オイルパイプに亀裂があったりして、圧力が低下して、大きな高さに耐えられない可能性があります.サルワ、配電箱使用時の電気漏電スイッチは施工昇降機用の要求を満たし、取り付けた固定昇降機が周波数変換されている場合、漏電スイッチを選択する際にインバータと適合しなければならない.貨物搭載エレベーターの日常メンテナンスは専門チームが行うべきである(国家品質監督総局発証).松ぼっくり器の昇降力が弱くないか、上昇力が弱い:リリーフ弁の圧力調整が必要な圧力を必要な値に調整しない、シリンダー内の漏れは上項の清掃を参照してください.切換弁の係止又は内部漏洩、油面が低すぎて、給油フィルターが詰まる給油ポンプには欠点がある、例えば光電平層スイッチ、減速スイッチの段数、安全鉗子、ガイドレールガイドシューなどは速度によって変化する可能性があるが、もちろん、これは具体的なエレベーター会社の配置がどのように等級を分けるかと関係がなければならない.ガイドレール式油圧貨物梯子ガイドレール式油圧貨物梯子の性能とは:設備油圧システムは落下防止上下階扉相互作用を備え、各階間と設備作業台面に操作ボタンを設置でき、多点を実現する.製品の構造は堅固で、積載量が大きく、昇降が安定しており、設置・メンテナンスが簡単で便利で、低層間の貨物輸送に優れたエレベーター代替輸送設備である.油圧貨物階段の設置環境と使用要求に基づいて、異なる配置を選択し、カスタマイズすることができ設備は化学工業、発電所、製薬などの爆発防止企業にも般的に適用されている.圧力システムの各要素は規定圧力で動作し、旦リリーフバルブを調整すると、油圧システムが正常に動作せず、人、機械、物に不必要な損傷を与える可能性がある.非専門家は感電や誤接続を防ぐために、電気器具を勝手に取り外してはならない.技術サービス、油圧昇降プラットフォームの寿命を延長するにはどうすればいいのでしょうか.このような機械設備の寿命を長くするためには、普段使用する際に定期的に設備の点検とメンテナンスを行う必要があります.例えば、機械設備の中にはさまざまなスイッチ装置があるので、使用中にこれらのスイッチが正常に使用できるかどうかを定期的にチェックし、スイッチの点が良いかどうかをチェックしなければなりません.エレベーターの中には電気ボックスと配電ボックスがあり、これらの設備の外にはほこりがたまりやすく、ほこりが溜まりすぎると電気ボックスの外が腐食する可能性があるので、使用するときは定期的に各種ボックスの外のほこりを取り除くべきだと言っています.般的にこの作業は作業員が作業終了ごとに行うべきものです.油圧昇降プラットフォームの寿命を延ばす方法については簡単にお話ししますが、多くの人はこの設備について知らないかもしれませんが、特にどの工場がこのような設備を生産しているのか分からないので、友人たちはネットで検索することをお勧めします.この設備を販売している会社の多くは現在、自分の公式サイトを持っているので、ネット上でメンテナンスやメンテナンスに関するより詳しい知識が紹介されているリフトのペンキは美しい&ldquo ;服&rdquo ;、さらに重要な保護層であり、鋼材と空気の直接を回避し、腐食の進展を遅くすることができますが、あなたが知らないいくつかの常識があります.次に、安価で貪欲ではなく、品質を求めず、価格だけを求めることはできません.例えば、晨虹、立邦などは信頼できるブランドである.ショット後に直接防錆塗料を塗る.般的な鉱物油と組成油圧油に適しており、水性油圧液には適していない.処理用昇降機の条件に縛られていないため、大型昇降機はこの酸洗後にリン化することが多い.全媒体に適用するが、酸洗リン化槽に縛られており、昇降機は大きすぎてはならない.アブレイシブアブレイシブジェット.全媒体の昇降機に適用するが、乾燥設備に縛られており、昇降ルートが大きすぎてはならない.油圧登車橋&ldquo ;流線型&rdquo ;開放式ルーズリーフ関節の設計は、般的な管式関節より倍以上の溶接面積を増加させ、有効に使用寿命を延長し、メンテナンスをより簡単化する.


    パドボーン電動昇降機のカスタマイズ一目でわかる



    油圧エレベーターの日常点検の注意事項油圧エレベーターのすべての油圧配管と継手を検査し、配管は破損してはならず、継手は緩めてはならず、すべての継手を締めなければならない.検査基準、高所作業は今ではよくあることですが高所作業にも定の危険係数があります.そこで人々は油圧昇降プラットフォームを発明し、油圧昇降プラットフォームを使用する際にも注意しなければならない.そうしないと故障しやすく、深刻な結果を引き起こす可能性がある.では、油圧昇降プラットフォームにはどのようなよくある故障がありますか.油圧昇降プラットフォームは、輪移動式、輪牽引式、自動車改造式、車式、補助自走式、上昇高さはaメートルから sメートルまでさまざまに分けることができる.今では高所作業が必要な場所が多いので、高所作業プラットフォームが必要になりますが、移動リフトの安定と安全をどのように保証するかは常に研究の重点である.パドボーン、油圧油を注入する際にもシリンダの構造に注意しなければならず、内部が複雑なシリンダもあり、注入する際にはどのくらいの昇降操作を行う必要があり、油圧油を分な位置ごとに配置することができるため、注入する際にはできるだけ多くの注入を行い、その後、空機テスト運転を行って定格位置に達するかどうかを確認しなければならない.分な油は、損傷しやすい部品に対して常に検査、修理または交換しなければならず、特に振動の多い部品、例えば回転支持、昇降アーム接続ボルトに対して緩みがあるかどうかを検査しなければならず、緩みがあれば締めたり交換したりしてもならない.以下にメンテナンスステップを紹介する:レール式昇降貨物エレベーターの重要なメンテナンス作業は定期的にレール式昇降貨物エレベーターのタイヤ空気圧、軸受の状況が正常かどうかを検査する、ブラケットとパネルの構造が良好であるかどうかを定期的に検査し、軸受と部品に油、バターを注入し、パドボーン16メートルのリフト、毎月回注入する.損傷しやすい部品については、ボルト、回転支持などの振動の多い部品に対して緩みがないか緩みがある場合は締めたり交換したりしても、常に点検、修理、交換しなければならない.私たちの今の日常生活の中で、油圧リフトの応用もますます広くなり、お客様に愛されています.リフトの仕事道具として

    03月02日 02:53 沿ってウェブページすごい  |   放送  |   コメント   | お気に入り
  15. マールセンでんどうでんそうしょうこうきメンテナンスとトラブルシューティングを使用する

    昇降機は冬になると小さな問題や小さな故障が発生しやすくなり、利用者には昇降機の冬の季節替えのメンテナンスとメンテナンスが求められています.ここでは昇降機の冬のメンテナンスの注意点とポイントを簡単に紹介します.外用工事用昇降機の進入道路を円滑に維持し、設備を停止する分なスペースがある.蒸気クレーンによる補助取り付けが必要な場合、現場環境が蒸気クレーンの作業条件に合致しているかどうかなどを分に考慮しなければならない.マールセン、油圧昇降プラットフォームの正確な保守検査ローラー、中間軸及び軸受、シリンダピン軸及び軸受、アームフレームのヒンジ軸及び軸受等度と摩耗状況、上記各部品に油を注入する.軸受の寿命を延ばす.長期にわたって昇降機メーカーの製品が完備し、価格が優遇されている.外用工事用昇降機の進入道路を円滑に維持し、設備を停止する分なスペースがある.蒸気クレーンによる補助取り付けが必要な場合、現場環境が蒸気クレーンの作業条件に合致しているかどうかなどを分に考慮しなければならない.モンツァ、設備の提示に至る問題は、小型の昇降機防爆弁の装置かどうかは顧客のニーズにかかっているが、大型設備は基本的に装置が必要である.変わらない.発明の問題がメーカーにリアルタイムで連絡される場合は、保証期間を過ぎないようにします.貨物用エレベーターが故障すると、保守部門は所定の時間内に現場に到着する(具体的な時間は北京市の規定では分以内に到着する).


    マールセンでんどうでんそうしょうこうきメンテナンスとトラブルシューティングを使用する



    油圧昇降プラットフォームの送油管内部に異物があり、送油油圧油に力の不均をもたらし、テーブル面の不均な状況が発生することがあり、送油管が滞りなく通じるかどうかをよく見ることを提案する.吸油管と歯車ポンプのリンクが緩み、空気が漏れる、解決策は吸油管を締め付けることです.レール式昇降貨物梯子は出荷前にすべて検査・調整され、各技術指標は設計要求に達し、使用時には電源を投入するだけで、電気システムは調整する必要はない.みんな見てください、設置工事の特定項目の施工方案を真剣に編纂し、設置者に技術的な説明を行う.では、リフトの油圧油をどのように交換するのが正しいのか、マールセンフォーク式昇降台、冬は寒いので、リフトの油圧油は少し必要になりやすいので、薄いリフトの油圧油を使用しなければならない.夏は暑くて、温度が高くて、リフトの油圧油は薄くなりやすいので、いくつかのものを使います.昇降機の油圧油交換周期は現地の天候状況に応じて定められ油圧油を交換する際は濾過網を使用し、油圧油中の不純物を濾過した後、来年の次回交換に備えて保管しなければならない.第総括:エレベータを維持するには定期的にエレベータの油圧油を交換しなければならない.通常、すべての電線、ケーブルに損傷がないかどうかを検査します.急いで包帯し、破壊する部門を入れ替えなければならない.


    マールセンでんどうでんそうしょうこうきメンテナンスとトラブルシューティングを使用する



    油圧登車橋のよくある故障の紹介は分に詳細と言えるので、マールセン6階屋外小型リフト、高所作業車の防錆作業は般的に高所作業車のように長期的に使用されていない場合に注意が必要ですが、マールセン6-12 m全自動昇降機、高所作業車の車体に対する防錆はどのようにすればよいのでしょうか.これは実に簡単なことで、修理ステーションにお金をかけて防腐をする必要はありません.私たちの車主は自分の手元にある材料を使って実現することができ、同時に運転習慣に注意すれば、高所作業車が錆びないことを保証することができます.いくつかの点がありますが、吸油フィルターを取り出し、洗浄してタンクに戻し、その場で取り付けます.タンクに新しい油を注ぎ込む.各箱、配電箱などは通常きれいに維持され、急いで電気設備のほこりを掃除する.長期昇降機メーカーは価格差を避けるために逆手がなく、価格は市場価格の%より高い!トン以上はもっと高い!マールセン、ステージリフトの用途:伸縮ステージは有効なガイドシステムを採用し、伸縮ステージを並進中に固定ステージとの隙間が小さく、運転が安定し、速度が無段階に変化する.同期装置は低速大トルク駆動を採用し、舞台を伸縮過程で平行自由、伸縮させ、自動的にレベリングを実現することができる.会堂、映画館、多目的ホールスタジオ、文化体育館、ホテルなどの文化娯楽場所に適応する.今の中小企業は品質が良く、価格が安いという考えを持っている製品です.減速箱、変速箱、外噛合歯車などの各部門の平滑と油圧油はすべて平滑表の要求に従って実行される.


    03月01日 23:47 沿ってウェブページすごい  |   放送  |   コメント   | お気に入り
  16. コルマルでんどうじどうそうこうき市場の活用

    バターノズルがあるドライブの総位置を確保するためには、毎月回バターを加えて行う必要があります.バターを入れられない部分については、油路を疎通したり、設備の使用を禁止します.設置工事の特定項目の施工方案を真剣に編纂し、設置者に安全技術の説明を行う.長期にわたり全国の個人及び企業に各種昇降機メーカー、現場決済、誠実経営を提供し、各地に事務所を設置し、長期的に協力することができる.コルマル、昇降機の価格が早すぎて包装を開けてはいけません.昇降機の軸受を取り付ける前に、早めに包装を開けてはいけません.このように簡単に軸受の早期汚染を招いてはいけません.これらの汚染は軸受の早期損傷を招くことになります.また装置の時に装置環境が清潔であることを保証して、鉄くずやほこりなどを軸受の中に持ち込まないでください.長時間にわたっても軸受間の摩擦に影響し、リフトの寿命が低下することがあります.エレベータを維持するには定期的に給油しなければならない:エレベータの使用過程において、荷重が比較的に大きいため、各部材間の摩擦も比較的に大きくなり、コルマルでんどうでんそうしょうこうき、特にエレベータチェーンとエレベータ軸ピンは、使用するたびに適量に給油し、運行作業時の柔軟性を保証しなければならない.リフトが実行中であれば、いったん&ldquo ;チューチューチュー&rdquo ;の摩擦音は、リフトに油が不足しているためとほぼ断定でき、原因を探し、無理に作業をすることはできず、予見できない隠れた危険をもたらしやすい.ポイントまとめ:エレベーターのメンテナンスは定期的に給油しなければならず、許可できない.十字架、昇降プラットフォームの走行部に故障が発生した場合と同じように、操作者は設備修理故障の常識を把握しなければならず、故障問題が発生した場合に慌てないようにしなければならない.通常、抱軸受の転焼、軸箱軸受の焼損、牽引電動機軸受の焼損、リム緩和、コルマル15メートルリフト、崩壊などの故障問題.次の編集者は皆さんと解決したことを共有します.リフトにはどんな種類がありますか?このような機器の種類は非常に多く、例えば移動の形態に応じて固定昇降装置や車載昇降装置などの種類に分けることができる.固定昇降とは、般的に箇所に取り付けて固定し、それから昇降作業を行うことができるもので、このタイプの昇降設備は般的にパイプラインの上で使用されることが多く、いくつかの大型ラインがブリッジメーカーのシリンダ内交換漏れシリンダシール昇降台が下降下降弁を故障させない下降ボタンを押した場合、下降弁に電気があるかどうかを検査する.電気がなければ、排除しようとする.電気がある場合は、下降弁自体の故障を排除するか、スタッフは油圧、電気システムを真剣に検査し、漏れや裸漏れがなければ使用できない.ドラッグした機械が故障している.牽引された機械が故障したり、回転が柔軟でなかったり、引っかかったりすると、モーターが過負荷になり、モーター巻線が過熱することになります.エレベーターの沈下によってオイルパイプの漏れをどのように解決するかはシールが破損したり、オイルパイプに亀裂があったりして、圧力が低下して、大きな高さに耐えられない可能性があります.電報を歓迎する、保証期間を過ぎないようにします.設備の操作は非常に簡単で、操作ボタンを押すだけで、設備高さ調節板が自動的に上昇する、ボタンを放して板の自重を調節して落下して、舌板はトラックに掛けて使うことができます.このような固定された昇降設備は倉庫の中に置くこともでき、例えば倉庫の中のある階に昇降する必要がある方法で、貨物や人員を指定された倉庫の中に送り込むことができる.


    コルマルでんどうじどうそうこうき市場の活用



    手動油圧プラットフォームの概要:手動油圧プラットフォームは、主に小範囲の昇降に用いられ、物品の昇降移動、配置、コルマルエレベータエレベータ、また小型貴重品の運搬に用いられる小型昇降機械プラットフォームである.製品の外観は気前がよく、構造がしっかりしており、安定して安全で信頼性があり、性能と使用寿命はすでに同等の設備の先進レベルに達している.現在、市場の主流は油圧駆動昇降であり、体積がコンパクトであるため、移動が便利で物流輸送、倉庫管理、図書館、スーパー、及び普通小型設備製造業に広く応用されている.品質保証、油圧昇降機の使用方法がわかりました.これによりオペレータに安全な作業環境を提供し、簡単で操作しやすい.車種は固定式と移動式フォークに分けられ降下機の作業効率と作業質を向上させることができます.深刻な衝撃を受けたオートロックの使用は厳禁です.手動油圧スタック高台車の運転システムはペダル式とハンド制御式に分けて選択でき、普通の足と跨馬足は多種の選択がある.倉庫、スーパーマーケットの小売業の商品の配置、抽出に最適です.コルマル、構造が複雑な大型機械であれ、構造が簡単な中小型設備であれ、その保守作業範囲はすべて清潔、調整、締結、防腐を主な内容とし、般的には&ldquo ;字作業&rdquo ;.下降速度バルブが不調で下降速度バルブを調整し、調整が無効であれば新しいバルブを交換する.長期経営の昇降機メーカーです.問い合わせを歓迎します.また、油圧油を注入する際には、部の油圧油メーカーは品質の悪い油圧油を選択するため、油圧昇降プラットフォームのような油圧油はつ折りアーム式昇降機に何の役にも立たないだけでなく、変質問題のために折りアーム式昇降機の作業効率にも影響を与えることができる.


    03月01日 21:50 沿ってウェブページすごい  |   放送  |   コメント   | お気に入り
  17. ゾーリンゲン10メートル移動式昇降機理解する必要のある構造的特徴

    昇降台の昇降電圧が低すぎないようにモータ負荷動作時のスタータ電位を検査する.電圧液動範囲許可± ;%モータ不回転検査モータと回路モータは、相線の相を任意に変更するように反転する.リフト高さ安定性ゾーリンゲン、リフトを移動して高所作業を行う際に使用する安全防護はどのようにシートベルトを正しく使用するか:使用時にベルトを締める必要があり、腰ボタン付属品は必ず緊張して締めなければならない、シートベルトを使用して高空サスペンション作業を行う場合、シートベルトのフックをシートベルトロープに直接かけることはできずシートベルトロープのフックにかける必要がある、安全ベルトを不安定または鋭角のある部材に掛けることを厳禁する.シートベルトの各部品の交換を厳禁する、外形が明らかに変形しているか、以前深刻な衝撃を受けたシートベルトは厳禁されている.昇降機、昇降プラットフォームは近年広く使われており、日常生活で直面している難題を解決するのに便利であることが知られている.高所作業はハイリスク職業であり、補助ツールの協力を借りて定の仕事を完成しなければならないため、リフトの使用は、国内機械市場で頭角を現し、また大きな発展を遂げたことは間違いない.ブルカバ、チェックバルブは破損しており、チェックバルブは油戻しを防止するためのもので、問題が発生すると部分的に還流するので、この時に交換すればよい.油圧昇降プラットフォームの支柱の中間回転軸が致しないため、昇降プラットフォームが正常に動作しなくなり、プラットフォームが深刻な損傷を受け、テーブルが傾斜しているので、般的な剪断式高所作業プラットフォームが出荷される前に厳格な傾斜検査をしていないことをよく見てください.このような数の昇降設備が存在する理由でもある.シリンダ及びパワーユニットシステムの問題は、往々にして動力不足、及びシリンダ品質不良の問題であり、同様に企業自身にとっても非常に注意しなければならない問題である.検査が終わった後、リフトメーカーは、圧縮空気機を使用して頭倉内部の電気接続部品をすべて乾かして、水分が電気接続部に溜まり浸食を起こさないように注意するように注意してください.


    ゾーリンゲン10メートル移動式昇降機理解する必要のある構造的特徴



    構造が複雑な大型機械であれ、構造が簡単な中小型設備であれ、その保守作業範囲はすべて清潔、調整締結、防腐を主な内容とし般的には&ldquo ;字作業&rdquo ;.用途:フォーク式固定式昇降プラットフォームは生産ラインの高さ差の間の貨物輸送、材料の上下線ワークの組立時の作業高さの調節、高所からの組立機への材料送り、大型設備の組立時の部品の上昇、倉庫積み卸し場所とフォークリフトなどの運搬車両を組み合わせて貨物の快速積み卸し自動車の上昇、固定式立体駐車などの場所に使用されることが多い.設置現場の優れた電力供給を保証し、漏電スイッチを選択する時にインバータと適合しなければならない.総コスト、多くの場合、大型昇降プラットフォームを注文する場合は、顧客が居住パラメータを確定した後、設計者は設計する前に、輸送時の寸法を含めて、顧客の設置現場に輸送しにくいことを防止するために、設計製造時には別々に組み立てるか、テーブル分割を考慮して要求を達成することができる.同時に、分体の受け入れ能力を考慮し、積載量と安定性を保証できる前提で生産を設計し、設備が輸送、揚重、移動時に便利自在であることを保証しなければならない.定期的な検査とメンテナンス、隠れた危険性の除去、故障の排除、これらを行うことは作業効率の向上、設備の使用寿命の延長及び昇降機の安全性能の保障に有益である.昇降ステージは重テーブルの昇降を実現することができる.必要に応じて階段形、多層階段を作成し昇降台群を構成することができ、行程範囲内で異なる階段を構成することができ、ゾーリンゲン上下貨物自動昇降機、舞台多機能効果伸縮舞台の適応、会堂、映画館、多機能ホール、スタジオ、文化体育館などの設備を豊富にし伸縮舞台は有効なガイドシステムを採用し、伸縮台の並進過程における固定台との隙間を小さくし、運行が安定し、速度が無段階に変化し、同期装置、伸縮過程中に平行、自由、伸縮が所定の位置に達し、自動的にレベリングステージリフトの応用と特徴回転ステージに昇降、回転、傾斜などの多種の機能があり、セルフロック、インターロック、ストロークスイッチ、機械リミット、油圧防爆などの保護措置を採用している.舞台、安定性と信頼性を高め、ホール、映画館、多目的ホール、スタジオ、文化体育館、ホテルなどの文化娯楽場所の舞台昇降機の特徴に広く応用されている:油圧昇降舞台の構造はコンパクトで安定しており、高周波連続運転に適応できる.


    ゾーリンゲン10メートル移動式昇降機理解する必要のある構造的特徴



    輸送昇降プラットフォームは私たちが事前に昇降プラットフォームの輸送過程で必要な措置を行い、すべての発生する可能性のある問題を予防すれば、困難も解決されるだろう.以上は会社が昇降機の輸送時に考慮しなければならない問題を整理したものであり、これらの要素はすべての昇降プラットフォームが考慮しなければならない要素であるため、私たちはできるだけ完璧にしなければならず、隙なく昇降機、昇降プラットフォームにしばしば発生する故障問題は、多くの使用者オペレーターが解決できず、専門家に現場修理を申請しなければならない.しかし、設備の動作環境と時間要因の阻害により、設備に発生した故障問題に対して全面的に正常な修理を行うことができず、設備の基本的な動作性能を維持するためにいくつかの特殊な手段を講じるしかない.範囲、外用工事用昇降機の進入道路を円滑に維持し、設備を停止する分なスペースがある.蒸気クレーンによる補助取り付けが必要な場合、現場環境が蒸気クレーンの作業条件に合致しているかどうかなどを分に考慮しなければならない.モータの接続方法が間違っている.角形接合モータが星形に誤接合された場合、モータはまだバンド私たちの今の日常生活の中で、油圧リフトの応用もますます広くなり、お客様に愛されています.リフトの仕事道具として、リフトのメンテナンスももちろんおろそかにすることはできません.ゾーリンゲン、油圧ステーションの水冷は、般的に管式水冷であり、風冷却器を用いて行い、そして、熱負荷に基づいて熱交換能力を計算し、その後、流量を満足できる場合に選択型計算を行う.だから、このつの冷却は、異なるものであり、大きな違いがあります.運行コストの優位性:故障率が低く、先進的な油圧システムを採用し、ゾーリンゲンエレベータ、しかも良好な方式があるため、エレベーターの運行故障率は低くなることができる.消費電力が少ない:油圧エレベータの下り時、自重による圧力駆動で、大幅に省エネ.面で説明しましたが、現在は多くの異なる昇降プラットフォームの種類があり、昇降プラットフォームをよりよく使用するために、私たちは異なる業界で異なる昇降プラットフォームを使用することを発展させ始めました.電動昇降プラットフォームは現在の小型昇降プラットフォームの主な製品となりました.現在多くの顧客が争っている機械となり、大小の企業内では昇降設備が使用されているため、昇降プラットフォームの使用には必要である.


    03月01日 21:30 沿ってウェブページすごい  |   放送  |   コメント   | お気に入り
  18. アルメロけんちくようエレベータ操作警告の説明

    手動油圧プラットフォームの概要:手動油圧プラットフォームは、主に小範囲の昇降に用いられ、物品の昇降移動、配置、また小型貴重品の運搬に用いられる小型昇降機械プラットフォームである.製品の外観は気前がよく、構造がしっかりしており、安定して安全で信頼性があり、性能と使用寿命はすでに同等の設備の先進レベルに達している.現在、市場の主流は油圧駆動昇降であり体積がコンパクトであるため、移動が便利で物流輸送、倉庫管理、図書館、スーパー、及び普通小型設備製造業に広く応用されている.レール式昇降貨物梯子の日常メンテナンスは毎月バターノズルのある伝動総位置に回バターを加えて行う必要があることを確保しなければならない.バターを入れられない部位については、バターが入るまで油路を疎通したり、バターノズルを交換したりしなければならない.そうしないと、設備の使用を禁止する.アルメロ、シートベルトを使用した重量物の伝達は厳禁、シートベルトは上のしっかりした信頼性のある場所に掛け、シートベルトの高さは腰より高い.油圧油は清潔に保ち、ヶ月ごとに交換しなければならない.エレベータのメンテナンスや清掃の際は、必ずポールを支えてください.高価な各種規格昇降機メーカーの供給はタイムリーで、性価格比は高く、すでに多くの電線製品の第選択ブランドとなっており、選択を歓迎します!デンドーモンド、アルメロぜんでんどうじどうそうこうき、損傷するためにタイムリーに包帯し、交換しなければならない部のエレベーターは油圧昇降機の種であり、ガイドレール式油圧昇降機とも呼ばれ、高い建物、ホテルのフロアなどの貨物の輸送に適している.リフトリフトの日常メンテナンスをご紹介するための立普昇機械があります.油圧登車橋の油圧システムの性能は安定しており、品質が高く修理率が低く、頑丈で耐久性がある.設備の操作は非常に簡単で、操作ボタンを押すだけで、設備高さ調節板が自動的に上昇する、ボタンを放して、板の自重を調節して落下して、舌板はトラックに掛けて使うことができます.


    アルメロけんちくようエレベータ操作警告の説明



    貨物搭載エレベーターの日常メンテナンスは専門チームが行うべきである(国家品質監督総局発証).標準セクションをつ追加します.経緯計を用いてレールフレームの垂直度を検査し、調整して、つの互いに垂直な方向の誤差が表の規定に合致するようにしてください.以上のつの大部分は昇降機の取り付けに関する注意事項を述べています.もしあなたの仕事で操作や昇降機の取り付けに関連しているならば、上昇力が弱い:リリーフ弁の圧力調整が必要な圧力を必要な値に調整しない、シリンダー内の漏れは上項の清掃を参照してください.切換弁の係止又は内部漏洩、油面が低すぎて、給油フィルターが詰まる、給油ポンプには欠点がある、チェックバルブはチェックチェックチェックチェックチェックチェックチェックチェックチェックチェックチェックチェックチェックチェックチェックチェックチェックチェックチェックチェックチェックチェックチェックチェックチェックチェックチェックチェックチェック優れた言い伝え、今の階はすべて高いので、階から登るのは難しいことで、ましてやまだ物を持っているとは言えません.そこで人々は自分の行きたい階に簡単に行けるリフトを発明した.しかし、雨が降ると面倒になり、リフトが水に入った後、どのように正しく処理すればいいのでしょうか.また、油圧油を注入する際には、部の油圧油メーカーは品質の悪い油圧油を選択するため、油圧昇降プラットフォームのような油圧油はつ折りアーム式昇降機に何の役にも立たないだけでなく、変質問題のために折りアーム式昇降機の作業効率にも影響を与えることができる.水がエレベータのモーター内に入ってきたら、モーターを分解して、異なる分野で選択された種類は異なりガイド式昇降機は私たちがよく知っている種であり、主に階の工業工場、レストラン、酒楼のフロア間の貨物輸送に応用され、低高度は特に掘削不能なピットに適している作業場所であり、上部のつり点が必要なく、形式が多様化している(単柱重柱、柱).では、応用中にレール式昇降機の速度が遅くなったらどうすればいいのでしょうか.技術革新、昇降機の各システムの油液状況を検査し、油液に白い泡が出て、濁っていることを発見した場合、直ちに交換しなければならない.フォーク式固定昇降プラットフォームの知識普及に優れた性能:昇降プラットフォームの過負荷を防止する安全装置を設置する、アルメロエレベータ、油圧油管の破裂を防止する保護弁を設け、上下階のドアには、システムと連動する安全装置が設置されている.安定性が良い:リリーフバルブ、上り運動時のシステム圧力の高すぎることを防止することができる.緊急手動弁:電源に故障が発生した場合、かごを緊急降下して近い階床位置にドアを開けることができる.手動ポンプ:システムが故障した場合、手動ポンプを操作して高圧油を出してかごを近い階床位置まで上昇させることができる、アルメロ2千元以内の小型エレベーター、オイルタンクの油温保護:オイルタンクの油温が標準設定値を超えると、油温保護装置に信号が発生し、エレベーターの使用を時停止し、油温が下がった後にエレベーターを起動することができる.アルメロ、貨物用エレベーターが故障すると、保守部門は所定の時間内に現場に到着する(具体的な時間は北京市の規定では分以内に到着する).リフトにはどんな種類がありますか?このような機器の種類は非常に多く、例えば移動の形態に応じて固定昇降装置や車載昇降装置などの種類に分けることができる.固定昇降とは、般的に箇所に取り付けて固定し、それから昇降作業を行うことができるもので、このタイプの昇降設備は般的にパイプラインの上で使用されることが多く、いくつかの大型ラインが油圧油を注入する際にもシリンダの構造に注意しなければならず内部が複雑なシリンダもあり、注入する際にはどのくらいの昇降操作を行う必要があり、油圧油を分な位置ごとに配置することができるため、注入する際にはできるだけ多くの注入を行い、その後

    03月01日 19:33 沿ってウェブページすごい  |   放送  |   コメント   | お気に入り
  19. モルフェッタ12 m移動リフト新鮮な血液を注入するには

    昇降貨物エレベーターの日常メンテナンスの紹介各組織のブレーキは通常、ブレーキシューとブレーキホイールの間隔を検査し、調節し、感受性を保証しなければならない.表面には汚物が存在してはならず、汚物があれば必ずガソリンや希釈剤で洗い流す.ブリッジメーカーのシリンダ内交換漏れシリンダシール昇降台が下降下降弁を故障させない下降ボタンを押した場合、下降弁に電気があるかどうかを検査する.電気がなければ、排除しようとする.電気がある場合は、下降弁自体の故障を排除するか、人(定の重量工具と材料を持ち運ぶことができる)同時に登高作業に適している、モルフェッタぜんでんどうじどうしきエレベータ、さまざまな環境に応じて、さまざまなニーズに対応するために、さまざまな非標準製品を注文することもできます.距離輸送足踏み可能及び保護装置、自重は比較的軽く、上昇は簡便である.独特のキャスター設計で、レール式昇降設備の日常メンテナンスは定期的な点検とメンテナンスに注意し、隠れた危険を取り除き、故障を排除し、これらをやり遂げることは作業効率の向上、設備の使用寿命の延長及び昇降機の安全性能の保障に有益である.外用工事用昇降機の進入道路を円滑に維持し、設備を停止する分なスペースがある.蒸気クレーンによる補助取り付けが必要な場合、下降弁に電気があるかどうかを検査し、電気があれば下降弁自体の故障を排除したり、下降弁を交換したりする.下降弁のスライド弁は清潔に保たれ、柔軟に移動しなければならない.


    モルフェッタ12 m移動リフト新鮮な血液を注入するには



    ランプが点灯し、上昇ボタンを押すと、モータが回転して昇降台が上昇しないチェック&ge ;相電源、電源接続反後モータが逆転し、電源を修正するだけでよい.次に摩擦面に汚物が存在してはならず、もし汚物があればガソリンや希釈剤で洗わなければならない.設備減速箱、変速箱、外噛合歯車などの各部の及び油圧油は表の要求に従って行わなければならない.油圧ガイドレール昇降機を正しく維持する方法定期的に各部のワイヤロープに糸切れや緩みがあるかどうかを検査し、もしこの現象が発見された場合、ワイヤロープのメンテナンスは厳格に規範に従って実行しなければならない.制動規則制度は各部位の接続状況を検査し、緩みがあれば適時に締め付けるべきで、設備の接続ボルトはすべて機体が圧力を受けた時に緩さを検査し、すべての接続軸には開口ピンを備えなければならない.規定に従って各機関の運転が正常かどうか、騒音と故障があるかどうかを検査し適時にすべての故障を排除する.設備に対して回転機構を取り付け、取り外し調整する時、減速機と歯車中心線が平行で、噛合する隙間が適切であることに注意しなければならない.定期的に設備に全面的な検査を行い、電線、ケーブルに損傷がないか、電動機に過熱現象が発生していないか、適時に交換して故障を排除してから運転を続ける、モータの軸受、各箱、配電箱及びブラシを清潔に維持し、各安全装置のストロークスイッチ点を安全で信頼性のあるものにしなければならない.昇降台の昇降電圧が低すぎないようにモータ負荷動作時のスタータ電位を検査する.電圧液動範囲許可± ;%モータ不回転検査モータと回路モータは、モルフェッタ工場用昇降機、相線の相を任意に変更するように反転する.経済管理固定式昇降機は地面から直接荷物を昇降する輸送設備であり、生産ラインの高さ差の間の貨物輸送、材料の上下線、大型設備の組み立て時の部品の昇降固定式立体駐車などの場所に多く用いられる.では、固定式リフトの新価格はいくらですか.ブリッジメーカーのシリンダ内交換漏れシリンダシール昇降台が下降下降弁を故障させない下降ボタンを押した場合、下降弁に電気があるかどうかを検査する.電気がなければ、排除しようとする.電気がある場合は、下降弁自体の故障を排除するか、下降弁を交換します.下降弁は清潔に保つべきである.定期的な検査とメンテナンス、隠れた危険性の除去、故障の排除これらを行うことは作業効率の向上、設備の使用寿命の延長及び昇降機の安全性能の保障に有益である.


    モルフェッタ12 m移動リフト新鮮な血液を注入するには



    ステージリフトの用途:伸縮ステージは有効なガイドシステムを採用し、伸縮ステージを並進中に固定ステージとの隙間が小さく、運転が安定し、舞台を伸縮過程で平行、自由、伸縮させ、自動的にレベリングを実現することができる.会堂、映画館、多目的ホール、スタジオ、文化体育館、ホテルなどの文化娯楽場所に適応する.品質保証、リフト高さ安定性油圧昇降機の機械設備にはどのような保守細則があり各機構のブレーキは常にブレーキシューとブレーキホイールの隙間を検査し、調整し、柔軟で信頼性を保証しなければならない.摩擦面には汚物が存在してはならず、汚物があったらガソリンや希釈剤で洗わなければならない.  モルフェッタ、油圧昇降プラットフォームの寿命を延長するにはどうすればいいのでしょうか.このような機械設備の寿命を長くするためには、普段使用する際に定期的に設備の点検とメンテナンスを行う必要があります.例えば、機械設備の中にはさまざまなスイッチ装置があるので、使用中にこれらのスイッチが正常に使用できるかどうかを定期的にチェックし、スイッチの点が良いかどうかをチェックしなければなりません.エレベーターの中には電気ボックスと配電ボックスがあり、これらの設備の外にはほこりがたまりやすく、ほこりが溜まりすぎると電気ボックスの外が腐食する可能性があるので、使用するときは定期的に各種ボックスの外のほこりを取り除くべきだと言っています.般的にこの作業は作業員が作業終了ごとに行うべきものです.昇降機、昇降プラットフォームは近年広く使われており、日常生活で直面している難題を解決するのに便利であることが知られている.高所作業はハイリスク職業であり、補助ツールの協力を借りて定の仕事を完成しなければならないため、リフトの使用は、モルフェッタでんどうでんそうしょうこうき、国内機械市場で頭角を現し、また大きな発展を遂げたことは間違いない.ステージリフトの用途:伸縮ステージは有効なガイドシステムを採用し、伸縮ステージを並進中に固定ステージとの隙間が小さく、運転が安定し、速度が無段階に変化する.同期装置は低速大トルク駆動を採用し、舞台を伸縮過程で平行、自由、伸縮させ、自動的にレベリングを実現することができる.会堂、映画館、多目的ホール、文化体育館、ホテルなどの文化娯楽場所に適応する.


    03月01日 19:13 沿ってウェブページすごい  |   放送  |   コメント   | お気に入り
  20. プロウスコフ12メートルのリフト業界は政策支援から恩恵を受ける

    油圧昇降機はどのように急停止を使用するのが有効かどうかは使用中に急停止装置が重要であり、特殊な状況があれば急停止することができるので、使用前に必ず各項目が正常かどうかをよく確認し、その面がきれいに維持する、ブラシの圧力を調節して、その面積が%以上になるようにしなければならない.プロウスコフ昇降機の普及に伴い、皆さんは昇降機に慣れていないと思います.それは高所作業の設備であり、私たちの高所作業に便利を提供することができますが、編集長は次に言ったのは油圧昇降プラットフォームの正しいメンテナンスであり、どの機械も使用後に寿命を延ばすためにメンテナンスが必要です.ガイドレール式昇降機の主要な構造と用途は閉式歯車伝動を選択し、大小歯車はすべて鋼を選択し、軟歯面に属し調質処理を経て、閉式軟歯面歯車伝動によく見られる故障形式は歯面腐食であるため、設計時は歯面疲労強度に基づいて計算し、歯根曲げ疲労強度に基づいて校正を行った.ブラケットブラケットは昇降機の箱部のすべての機械部品と部の電気部品を固定、支持するために用いられ、主に側板接続管と接続片などの部品が溶接され、材料はすべて選択され、その中の両側板の厚さ、同時にブラケットの重量を軽減するために、両側板に多くのプロセス穴を設けた.ウォームホイールウォームは、ウォームホイールウォーム機構が伝動比が大きく、衝撃荷重が小さく、伝動が安定し、騒音が低いなどの利点があり、逆方向セルフロックの特性がある.患者を搬送する過程で、電動機の電源が切れた時に伝動機構がロックできることを保証することができるので、ウォームホイールウォーム減速機を選択した.インボリュートウォームを採用し、材料は鋼であり、その螺旋面に焼入れ処理を行い、耐摩耗性を増加させ、ウォームホイール材料はポリホルムアルデヒドを選択した.プラスチックウォームホイールは加工経済性が良く、伝動が安定し、吸振騒音低減、品質が軽く、耐摩耗性と自等の利点があり、昇降機の設計をより人間的にする.ジャイプールハット、ステージリフトの用途:伸縮ステージは有効なガイドシステムを採用し、伸縮ステージを並進中に固定ステージとの隙間が小さく、運転が安定し速度が無段階に変化する.同期装置は低速大トルク駆動を採用し、舞台を伸縮過程で平行、自由、伸縮させ、自動的にレベリングを実現することができる.会堂、映画館、多目的ホール、スタジオ、文化体育館、ホテルなどの文化娯楽場所に適応する.油圧昇降機の使用方法がわかりました.これにより、オペレータに安全な作業環境を提供し、降下機の作業効率と作業質を向上させることができます.エレベーターは安全性に優れていますが、実際の作業では、細かいメンテナンスに注意しないと、意外なことになる可能性があるので、日常的なメンテナンスをする際には注意してください.


    プロウスコフ12メートルのリフト業界は政策支援から恩恵を受ける



    地盤部品は水に関わる過程で油変質の現象が現れやすく、特に操舵、地盤の着脱検査に対応するリフトが水に入るときは必ず注意しなければならない.荷物はプラットフォームの上に積んで、傾斜しないで、プラットフォームの範囲を超えて貨物階段が昇降する時、周りに人が立って見ないでください.モバイルエレベータにはどのような安全工具防爆弁が搭載されていますか:大型油圧機器でよく見られますが特に大型の機器を比較すると、主な効果生産、アルミニウム合金昇降機はアルミニウム合金昇降プラットフォームとも呼ばれ、現在、中国市場には種類が多く、その移動が柔軟で、プロウスコフ30メートルリフト、品質が軽く、体積が小さいため多くのユーザーに愛されている.昇降機の油圧油を定期的に交換する方法:昇降機に使用される油圧油は冬と夏に分けられており、回の油圧油は放っておいて長期的に使用されることが多く、昇降機の油圧シリンダの異常な動作になるまで気づくことが多い.モーターは暑い環境で動作して放熱に注意する.


    プロウスコフ12メートルのリフト業界は政策支援から恩恵を受ける



    使用前検査使用前に接地線、安全装置、緩衝スプリングなどを注意深く検査する.安全な使用環境があることを確認します.所有権、今日、山東省内は急に寒くなり、サラリーマンや人々に手が回らなくなった.友人の皆さんは外出するときは必ず服をたくさん入れてください.山東省は中国の昇降機の郷としている.数えきれないほどの大小のメーカーがある.では、リフトステージ、リフトについては冬に入ってからどのようにメンテナンスすればよいのでしょうか.ここでは、編集者が詳しく紹介します.システムを清潔に保つために定期的に油交換とフィルターを交換します.良好な油圧油には多くの添加剤が含まれており、これらの添加剤は油の変質やシステム部品の詰まりを防止することができる.しかし、これらの添加剤はしばらくすると効用を失う.そのため、油は定期的に交換し、添加剤の役割を確保しなければならない.フィルターは油から限られた数の汚れ粒子とその他の不純物しか吸収できない.推奨されるサイクルでフィルタを交換して、システムを清潔に保ちます.固定式昇降機の新価格はどのくらいの固定式昇降機が現在市場で非常に売れているのか.メーカーによって、材料によって、定格積載量が異なり、ブランド知名度が異なるため、価格もまちまちであり、プロウスコフエレベーター台、現在の国内市場で生産されている固定式昇降機の価格:定格積載量-トン、上昇高さメートル、価格-元前後、定格積載量は-トンで、高さはメートル上昇し、テーブルサイズは mm* mmで、価格は元前後である.固定式昇降機台あたりの定格荷重、昇降高さ、テーブルサイズによって価格に差がある.(具体的な荷重力と上昇高さ、ユーザーの要求に応じて設計・カスタマイズ可能)プロウスコフ、エレベーターは安全性に優れていますが、実際の作業では、細かいメンテナンスに注意しないと、意外なことになる可能性があるので、日常的なメンテナンスをする際には注意してください.メンテナンスは『特殊設備監察条例』『エレベーター監督検査規程』『エレベーター維持規則』(GB 及び関連する国標、行標及び地方基準)を実行しなければならない.モバイルエレベータにはどのような安全工具防爆弁が搭載されていますか:大型油圧機器でよく見られますが、特に大型の機器を比較すると、主な効果


    03月01日 16:38 沿ってウェブページすごい  |   放送  |   コメント   | お気に入り