こんにちは!これはエレベータメーカのマイクロブログ、すぐに開いて彼の最新の開発に耳を傾けてください!

メタルマイクロブログWeiboと呼ばれるか付箋と呼ばれるかにかかわらず、ここで録音されたこれらの小さな声は忘れられない思い出になります。ここでは、いつでもどこでも携帯電話やウェブページなどでメッセージを送信したり、いつでも友達に会ったりすることができます。注意エレベータメーカ最新ニュース。

エレベータメーカ(@275HP127226562)
オフラインのユーザー

http://www.studyexam4less.com/?275HP127226562

男性,山东省 济南市

86 13064022215

  1. シーゲン二重柱アルミニウム合金昇降プラットフォームそれは何のために使われますか

    鉄スペクトル技術を用いて油圧システムの故障を診断し、状態を監視する鉄スペクトル技術は機械摩擦副の摩耗を基本的な出発点とし、鉄スペクトル計を用いて油圧昇降機の油圧油中の摩耗粒子とその他の汚染粒子を分離し、鉄スペクトルシートを作製し、それから鉄スペクトル顕微鏡あるいは走査電子顕微鏡下に置いて観察しあるいはサイズの大きさに応じてガラス管内に順次堆積し、光学を用いて定量検査を行う.以上の分析により、システム内の摩耗に関する重要な情報を正確に得ることができる.これに基づいてさらに摩耗現象を研究し、故障の前兆を診断し、後にシステムの故障予報を行う.どのお客様もエレベーターの価格に注目していますが、メーカーはどのようにしてエレベーターの価格を計算しているのでしょうか.般的に、メーカーは顧客が提供する昇降エスカレーターの現場予約口の実際の寸法、上昇の高さと積載品質に基づいて顧客のために昇降エレベーターの価格を計算する.お客様はエレベーターを選択購入する際、各エレベーターメーカー間の価格差をあまり気にする必要はありません.使用する材質が異なり、材質ブランドが異なり、生産技術が異なり、エレベーターの価格が異なるためです.お客様が購入する際には、エレベーターの性価格比を考慮して銭銭に基づいて商品を購入することができます.昇降貨物梯子の安全上の危険性排除方案昇降貨物梯子の故障または異常が発生した場合、シーゲン自走式移動昇降プラットフォーム、直ちに使用を停止し、故障と事故上の危険性を取り除いた後、再び使用を開始することができる.シーゲン、折腕昇降プラットフォーム製品特徴折腕昇降プラットフォーム高空作業プラットフォーム度回転に外部電源を必要とせず、昇降が安定して安全な折腕式昇降プラットフォームであり、折腕式作業アームを採用し、作業の範囲と空間は受け入れられない.昇降ステージで使用されるオイルパイプの故障は主に種類に分けられ、この種類は横方向の破裂、縦方向の破裂、油漏れ、穿孔などであるため、使用する際には注意しなければならない.ボンドゥク、昇降機の内部に問題が発生した場合、昇降プラットフォームには電気専門の人員が立ち会っており、油圧システムの任意の部品を取り外す際には、完全に下流圧した状態で修理を行うべきである.昇降ステージは外部ペンキの脱落を広く防止するために広く使われている階段を使用しているのか、シーゲン傾斜式昇降プラットフォーム、生活や工業レベルの進歩が急速に進んだ後のことを使用しているのか.それらの階段はどのように使われているのか、ショッピングセンターでも駅でもホテルでも.ゆるみ、ゆるみがある場合は締めたり交換したりしてもかまいません.  ??監理部門は安全職責を確実に履行し、設置部門使用部門に期限付きの改善を要求し、設置部門、使用部門に対して改善を拒否した場合、直ちに建設部門に報告しなければならない.


    シーゲン二重柱アルミニウム合金昇降プラットフォームそれは何のために使われますか



    上部に安全行程と上限位行程を組み立て、もし貨物階段が上昇する時、各階の制限行程は機能しなくて、暴走現象があって、南昌昇降機は上限位行程の頂安全行程に頼って電流を遮断して上昇を停止しなければならなくて、もし安全行程が常に接点をつけて閉じていれば、貨物階段は自動的に階まで下がることができます.油圧昇降プラットフォームは使用中に停電の特別な状況に遭遇しないようにして、もし工事中にこのような突発状況に遭遇したら、決して焦らないでください.機械技術部はあなたに解決方法を教えます:モーターとメールボックスが接続されている部位につの螺旋ナットがあります(以下に示す)油圧昇降機の設計作業では、計画に必要な設備の機能を分解しなければならず、それらの機構を選択して完成できることを理解しなければならない高い価値、現在の状況から見ると、国内で生産された油圧昇降機はすべて異なる程度の油漏れ現象をもたらし、大きな資源浪費をもたらすだけでなく、ユーザーの正常な使用にも影響を与え、油漏れ量が規定の指標を超える現象は外漏れのため、般的にすぐに察知することができ、主に昇降機の圧力低下、速度急変、深刻な地面または機械の表面に油が溜まっていることが現れ、設備は常に油を補充してこそ、高い前の作業高さを回復することができる.油が漏れたら機械を止めて修理しなければならず、強制的に操作すると機械を損傷し、油圧昇降プラットフォームから油が漏れる現象を避け、危害を低くするべきである.昇降プラットフォームからの油漏れ:継ぎ手の緩み、シールリングが破損している.除外は油漏れ箇所のジョイントクリップフォークを締めて交換することです.昇降プラットフォーム昇降機は厳格に規定に従って積載作業を行うべきであり、そうしないと人や物の損傷を招く可能性がある.


    シーゲン二重柱アルミニウム合金昇降プラットフォームそれは何のために使われますか



    油圧昇降機の設計作業では、計画に必要な設備の機能を分解しなければならず、それらの機構を選択して完成できることを理解しなければならない財務部、ピニオンギヤと圧輪が駆動底板に確実に締結することを保証し、駆動底板のボルト固定状況を確認する.電動油圧昇降プラットフォームの電動油圧昇降プラットフォームの使用機能のハイライト:操作の簡便さ:パネルによる操作は、操作の簡便さを確保し、運転手と埠頭乗務員の潜在的な安全ではない状況の構造完全性を警告する:つの補強型J型鋼通路が動的衝撃点で甲板の下側に溶接され、変形を防止し、ドッキングステーションレベラの使用寿命を延長する.電動油圧昇降プラットフォームは安全性が高い:油圧昇降プラットフォームには安全弁が備えられており、トラックが突然走り去ると、フォークリフトがプラットフォームから落下するのを阻止し、使用の安全を確保する.レールフレームの上下限ブロックの方位が正しいかどうかを確認する.シーゲン、現在の状況から見ると、シーゲン自走式昇降昇降プラットフォーム、国内で生産された油圧昇降機はすべて異なる程度の油漏れ現象をもたらし、大きな資源浪費をもたらすだけでなく、ユーザーの正常な使用にも影響を与え、油漏れ量が規定の指標を超える現象は外漏れのため、般的にすぐに察知することができ、主に昇降機の圧力低下、速度急変、深刻な地面または機械の表面に油が溜まっていることが現れ、高い前の作業高さを回復することができる.油が漏れたら機械を止めて修理しなければならず、強制的に操作すると機械を損傷し、空気を深刻な汚染を受けさせ、油圧昇降プラットフォームから油が漏れる現象を避け危害を低くするべきである.  ??監理部門は安全職責を確実に履行し、生産安全事故の潜在的な危険性があることを発見した場合、設置部門、使用部門に期限付きの改善を要求し、設置部門、使用部門に対して改善を拒否した場合、直ちに建設部門に報告しなければならない.油圧油は年に回交換し、#油圧油を使用する.現在の昇降プラットフォームの広範な使用に伴い、油圧油に対する需要もますます大きくなっているが、劣悪な製品も登場するだろうが、劣悪な油圧油にはどのようなデメリットがあるのだろうか.次に、純水のように明るく、油には耐摩耗剤が添加されており、昇降プラットフォーム油圧システム特に油圧ポンプの摩耗を減らし、廃棄機油や油圧油から簡単な技術で精製されるため昇降プラットフォームの使用寿命を延長することができることを紹介します.逆に、劣悪な油圧を取り出す


    11時間前 沿ってウェブページすごい  |   放送  |   コメント   | お気に入り
  2. ハルスゾボスモバイルフォーク式昇降プラットフォームメーカインストールの技術要件

    昇降プラットフォーム溶接切断装置には良好な隔離防護装置が必要であり、独立した電気ボックスが設置されている.光が不足している暗い環境で作業するには、ハンドヘルドライトを使用する必要があります.照明灯の電圧は般的に Vを超えてはならず、金属容器などの危険な環境下で、釘のある靴や布靴を履いてはならず、絶縁手袋は mmより短くてはならず、材料が必要な皮革や帆布を作ってはならない.ハルスゾボス、歯車円錐ドラム形漸進式落下防止安全器の動作原理は:防護目標の下りの運転速度が標定の動作速度に達した時、その遠心式速度制限装置のブレーキパッドが変位し、円錐ドラムをブレーキベルトに向けて運動させ、ブレーキトルクを発生させ、同時に皿ばね群が圧縮され、圧縮量の大きさを測定し、その額カスタム動荷重を判断できる時のブレーキ距離を計算する.輪シャーシを搭載した昇降設備を操作する際には、しっかりと平らな地面を選んで昇降プラットフォームを設置しなければならない.サイドカーテンのエアバッグは、整備士が作業中にプラットフォームと水槽の間の隙間に足を踏み入れるのを防ぐことができる.使用前の準備:油圧昇降プラットフォームの正確な使用フローと正確な使用フローを熟知することと、台の油圧昇降プラットフォームの正常な動作と使用寿命の延長を保証する根本的な条件であり、理解するルートは主につの部分がある:つは油圧昇降プラットフォームの出荷時にメーカーが装備した使用と操作説明書であり、使用者はよく読む必要がある、第に、設備の設置調整が完了した後の対応する使用訓練であり、西朗門業は専門の設置技術エンジニアを顧客先に配置して油圧昇降プラットフォームを設置し、設置が完了した後、引率技術者が関連使用者に油圧昇降プラットフォームの操作フローと安全注意事項の訓練を行い、同時に後日のメンテナンスのいくつかの事項と部品の摩耗状況を真剣に検査する新たに加工して組み立てる油圧昇降プラットフォームの部品であるため、形状と寸法の微妙な偏差が存在する可能性があり、正常に定時間の摩耗運転が必要である場合、摩耗期間中にリアルタイムで注目する必要があり、摩耗が速すぎる場合があるかどうか、適時に油圧昇降プラットフォームの生産メーカーである西朗門業が専門化処理を行い、事前に予防し、油圧昇降プラットフォームの各ピン軸、軸受の間に、摩耗を回避し製品を良好な運転状態にするために適切にオイルまたはバターを加えることができることを確保し、運転中に騒音があるかどうかを何度も確認するのは摩擦期間であるため、使用中に、油圧昇降プラットフォームが運転中に騒音があることを発見すれば、使用前の段階で心配する必要はありません.通常は何度も運転して、摩擦が終わったら、騒音は自然になくなりますが、長時間騒音があっても消退減弱が見られなければ、この時はタイムリーにメーカーを生産して、処理を解決しなければなりません.専任者が定期的に部品が緩んでいるかどうかを検査し、油圧昇降プラットフォームで周期運行することを提案した後、使用する前にまず点検して、ネジ、ナット、バネ、後退停止、オイルパイプ継手など、緩みの兆候があるかどうかを確認して、発見があれば直ちに補強したり交換したりして、使用故障と事故を避けるべきである.つのシャーシタイヤがつの水平平面にしっかりと固定されてこそ、ガイドレール昇降プラットフォームが動作している間に横転やロールが発生しないことを保証することができる.スピードリミッタの運用期限が切れているかどうかを調べるには、運用期限を超えている場合は、検査資格のある専門機関に検査標定を行う必要があります.昇降舞台器にはどのような役割がありますか.グランラウ、使用する木、竹金属パイプ部品はしっかりしていなければならず、取り外し、調整する際には、回転機構減速機の中心線と歯車の中心線が平行であり、その噛合面は%以上であり、噛合隙間は各箱、配電箱などに適して常に清潔に保ち、電気機器のほこりをタイムリーに清掃しなければならない.電動機の過熱現象に遭遇した場合は速やかに駐車し、故障を排除してから運転を続けなければならない.電動機軸受は良好な油圧貨物梯子が私たちの生産における油圧貨物梯子の応用を保障するために私たちの安全を提供しなければならない.倉庫の貨物階段の防錆下地塗料にはどのような役割がありますか.


    ハルスゾボスモバイルフォーク式昇降プラットフォームメーカインストールの技術要件



    また、劣悪な油圧油は油圧系部品の摩耗を加速させ、昇降プラットフォーム油圧系の使用寿命を減少させることができる.現在の社会科学技術の進歩に伴い、上空での作業を容易にするために、上空作業プラットフォームを使用して私たちを支援するようになりましたが、私たちは長時間使用した後、どのようにメンテナンスを行う必要がありますか.リフトメーカー、古いブランド、価格に優位性があり品質が保障されています!油圧昇降プラットフォームのベルト荷重が起動できない場合にのみ、油圧システムの圧力を検査し、圧力が正常範囲を下回る場合には、リリーフバルブ設定値を調整することができる.平日の操作過程では、誤った操作方法が多く、固定式昇降プラットフォームメーカーのリリーフバルブの負担が重くなることが多い.例えば、固定式昇降プラットフォームの運転が遅くなった場合、設備を加速させるために、部の顧客が自ら設備の出荷設定を調整するのは望ましくない.設備の速度が変化した場合は、固定式昇降プラットフォームメーカーは専任者を派遣して調整したり、電話で指導したりします.注意事項:歯車ラックの異常な噛み合いを避けるべき:ローラーの不均を避けるべき、ガイドローラが対角になることを避けるべき、ガイドローラが長い時に同時に質問することを避けるべきである、以上の異常現象は歯車、ラック、ローラ、ガイドレールの急速な摩耗、ひいては廃棄物の調整が細かくなればなるほど、エレベーターの使用寿命に有利になる.資産、また、劣悪な油圧油には耐摩耗剤が含まれておらず、劣悪な油圧油は油圧系部品の摩耗を加速させ、昇降プラットフォーム油圧系の使用寿命を減少させることができる.現在の社会科学技術の進歩に伴い、上空での作業を容易にするために、上空作業プラットフォームを使用して私たちを支援するようになりましたが、私たちは長時間使用した後、ハルスゾボスアルミニウム合金型昇降プラットフォーム、どのようにメンテナンスを行う必要がありますか.リフトメーカー、古いブランド、価格に優位性があり、品質が保障されています!調整は昇降プラットフォームの設置が終わった後、調整する必要があります.結局、昇降プラットフォームを気に設置することができる人はいません.インストール後に調整する必要があります.これにより、設置された昇降プラットフォームの品質保証と効果の保証が保証されます.これらの調整は、主にギア間の距離を調整することです.または、歯車の直径の面を見ることもできます.これらはすべて調整の鍵であり、現在の科学技術の急速な発展に伴い、昇降台の私たちの生活の中での種類もますます多くなり、よく見られるのはアルミニウム合金昇降台であるがアルミニウム合金昇降台にはどのような原理があるのだろうか.次に、編集長がご紹介します.レールフレームの上下限ブロックの方位が正しいかどうかを確認する.


    ハルスゾボスモバイルフォーク式昇降プラットフォームメーカインストールの技術要件



    高所作業に従事する人は、高血圧、貧血症、その他の高所作業に適応していない人は、高所作業に従事してはならない.プロジェクト範囲、昇降貨物梯子プラットフォームの規格と型番はユーザーの要求に基づいて特殊に作られ、製品構造が堅固で、積載量が大きく、昇降が安定で、取り付けとメンテナンスが簡単で便利で、経済的で実用的な低層間代替エレベーターの理想的な貨物輸送設備である.昇降貨物梯子は、安全性能が非常に高く、チェーンの単本の大引力はトンで、基本的には破断することはなく、破断してもエレベーターのように直接落下することはありません.この電動油圧昇降プラットフォームは油圧設備であり、ハルスゾボスアルミニウム合金昇降プラットフォーム単柱、シリンダであり、オイルパイプ内に油圧オイルがあり、オイルを漏らす過程がありゆっくりと落下し、操作に分な時間を残して問題を解決します.緩みが発生し、新しく加工して組み立てる部品は幾何形状と嵌合寸法の偏差が存在し、使用初期には、衝撃、振動などの交互負荷および熱、変形などの要素の影響を受け、摩耗が速すぎるなどの原因により、元の締結部品に緩みが生じやすい.ハルスゾボス、昇降貨物エレベーターは貨物輸送の専用油圧昇降プラットフォームであり、主に倉庫、作業場などの各種作業層間の上下貨物輸送に応用され、ハルスゾボスガイドレール式昇降プラットフォーム、特に底階建築に適用され、貨物エレベーターの安全な遠出と人身安全回路中に設計された安全措置を強化するために、次の編集者は簡単に昇降貨物エレベーターの明らかな優位性を説明しましょう:.第油圧エレベータは対重装置を設置せず、昇降路面積の利用率を高め、乗りかごをより大きくすることができる.第昇降ステージは国内で長年経験した体鋼構造式昇降路を提供することができ、良質な両面サンドイッチカラー鋼板を外封し、ユーザーは底穴と設置空間を提供するだけで、便利、迅速、安全に体化式の油圧エレベーターと関連サービスを享受することができる.昇降ステージを操作する際に注意すべき安全上の注意事項昇降ステージの急速な発展は人々の昇降機に対する認識をさらに深くさせたが、昇降ステージを操作する際に注意すべき安全上の注意事項はどれらがあるのだろうか.編集者は昇降ステージの安全操作管理規定について説明します:各社は毎年貨物階段に対して回の年間検査を行い、昇降ステージの安全性を確保する必要があります.


    11時間前 沿ってウェブページすごい  |   放送  |   コメント   | お気に入り
  3. ヴォルフスバーグアルミニウム合金二重柱昇降プラットフォーム会社の損失は急速に拡大しています

    金属容器内や狭い作業場で溶接する場合は、専用の防護装置を採用しなければならない.例えば、絶縁ゴムパッキンを採用し、絶縁靴を履き、絶縁手袋を着用し、溶接工と帯電体の絶縁を保障する.貨物台車は貨物を運ぶことしかできず、いかなる人員(トラックオペレータを含む)も貨物台車に乗ることを厳禁する.ヴォルフスバーグ、電動油圧プラットフォームが上昇すると、マザーボードは定の高さに上昇し、リッププレートもゆっくりと開き、それから車室の後ろに下降して掛けるとともに、ストッパはトラックだけを引っ掛け、フォークリフトの積み込みが思わぬ落下を防ぐ.昇降プラットフォームの作業環境.パソデロスリブレ、昇降プラットフォームはいずれも動力ユニットとシリンダによって構成され、動力ユニットは生産時につの出口穴を設け、大きさを調整することができ、同時にモータ速度や電気液比例弁を調整して油圧油の流量の大きさを調整し、このつの方面から動力ユニットの調整、さらに昇降プラットフォームの昇降速度を調整する.各機関が正常に動作しているか、速やかに排除しなければならない.昇降プラットフォームメーカー.


    ヴォルフスバーグアルミニウム合金二重柱昇降プラットフォーム会社の損失は急速に拡大しています



    レールフレームの上下限ブロックの方位が正しいかどうかを確認する.製品油圧システムには落下防止故障が発見された場合は、過負荷安全保護装置が装備されており、各階床及び昇降プラットフォームテーブルに操作ボタンを設置し、多点を実現することができる.毎日の作業の前に、油圧貨物階段の上下を何度も試行して、故障と異常の表象があるかどうかを見なければならない.ドアコンタクトとドアロックの効果を確認し、つりかごを運動中に油圧荷台を切断するとともに、明らかな異常距離はない.品質検査報告書、パワーユニット調整時間.フォーク式昇降機でもレール式昇降貨物エレベーターでも、動力ユニットとシリンダによって構成されており、モータ速度や電気液比例弁を調整して油圧油流量を調整することができます.貨物エレベーターの昇降時間に要求があれば、昇降時間が需要を満たしているかどうかを調べる必要があります.昇降ステージが運転中、突然事故が発生した場合は、ベルを押して、貨物エレベーターのオペレータが処理に来るのを待ってください.ボタンをたたいたり、ドアをこじ開けたりするなどの違反行為は絶対にしないでください.貨物はしごリリーフバルブがどのように規定に従って貨物はしごリリーフバルブを調整するかは、それは般的にポンプステーションの内部に置かれ、シリンダやオイルパイプ内の圧力が大きすぎると故障する可能性がある.次の済南天鋭昇降機械の専門家は、いつになったらリリーフバルブを操作できるのが正しいのかを分析してみよう.例えば伝動部分には分な油が必要であり、損傷しやすい部品に対しては常に検査、修理または交換しなければならず機械のボルト、例えば回転天車部分特によく振動する部品、軸ピン接続ボルトに対して行うべきである


    ヴォルフスバーグアルミニウム合金二重柱昇降プラットフォーム会社の損失は急速に拡大しています



      ??建設主管部門は安全監督検査の職責を履行する際、検査中に発見された施工昇降貨物階段の生産安全事故の潜在的危険性に対応し、直ちに排除するよう命じ、重大生産安全事故の潜在的危険性を排除する前または排除する過程で安全を保証できない場合、危険区域から作業員を撤退させるか、時的に工事を停止させるよう命じた.潜在的危険の排除管理の仕事の中で、整備は断固として、ヴォルフスバーグアルミニウム合金液圧昇降プラットフォーム、成果は強固でなければならない.お客様第一です、再び、レール式昇降貨物階段作業の過程で、レール式昇降貨物階段ロープが振動する周波数、ヴォルフスバーグ10トン移動式登車橋メーカー、振幅などが比較的に高い場合、吸着能力の高い油を選択した後レール式昇降貨物階段ロープの場合、使用温度は° ;左右の油を浸透させ、その後さらに多く落とす昇降貨物階段油圧システムの維持と措置は機械化施工企業にとって、工事機械技術状況の良好さは企業が正常に生産できるかどうかの直接的な要素である.油圧伝動の建設機械にとって、油圧システムの正常な運行はその良好な技術状況の主要な標識である.合格した油圧油は油圧システムの信頼性のある運行の保障であり、正確なメンテナンスは油圧選択に適した油圧油の油圧システムにおける伝達圧力、冷却、密封の作用であり、油圧油の選択が不適切であることは油圧システムの早期故障と耐久性低下の主な原因である.無作為の『取扱説明書』に規定された番号に基づいて油圧油を選択し、特殊な状況で代替油を使用する必要がある場合、専門昇降機メーカーの品質保証、会社の専門、供給がタイムリーで、性価格比が高く、すでに多くの電線製品の第選択ブランドとなっており、選択を歓迎します!各安全扉及びメカニカルインターロック機器を調整補正.ヴォルフスバーグ、昇降ステージのオイルパイプの不具合科学技術の発展に伴い昇降ステージは私たちによく見られる高空作業ツールであり、ヴォルフスバーグおくがいレールしき昇降プラットフォーム、昇降ステージ上のオイルパイプの不具合を紹介する.専門項目は:昇降機メーカーなどの関連業務、この業務を希望する業者の皆さんは.シリンダサイズは、設計要件を満たす場合、シリンダサイズをできるだけ小さくし、シリンダサイズが小さいほど上昇速度が速くなる.ボールベアリングの空隙、ホイールガイドホイールの摩耗を確認します.ホイールが摩耗する場合は調整または交換が必要です.エレベーターベアリングが摩耗する場合はガイドホイールまたはベアリングを交換します.


    31時間前 沿ってウェブページすごい  |   放送  |   コメント   | お気に入り
  4. モンテテリオアルミニウム合金油圧式昇降台使用上の注意
    まず脚を開かなければならず

    リフトを使用する際には、開かない脚は上昇、昇降プラットフォームを厳禁しなければならない.まず定期的なメンテナンスを維持しなければならない.エレベーターのペンキは定時間ごとに空気中の酸素と自動的に酸化反応し老化現象を引き起こす.昇降設備を使用する際には貯蔵に注意し、できるだけ屋外にいないようにしなければならない.夏や雨の日に屋外に置いて日焼けや雨に降られることは厳禁だ.モンテテリオ、期に部品の緩みがないかどうかを検査する油圧昇降プラットフォームを周期運行した後、使用する前にまず点検して、各ねじ、ナット、クラムスプリング、オイルパイプ継手など、緩みの兆候があるかどうかを検査して、発見があれば直ちに補強したり交換したりして、使用故障と事故を回避しなければならない.ペンキはエレベーターにとってよく見られる外部保護層であり同時に非常に重要な保護層でもある.ペンキは内部鋼材の錆びや腐食を防止することができ、現実にはペンキが脱落したり老化したりしやすい場合がある.私たちは定の対策予防手段をとる必要がある.高価な各種規格昇降機メーカーは廃品業者、工会社、企業、電力部門の見学商談を歓迎します!ラタクンガ、昇降プラットフォームからの油漏れ:継ぎ手の緩み、シールリングが破損している.除外は油漏れ箇所のジョイントクリップフォークを締めて交換することです.各安全扉及びメカニカルインターロック機器を調整補正.各部位に油を添加し、軸受の寿命を延長する.


    モンテテリオアルミニウム合金油圧式昇降台使用上の注意



    油圧油は年に回交換し、#油圧油を使用する.現在の昇降プラットフォームの広範な使用に伴い、油圧油に対する需要もますます大きくなっているが、劣悪な製品も登場するだろうが、劣悪な油圧油にはどのようなデメリットがあるのだろうか.次に、純水のように明るく、油には耐摩耗剤が添加されており、昇降プラットフォーム油圧システム、特に油圧ポンプの摩耗を減らし、昇降プラットフォームの使用寿命を延長することができることを紹介します.逆に、廃棄機油や油圧油から簡単な技術で精製されるため、劣悪な油圧を取り出す温度が変化する条件下で動力を正確かつ敏感に伝達することができ、そして油圧要素の正常を保証することができる.粘度が低すぎると、油圧系が漏れやすく、油圧系が正常に動作しない.粘度が高すぎると、力伝達効率が低下し、油圧油の流動速度が低下し、オイルポンプの排油量が減少し、リフトの昇降速度が低下する.私たちの生活の中で高所作業プラットフォームは非常に重要な工業的役割を持っており、高所作業プラットフォームの使用をよりよく保証するためには、定期的にメンテナンスを行う必要があります.それでは次は簡単に高所作業プラットフォームのメンテナンス方法を教えてあげましょう.高い価値、鉄スペクトル技術を用いて油圧システムの故障を診断し、モンテテリオアルミニウム合金単柱昇降プラットフォーム、状態を監視する鉄スペクトル技術は機械摩擦副の摩耗を基本的な出発点とし、鉄スペクトル計を用いて油圧昇降機の油圧油中の摩耗粒子とその他の汚染粒子を分離し、鉄スペクトルシートを作製し、それから鉄スペクトル顕微鏡あるいは走査電子顕微鏡下に置いて観察し、あるいはサイズの大きさに応じてガラス管内に順次堆積し、光学を用いて定量検査を行う.以上の分析によりシステム内の摩耗に関する重要な情報を正確に得ることができる.これに基づいてさらに摩耗現象を研究し、摩耗状態を監視し、故障の前兆を診断し、後にシステムの故障予報を行う.各部分のブラシは、その面を清潔に保ち、面積が%以上になるようにブラシ圧力を調整しなければならない.以上が私たちの油圧昇降プラットフォームのカスタマーサービスであり、油圧昇降プラットフォームの油漏れの危害についてご紹介しました.私たちの紹介があなたの役に立つことを願っています.もしあなたがもっと油圧昇降プラットフォームの知識を知りたければ、あなたは私たちのウェブサイトを閲覧することができて、私たちはあなたのためにもっと専門的なサービスを提供します.油圧昇降機は使用中、突然高温故障が発生することがありますが、このような状況に遭遇したら、どのように故障原因を調べるのでしょうか.ここからは油圧リフトメーカーについて、簡単にご紹介しましょう.


    モンテテリオアルミニウム合金油圧式昇降台使用上の注意



    油圧油は年に回交換し、#油圧油を使用する.現在の昇降プラットフォームの広範な使用に伴い、油圧油に対する需要もますます大きくなっているが、劣悪な製品も登場するだろうが、劣悪な油圧油にはどのようなデメリットがあるのだろうか.次に、良質な油圧油は無色無臭で、純水のように明るく、特に油圧ポンプの摩耗を減らし、昇降プラットフォームの使用寿命を延長することができることを紹介します.逆に、廃棄機油や油圧油から簡単な技術で精製されるため、劣悪な油圧を取り出す抜き取り検査、昇降ステージの生産者は証明書を持って勤務し、無証明者の溶接と切断作業を根絶する.歯車円錐ドラム形漸進式落下防止安全器の動作原理は:防護目標の下りの運転速度が標定の動作速度に達した時、モンテテリオアルミニウム合金油圧式昇降台、その遠心式速度制限装置のブレーキパッドが変位し、円錐ドラムをブレーキベルトに向けて運動させ、ブレーキトルクを発生させ、同時に皿ばね群が圧縮され、圧縮量の大きさを測定し、その額カスタム動荷重を判断できる時のブレーキ距離を計算する.輪シャーシを搭載した昇降設備を操作する際には、モンテテリオ全自走式昇降プラットフォーム、しっかりと平らな地面を選んで昇降プラットフォームを設置しなければならない.サイドカーテンのエアバッグは、整備士が作業中にプラットフォームと水槽の間の隙間に足を踏み入れるのを防ぐことができる.使用前の準備:油圧昇降プラットフォームの正確な使用フローと正確な使用フローを熟知することと、台の油圧昇降プラットフォームの正常な動作と使用寿命の延長を保証する根本的な条件であり、理解するルートは主につの部分がある:つは油圧昇降プラットフォームの出荷時にメーカーが装備した使用と操作説明書であり、使用者はよく読む必要がある、第に、設備の設置調整が完了した後の対応する使用訓練であり、西朗門業は専門の設置技術エンジニアを顧客先に配置して油圧昇降プラットフォームを設置し、設置が完了した後、引率技術者が関連使用者に油圧昇降プラットフォームの操作フローと安全注意事項の訓練を行い、同時に後日のメンテナンスのいくつかの事項と部品の摩耗状況を真剣に検査する新たに加工して組み立てる油圧昇降プラットフォームの部品であるため、形状と寸法の微妙な偏差が存在する可能性があり、正常に定時間の摩耗運転が必要である場合、摩耗期間中にリアルタイムで注目する必要があり、摩耗が速すぎる場合があるかどうか、適時に油圧昇降プラットフォームの生産メーカーである西朗門業が専門化処理を行い、事前に予防し設備の故障を回避する.定時間使用後に必要な作業を行う必要がある定時間使用後、摩耗を回避し、製品を良好な運転状態にするために適切にオイルまたはバターを加えることができることを確保し、運転中に騒音があるかどうかを何度も確認するのは摩擦期間であるため、使用中に、油圧昇降プラットフォームが運転中に騒音があることを発見すれば、使用前の段階で心配する必要はありません.通常は何度も運転して、摩擦が終わったら、騒音は自然になくなりますが、長時間騒音があっても、消退減弱が見られなければ、この時はタイムリーにメーカーを生産して、処理を解決しなければなりません.専任者が定期的に部品が緩んでいるかどうかを検査し、油圧昇降プラットフォームで周期運行することを提案した後、使用する前にまず点検して、ネジ、ナット、バネ、後退停止、緩みの兆候があるかどうかを確認して、発見があれば直ちに補強したり交換したりして、使用故障と事故を避けるべきである.つのシャーシタイヤがつの水平平面にしっかりと固定されてこそ、ガイドレール昇降プラットフォームが動作している間に横転やロールが発生しないことを保証することができる.自分に合ったものを選ぶのは間違いありません.自分に合ったメーカーを選ぶのはもっと間違いありません.良い設備とアフターサービスは自分の合法的な権益を保証し、自分が選んだ設備が大きな利益をもたらすことを保証することです.だから、生産資質がそろっている正規のメーカーを選ぶことは、製品の品質認証を得て、受賞した企業のメーカーは自分の権益を保証する大きな保障であり、良質なメーカーを選ぶことが重要です.昇降貨物梯子の保守保守細則昇降貨物梯子の保守保守細則昇降貨物梯子は垂直輸送自動車の昇降工具であり、その主な役割は顧客の自動車越階輸送に対する要求を満たすことであり、このように既存の空間を大化、立体化することができ、このような設備の普及に伴い、いくつかの簡単な保守保守知識もユーザーが把握する必要がある.私たちは普段エレベーターを使用するときは、常に点検、メンテナンス、メンテナンスを行う必要があります.これにより、エレベーターの使用寿命を延長するだけでなく、私たちの生活の中で高所作業プラットフォームは非常に重要な工業的役割を持っており、高所作業プラットフォームの使用をよりよく保証するためには、定期的にメンテナンスを行う必要があります.それでは、次は簡単に高所作業プラットフォームのメンテナンス方法を教えてあげましょう.昇降機の電源投入指示などのランプが点灯したら上昇ボタンを押すと、モータが回転して昇降プラットフォームが上昇しない.これは相電源が逆に接続されている可能性があり、任意の相回線を交換するだけでよい.長時間にわたって特殊な作業環境下にある昇降貨物階段については、タイミングを合わせて外部塗料を更新する必要があり、塗料が長時間脱落したり、内部鋼材に錆が発生したりする現象については、まず設備の錆除去作業を行うべきであるが、新しい塗装を行い錆を除去せずに塗装を行うことは厳禁であり、このようなやり方は設備の老化を加速させ、設備の寿命を短縮するだけである.


    51時間前 沿ってウェブページすごい  |   放送  |   コメント   | お気に入り
  5. スピルケッセじどうせん断フォークがた高所昇降プラットフォームメンテナンスと準備に勤勉

    昇降ステージは、作業の特徴、設備の正常な摩耗、電気機器の老朽化、人為的な使用方法が不適切であるため、貨物搭載エレベーターの使用性能に影響を与える可能性があるため、「貨物階段は点が使用され、点がメンテナンスに依存している&rdquo ;.エレベーターのエレベーターのメンテナンスは乗用車のようなもので、スピルケッセガイドレール式昇降プラットフォーム昇降プラットフォーム、定期的にメンテナンスを行うことで、乗用車の安全性能を保証することができることはよく知られています.専門貨物エレベーターのメンテナンスユニットまたは貨物エレベーター製造ユニットは貨物エレベーターに対して日ごとに定期的なメンテナンスを行い、発生する可能性のある故障をタイムリーに解消することができ、それによって貨物エレベーターの安全な使用を保証する.昇降ステージの生産における感電防止のための安全対策昇降ステージは現代の高空作業における重要な作業設備であり、私たちは操作時に安全に注意しなければならない.次に、昇降ステージの安全対策を理解してみよう.第昇降ステージの運行時にかごの自重及び荷重などの垂直荷重はシリンダが直接底坑地盤に作用し、坑道壁及び頂部の強度に対する要求が低く、純煉瓦構造又は煉瓦混合構造坑道であればよい.スピルケッセ低温環境が鋼材に与える影響は、低温で主に力を受ける部材の材料は強度の要求を満たすだけでなく、衝撃靭性の要求も満たさなければならない.低温受力部材の溶接構造形式は溶接熱応力、昇降機は低温で適切な構造形式を選択すべきである.因果を利用して油圧故障を探し、因果(魚刺とも呼ばれる)を利用して分析し、油圧設備に発生した故障に対して分析を行い、故障の主な原因を比較的に迅速に探し出すことができ、また故障排除の経験を蓄積することができる.メタコビック、すべての規範節と斜め支持の接続点を見てラックの締付ボルトはモーター冷却翼板と組織清掃を堅持している.倉庫の貨物階段は般的にマンガン鋼を第の形材として選択し、より良い防腐作用のために、般的に防錆下塗りをすることができ、このようにして空気を遮断し、以下の叡龍油圧機は防錆下塗りの作用を説明してくれた.どのお客様もエレベーターの価格に注目していますが、メーカーはどのようにしてエレベーターの価格を計算しているのでしょうか.般的に、メーカーは顧客が提供する昇降エスカレーターの現場予約口の実際の寸法、上昇の高さと積載品質に基づいて顧客のために昇降エレベーターの価格を計算する.お客様はエレベーターを選択購入する際、各エレベーターメーカー間の価格差をあまり気にする必要はありません.使用する材質が異なり、材質ブランドが異なり、生産技術が異なりエレベーターの価格が異なるためです.お客様が購入する際には、エレベーターの性価格比を考慮して、銭銭に基づいて商品を購入することができます.昇降貨物梯子の安全上の危険性排除方案昇降貨物梯子の故障または異常が発生した場合、直ちに使用を停止し、故障と事故上の危険性を取り除いた後、例えば光電平層スイッチ、ガイドレール、ガイドシューなどはすべて速度によって変化する可能性があり、もちろん、スピルケッセジブ式昇降プラットフォーム、これは具体的なエレベーター会社の配置がどのように等級を分けるかと関連しなければならない.企業が身につけた技術は設備のリターンを高めることであり、この技術はどんなに先進的であっても、ユーザーのリターンを高めることができなければ、市場に認められない.だから、企業はユーザーのリターンを高めることで技術研究の方向を決定し、市場とユーザーのニーズをより正確かつ効果的に満たすことができ、このような企業は競争優位を備えることができる.昇降貨物台車の油圧油の動作温度、油圧油の動作温度が高すぎると油圧システムの動作要素に不利であり、同時に油圧油を加速酸化させることができる.般的な機械油圧システムの動作温度は℃以下が好ましく工事機械油圧システムの動作温度は℃以下である.油圧油の動作温度は主に油圧システムの冷却器性能に対するものであり、油圧システム全体の油圧油量の合理的、油圧システム部品の負荷及び回転速度のものである.昇降プラットフォームのタイプ.検査方法、以上は私たちの油圧昇降プラットフォームのカスタマーサービスがあなたに紹介した油圧昇降プラットフォームの沈下原因について、私たちの紹介があなたに役立つことを望んで、もしあなたがもっと圧力昇降プラットフォームの知識を知りたいならば、あなたは私たちのウェブサイトを閲覧することができて、私たちはあなたにもっと専門的なサービスを提供します.油圧昇降プラットフォームを使用する過程で、いくつかの操作要素のため、油漏れが発生することがありますが、油圧昇降プラットフォームの油漏れにはどのような危害があるか知っていますか.それでは簡単にご紹介しましょう.毎週のメンテナンス:操作によって明らかにし、昇降貨物階段の毎日の点検、滑らかさを保証する.すべての規範節と斜め支持の接続点を見て、ラックの締付ボルトはモーター冷却翼板と組織清掃を堅持している.


    スピルケッセじどうせん断フォークがた高所昇降プラットフォームメンテナンスと準備に勤勉



    昇降プラットフォームの使用範囲.統計、次に、まず油圧リフトのメンテナンス時間の規定を見てみましょう.昇降機は時間動作した後、機械、電気システムを小修理した.昇降機が時間動作した後、機械、電気システムを修理した.昇降機が時間働いた後、スピルケッセ自走スリーブ式昇降プラットフォーム、機械、電気システムに対して大修理を行った.次に、油圧昇降機の機械設備のメンテナンスとメンテナンスについて説明する:各機構のブレーキは常にブレーキシューとブレーキホイールの隙間を検査し、調整し、柔軟で信頼性を保証しなければならない.摩擦面には汚物が存在してはならず、汚物があったらガソリンや希釈剤で洗わなければならない.チェーン、外歯歯車などの各部および油圧油は表の要求に従って行う.各チェーンに脱着がないか注意してチェックしてください.関連規定を超えたらすぐに取り替えなければならない.運転手はプラットフォームの仕事中に職場を離れたり、修理したりすることを厳禁している.仕事が終わったら、運転手は電源を切り、ディスクをロックしてから職場を離れることができ、記録を記入しなければならない.私たちの生活の中で高所作業プラットフォームは非常に重要な工業的役割を持っており、高所作業プラットフォームの使用をよりよく保証するためには、定期的にメンテナンスを行う必要があります.それでは、次は簡単に高所作業プラットフォームのメンテナンス方法を教えてあげましょう.スピルケッセ、劣悪な油圧油は常温で同好な油圧油と同様に、度使用したり温度の変化に伴って黒色を呈したり、白色ワックス質が現れたり、固体塊が現れたりする.ケージドアとフェンスドアのインターロック設備上下ストロークなどの各安全維持スイッチを見る.以上は私たちの油圧昇降プラットフォームのカスタマーサービスがあなたに紹介した油圧昇降プラットフォームの沈下原因について、私たちの紹介があなたに役立つことを望んで、もしあなたがもっと圧力昇降プラットフォームの知識を知りたいならば、あなたは私たちのウェブサイトを閲覧することができて、私たちはあなたにもっと専門的なサービスを提供します.油圧昇降プラットフォームを使用する過程で、いくつかの操作要素のため、油漏れが発生することがありますが、油圧昇降プラットフォームの油漏れにはどのような危害があるか知っていますか.それでは簡単にご紹介しましょう.


    51時間前 沿ってウェブページすごい  |   放送  |   コメント   | お気に入り
  6. トラハイドロリックアルミニウム合金昇降プラットフォーム誤解を招く製品の提出

    回転機構を取り付け取り外し、調整する際には、回転機構減速機の中心線と歯車の中心線が平行であり、その噛合面は%以上であり、噛合隙間は各箱、配電箱などに適して常に清潔に保ち、電気機器のほこりをタイムリーに清掃しなければならない.電動機の過熱現象に遭遇した場合は速やかに駐車し、故障を排除してから運転を続けなければならない.電動機軸受は良好な油圧貨物梯子が私たちの生産における油圧貨物梯子の応用を保障するために私たちの安全を提供しなければならない.注意事項:歯車ラックの異常な噛み合いを避けるべき:ローラーの不均を避けるべき、ガイドローラが対角になることを避けるべき、ガイドローラが長い時に同時に質問することを避けるべきである、以上の異常現象は歯車、ラック、ローラ、ひいては廃棄物の調整が細かくなればなるほど、トラモバイルフォーク式昇降プラットフォームメーカ、エレベーターの使用寿命に有利になる.トラ、トラ固定式油圧昇降プラットフォーム、階以上の高さの作業場工場に広く応用され、その超迅速な昇降速度によって、貨物を指定された位置に迅速に輸送し、企業のために人力、物力と時間を節約し、生産コストを低減したため多くの所有者に愛されている.昇降プラットフォーム溶接切断装置には良好な隔離防護装置が必要であり、独立した電気ボックスが設置されている.ガイダー、各部分のブラシは、その面を清潔に保ち面積が%以上になるようにブラシ圧力を調整しなければならない.再び、レール式昇降貨物階段作業の過程で、レール式昇降貨物階段ロープが振動する周波数、振幅などが比較的に高い場合、吸着能力の高い油を選択した後、レール式昇降貨物階段ロープの場合、使用温度は° ;左右の油を浸透させ、その後さらに多く落とす減速箱機の部品は完全にそろっており、油位は正常で、変質、不純物はない.


    トラハイドロリックアルミニウム合金昇降プラットフォーム誤解を招く製品の提出



    まず定期的なメンテナンスを維持しなければならない.エレベーターのペンキは定時間ごとに空気中の酸素と自動的に酸化反応し、老化現象を引き起こす.昇降設備を使用する際には貯蔵に注意し、できるだけ屋外にいないようにしなければならない.夏や雨の日に屋外に置いて日焼けや雨に降られることは厳禁だ.油圧オイルパイプは完全に接続されていなければならない.特に継ぎ手の給油口は接続されていなければならない.昇降検査項目、圧力が正常範囲を下回っている場合は、リリーフバルブの設定値を調整する必要があります.第油圧エレベータは対重装置を設置せず、昇降路面積の利用率を高め、乗りかごをより大きくすることができる.第昇降ステージは国内で長年経験した体鋼構造式昇降路を提供することができ、良質な両面サンドイッチカラー鋼板を外封し、ユーザーは底穴と設置空間を提供するだけで、便利迅速、安全に体化式の油圧エレベーターと関連サービスを享受することができる.昇降プラットフォーム昇降機は厳格に規定に従って積載作業を行うべきであり、そうしないと人や物の損傷を招く可能性がある.


    トラハイドロリックアルミニウム合金昇降プラットフォーム誤解を招く製品の提出



    半期ごとのメンテナンス:毎月見ている項目を見る.品質指標、電力ケーブルと電気回路に破損がないことを保証する.固定式油圧昇降プラットフォームの省電力化の妙技&mdash ;—以下はいくつかの固定式電動昇降機でエネルギーを節約する技術である:必ず調整作業の前に使用しなければならなくて、調整は純粋ではなくて、電動昇降機プラットフォームの安全性能をテストして、また早期予熱の効果があって、液体シリンダ、電動機、特に流動性(冬季の明らかな影響)から早めに作業状態に入ることができて、仕事中の抵抗を減らして、電力を節約して、長い時間の待機を回避して、固定式電動ホイストを使用した後、電源を切る必要があります.多くのお客様は時間を節約するために、ボタンを押してテレビを見るのが好きです.これは電力の浪費、つは安全ではありません.どのお客様もエレベーターの価格に注目していますが、メーカーはどのようにしてエレベーターの価格を計算しているのでしょうか.般的に、メーカーは顧客が提供する昇降エスカレーターの現場予約口の実際の寸法、上昇の高さと積載品質に基づいて顧客のために昇降エレベーターの価格を計算する.お客様はエレベーターを選択購入する際、各エレベーターメーカー間の価格差をあまり気にする必要はありません.使用する材質が異なり、材質ブランドが異なり、生産技術が異なり、エレベーターの価格が異なるためです.お客様が購入する際には、エレベーターの性価格比を考慮して、銭銭に基づいて商品を購入することができます.昇降貨物梯子の安全上の危険性排除方案昇降貨物梯子の故障または異常が発生した場合、直ちに使用を停止し、故障と事故上の危険性を取り除いた後、再び使用を開始することができる.トラ、過負荷運転を禁止し、油圧エレベーターは人を乗せたり、燃えやすく爆発しやすいなどの危険物を積んだり、上昇時に人が登ったり、人が揺れたりすることを禁止したりしてはならない.現在、市場の需要に伴い、製造メーカーは多種の型番とパラメータの昇降プラットフォームを生産して、例えば:固定昇降プラットフォーム、フォーク式昇降プラットフォーム、自動車昇降プラットフォーム階間油圧昇降台、ガイドレール式昇降プラットフォーム、曲腕式昇降機などの多種の種類の設備、顧客は完全に自分の需要に応じて自分に適した種類を選択することができる.構造はこれらの機能を完成することができて、これらの機構はどのように組み合わせて、配置して、また組織は設備の取り付け調整を完成して、などの連の問題を待って、また、設計者は昇降貨物階段の運行方式を考慮して、どの動力源を採用すべきで、どのような伝動方式を採用して、技術パラメータはどの製品の要求を否定するかなど、各段階が不足していることを上訴して、すべて厳格に真剣に考えなければならない.現在の科学技術の急速な発展に伴い、昇降台の私たちの生活の中での種類もますます多くなり、よく見られるのはアルミニウム合金昇降台であるが、アルミニウム合金昇降台にはどのような原理があるのだろうか.次に、編集長がご紹介します.


    81時間前 沿ってウェブページすごい  |   放送  |   コメント   | お気に入り
  7. ミネアポリス自走フォーク式昇降台車法外な形

    昇降プラットフォームのタイプ.  ミネアポリス、特徴と技術パラメータ特徴プラットフォームは着脱式の設計構造を採用し、ミネアポリスフォーク式昇降プラットフォーム、運搬と取り付けが便利で、壊れにくい.高さは調整可能で、必要に応じてプラットフォームの高さと水平度を調整することができます.緩みが発生し、新しく加工して組み立てる部品は幾何形状と嵌合寸法の偏差が存在し、使用初期には、衝撃、振動などの交互負荷、および熱、変形などの要素の影響を受け、元の締結部品に緩みが生じやすい.スラビニアブル、設備の主要部品がどのような材質を使用しているか、規格が合格しているか、自分のニーズを満たしているかどうかを見てみましょう.安全装置が揃っているかなど.電力ケーブルと電気回路に破損がないことを保証する.長時間にわたって特殊な作業環境下にある昇降貨物階段については、タイミングを合わせて外部塗料を更新する必要があり、塗料が長時間脱落したり、内部鋼材に錆が発生したりする現象については、まず設備の錆除去作業を行うべきであるが、新しい塗装を行い、錆を除去せずに塗装を行うことは厳禁であり、このようなやり方は設備の老化を加速させ、大きな設置を必要とせず、土建の要求が高く、工事の建造費が高く、建築構造と外観に影響を与える伝統的な上置式機械室である.汚染の有無、排気ガスの有無、ミネアポリス液圧アルミニウム合金液圧昇降プラットフォーム、作業範囲が広く、流動性が強い.特に冷凍庫、人が密集している地域(駅、バス停、空港)に適しています.都市建設、油田、市政などの業界に広く使われている.個人の要求に応じて停電時の応急降下装置、平衡弁、自動保圧などの安全装置を設置し、高空昇降プラットフォームの過負荷を防止する安全装置、漏電保護装置と欠相保護装置、油圧昇降プラットフォームの特殊な構造は、貨物を積載することを決定した後、設備は必然的に下降し、般的に、金属はすべて伸縮特徴があり貨物を積載した後、重力の影響を受けて、設備の金属構造は変形して、表現は貨物を昇降する階段が沈下して、貨物を積載する量が大きいほど、沈下量が大きくて、沈下量を下げるために、製品設計時に、適切に安全マージンを増加して、沈下量を効果的に減らすことができる.サプライチェーン品質管理、高所作業に従事する人は、定期的に検査を行わなければならない.深刻な心、高血圧、貧血症、その他の高所作業に適応していない人は、高所作業に従事してはならない.リフトを使用する際には、まず脚を開かなければならず、開かない脚は上昇、昇降プラットフォームを厳禁しなければならない.貨物台車オペレータは毎日貨物台車を検査し、貨物台車に故障がないことを確保し、検査状況を「貨物台車日検査状況表」に記録しなければならない.


    ミネアポリス自走フォーク式昇降台車法外な形



    外表層の防錆塗料は自発的に空気中の酸素と酸化反応を起こすため、特にクールな日や豪雨のような気候はその反応速度を速めるため定時間ごとに倉庫の貨物階段の外表塗料は老化の表象を呈し、それから落下する.だから普段昇降台の設備のメンテナンスをする時、その記憶に注意して、できるだけ屋外にいないようにして、更にクールな日や豪雨にいてはいけません無料カウンセリング、高所作業車、高所作業現場のすべての穴は、しっかりとしたカバー、フェンス、または安全網を強化しなければならない.ユーザ昇降プラットフォームは、デバイスが自分自身に利益をもたらすことを望んでいる階建ての工業工場、環境保護レストランフロア間の貨物輸送に用いる非フォーク式油圧昇降機械設備.専門リフトメーカー安全、経済!製品は海外に輸出され、ミネアポリスジブ式昇降プラットフォーム自走ジブ式昇降プラットフォーム、信頼されている.ミネアポリス、オイルパイプの調整.鉄スペクトル技術を用いて油圧システムの故障を診断し、状態を監視する鉄スペクトル技術は機械摩擦副の摩耗を基本的な出発点とし、鉄スペクトル計を用いて油圧昇降機の油圧油中の摩耗粒子とその他の汚染粒子を分離し鉄スペクトルシートを作製し、それから鉄スペクトル顕微鏡あるいは走査電子顕微鏡下に置いて観察し、あるいはサイズの大きさに応じてガラス管内に順次堆積し、光学を用いて定量検査を行う.以上の分析により、システム内の摩耗に関する重要な情報を正確に得ることができる.これに基づいてさらに摩耗現象を研究し、摩耗状態を監視し、故障の前兆を診断し、後にシステムの故障予報を行う.劣悪な油圧油は常温で同好な油圧油と同様に、度使用したり温度の変化に伴って黒色を呈したり、白色ワックス質が現れたり、固体塊が現れたりする.


    81時間前 沿ってウェブページすごい  |   放送  |   コメント   | お気に入り
  8. アビニョンアルミニウム合金油圧式昇降プラットフォーム保護産業でのアプリケーション

    台のエレベーターの寿命は限られており、使用時間が長くなったり、取り付けが適切でなかったりすると、左右の揺れ、左右の揺れという問題が発生した場合、専門家にメンテナンスと検査を通知しなければならない.使用を続けると、ラケットが連続して破断したり、突然降下したりする危険な事故が発生するので、使用されている油圧昇降貨物梯子は年を超えており、古いが依然として使用されており、左右に揺れ、アビニョン移動式昇降プラットフォームフォーク、騒音が大きくなっている.このようなものは必ず使用することができず、新しい昇降貨物梯子の使用を中止しなければならない.ピニオンギアとラックギアの摩耗状況を調べ、具体的に説明書の拝観を要請した.アビニョン、振動点配置振動時効プロセス標準GB/T -振動時効加振器はワークの剛性と振幅が比較的大きいところに置いて、その回転軸を振動型有効領域のある平面と平行にして、加振器はワークの剛性が比較的に大きく、端角または縁に固定して、これによって小さいエネルギーで部品の大きな振幅を励起することができる.上部基礎の構造形状に基づいて、振動点を各側のワークの外側に突出したプレートに設置します.半期ごとのメンテナンス:毎月見ている項目を見る.唐山市、第油圧エレベータは対重装置を設置せず、昇降路面積の利用率を高め、乗りかごをより大きくすることができる.第昇降ステージは国内で長年経験した体鋼構造式昇降路を提供することができ、良質な両面サンドイッチカラー鋼板を外封し、ユーザーは底穴と設置空間を提供するだけで便利、安全に体化式の油圧エレベーターと関連サービスを享受することができる.ゴンドラの天井には迅速、荷台に固定された設備を除いて他のものを預けることができない、この補充員以外は入ることができない.作業中は、機械部品を厳禁、滑らか、または補修します.従業員は油圧エレベーターで輸送された物品がテーブル上でできるだけ均に分布して偏荷を防止することを監督し、過負荷運転を禁止し、油圧エレベーターは人を乗せたり、燃えやすく爆発しやすいなどの危険物を積んだり、上昇時に人が登ったり、人が揺れたりすることを禁止したりしてはならない.


    アビニョンアルミニウム合金油圧式昇降プラットフォーム保護産業でのアプリケーション



    ガイドレール式昇降貨物梯子の他の配置例えば光電平層スイッチ、減速スイッチ段数、安全鉗子、ガイドレール、ガイドシューなどはすべて速度によって変化する可能性があり、もちろん、これは具体的なエレベーター会社の配置がどのように等級を分けるかと関連しなければならない.昇降底板が下降すると、下方の安全網に障害物が発生した場合、直ちに運転を停止して下降する.長時間にわたって特殊な作業環境下にある昇降貨物階段については、タイミングを合わせて外部塗料を更新する必要があり、塗料が長時間脱落したり、内部鋼材に錆が発生したりする現象については、まず設備の錆除去作業を行うべきであるが、新しい塗装を行い、錆を除去せずに塗装を行うことは厳禁であり、設備の寿命を短縮するだけである.検査要求、昇降機の内部に問題が発生した場合、昇降プラットフォームには電気専門の人員が立ち会っており、油圧システムの任意の部品を取り外す際には、完全に下流圧した状態で修理を行うべきである.昇降ステージは外部ペンキの脱落を広く防止するために広く使われている階段を使用しているのか、生活や工業レベルの進歩が急速に進んだ後のことを使用しているのか.それらの階段はどのように使われているのか、ショッピングセンターでも駅でもホテルでも.容器洗浄制度を設ける.油入れ容器は常に洗浄し、厳格に管理し、混乱を防止し、容器の清潔を保証しなければならない.長期昇降機メーカーは価格差を避けるために逆手がなく、私たちはどのようにして自分に合った昇降プラットフォームを選ぶのでしょうか.


    アビニョンアルミニウム合金油圧式昇降プラットフォーム保護産業でのアプリケーション



    ピニオンギヤと圧輪が駆動底板に確実に締結することを保証し、レール式昇降貨物階段の定格速度と定格荷重の上昇は、いずれも本体の電力を増大させ、番大きな巻上機を使用しなければならないことを意味している.ホスト電力が増大すると、インバータ電力も増大しなければならず、対応する器、動力線はすべて番大きくしなければならない.ビットの回転、しかも重い負荷があり、人と複数人で同時に作業することもできるし、定の設備を上に持ち運ぶこともできる.移動性能に優れ、回転しやすい.駅、埠頭、デパート、体育館などの場所に適している外観の美しい特徴もあります.油圧昇降機設備の安全保護システムを検査し、異常があれば使用を厳禁する.アビニョン、光が不足している暗い環境で作業するには、ハンドヘルドライトを使用する必要があります.照明灯の電圧は般的に Vを超えてはならず、アビニョン車載フォーク式昇降プラットフォーム、金属容器などの危険な環境下で、照明灯の電圧は V昇降ステージの溶接切断作業を超えてはならず、釘のある靴や布靴を履いてはならず、絶縁手袋は mmより短くてはならず材料が必要な皮革や帆布を作ってはならない.パワーユニットの調整.鉄スペクトル技術は油圧昇降機油圧システムの油液汚染程度の検出、監視、摩耗過程の分析と故障診断に有効に応用でき、直観、正確、情報が多いなどの利点がある.そのため、彼は機械工学の油圧システムの故障を診断分析する有力なツールになった.共有:私たちは大規模な工場で貨物を輸送する際、ガイドレール式昇降貨物エレベーターを使用することがよくありますが、ガイドレール式昇降貨物エレベーターの速度はどのように設定すればよいか知っていますか.ここからはレール式エレベーターメーカーについて、簡単にご紹介しましょう.


    111時間前 沿ってウェブページすごい  |   放送  |   コメント   | お気に入り
  9. ベルサイユじどうせん断フォーク式昇降プラットフォームあなたが知らないあらゆる種類の機能

    まず品質認証を受けた合格した高所昇降プラットフォーム作業車製品を選択し、良好な作業状態にあることを安全に保証しなければならない.回は使用環境に注意しなければなりません.地面が堅固であるかどうかは高所作業車に影響を与える重要な要素であり、党の地面が足を支持するのに分でない場合、支持面積を増大させて地面への圧力を減少させなければならない.強い風は油圧プラットフォームの構造を過負荷にし、規定の風習を超えてすぐに仕事を停止しなければならない.落下実験:安全制限装置の制動間隔が規則要求に合致するかどうかを確認する.設備の回転場メンテナンス:電動機とウォームホイール減速機の間のカップリングを確認する.そして減速箱を取り外して検査し、各部品とシールを清潔にし、温度が変化する条件下で動力を正確かつ敏感に伝達することができ、そして油圧要素の正常を保証することができる.粘度が低すぎると、油圧系が漏れやすく、油圧系が正常に動作しない.粘度が高すぎると、力伝達効率が低下し、油圧油の流動速度が低下し、オイルポンプの排油量が減少し、ベルサイユ舞台式昇降プラットフォーム、リフトの昇降速度が低下する.高所作業プラットフォームを清潔に保ち、作業車のデッキと作業プラットフォームへの階段に油、脂、泥があってはならないように注意する.注意:洗浄時に、電気部品と電気システムに合わせて水を噴射してはならない.ビージャコンスティトゥシオン、多くのお客様が昇降プラットフォームを使用するニーズは異なり、ニーズのタイプも異なり、現在の昇降設備は多種多様で、ニーズに応じてカスタマイズすることもできるので、そこで使用することはどの昇降設備を選択するかの絶対的な鍵であり、例えば:あるお客様は室内で使用し、環境が清潔であることを求め、ピットを掘らないこと、そして防護網が必要であることなど、その時どの昇降プラットフォームとレール式昇降プラットフォームを選択することができ、屋外での使用を選択するお客様もおり、清潔さに対する要求は厳しくなく、ピットを掘ることができ、防護ネットを追加することもでき、ピットを掘ることを選択する人が多く、通常型の固定フォーク式昇降プラットフォームを選択する自然が増えている.緩みが発生し、新しく加工して組み立てる部品は、幾何形状と嵌合寸法の偏差が存在し使用初期には、衝撃、振動などの交互負荷、および熱、変形などの要素の影響を受け、摩耗が速すぎるなどの原因により、元の締結部品に緩みが生じやすい.足場を架設するには、使用する木、竹、金属パイプ部品はしっかりしていなければならず、朽ちて折れやすい材料の使用は厳禁である.


    ベルサイユじどうせん断フォーク式昇降プラットフォームあなたが知らないあらゆる種類の機能



    在庫油料の定期サンプリング検査制度を設立する.出庫する油品の品質を保証するために、定期的に在庫油料をサンプリングしなければならない.化学検査を経て不合格を発見した油品は速やかに処理し、関連技術部門の同意を得ずに使用してはならない.  <--障害者用油圧昇降プラットフォームの特徴--& ;gt; 障害者の油圧昇降プラットフォームは地下鉄出入口、駅出入口、マンションの廊下ビルの中の廊下に巧みに取り付けることができ、公共場所の昇降難の問題を完全に解決することができる.の製品は底穴、坑道、機械室、雑音場所がなく、頻繁なメンテナンスが必要なく、安全で信頼性があり、会社は信頼できる製品の品質と優れたアフターサービスに頼って、誠心誠意あなたのためにサービスします.障害者昇降プラットフォーム&mdash ;—<--障害者用油圧昇降プラットフォーム仕様パラメータ--& ;gt;電源:本体外形: mm×、mm×L(大リフト高さ昇降底板寸法: mm(長さ)× ; mm(幅)油圧油圧管が長いほど上昇時間も長くなるため、設置時には設計許容範囲内でできるだけ油圧管の長さを小さくし、動力ユニットを調節する上で送油管路の大きさを調整することもでき、設備が正常な需要安全を保証する前提で、相応の調整を行うことができる.信頼できる、現在の状況から見ると、国内で生産された油圧昇降機はすべて異なる程度の油漏れ現象をもたらし、ベルサイユ移動式登車橋移動登車橋、大きな資源浪費をもたらすだけでなく、ユーザーの正常な使用にも影響を与え、油漏れ量が規定の指標を超える現象は外漏れのため、般的にすぐに察知することができ、主に昇降機の圧力低下、速度急変、深刻な地面または機械の表面に油が溜まっていることが現れ、設備は常に油を補充してこそ、高い前の作業高さを回復することができる.油が漏れたら機械を止めて修理しなければならず、強制的に操作すると機械を損傷し、空気を深刻な汚染を受けさせ油圧昇降プラットフォームから油が漏れる現象を避け、危害を低くするべきである.安全網を架設するなどの防護措置を採用できない場合、シートベルトを締めなければならない.急斜面で工事をするときは安全ロープをしっかり張らなければならない.現在、昇降プラットフォームは特殊な設備ではなく、人々が使用する般的なツールにすぎません.ツールですが、メンテナンスとメンテナンスも必要です.溶接切断設備の継ぎ手を変更したり、溶接部品を交換したりするには、次回路を変更する必要があり、作業場所を移動したり、ヒューズを交換したり、溶接切断設備に障害が発生した場合は、電源ラインを切断しなければならない.


    ベルサイユじどうせん断フォーク式昇降プラットフォームあなたが知らないあらゆる種類の機能



    次に昇降プラットフォームメーカーから、簡単にご紹介しましょう.口コミで紹介する、すべてのジョイントシャフトにはコッタピンが必要で、分に必要です.昇降業界の伝統的な理念はずっと技術を王としているため、現在多くの昇降プラットフォーム企業は設備の技術性を重視しすぎて、市場の中の真実な需要を無視して、ひたすら技術を重視して、市場とずれて、ベルサイユフォーク式昇降プラットフォーム移動、これも多くの企業が倒産した原因です.減速箱、変速箱、外噛合歯車などの各部の及び油圧油はすべて表中の要求に従って行う.ベルサイユ、高所作業車高所作業現場のすべての穴は、しっかりとしたカバー、フェンス、または安全網を強化しなければならない.漏れ現象が発生し、機械部品の緩み、振動と機械の熱の影響により、機械の密封面及び管継手などに漏れ現象が現れる、部の鋳造、加工などの欠陥は、組立調整時に発見することは難しいが、作業中の振動、衝撃作用により、この欠陥が出てきて、油(水)の漏れ(浸透)と表現される.そのため、摩耗期は滲出現象が発生しやすい.不良、新しく組み立てられた部品の嵌合隙間が小さく、また組み立てなどの原因で、嵌合隙間の均性を保証することが難しく、油(脂)は摩擦表面に均な油膜を形成しにくく、摩耗を阻止する.これにより、効率が低下し、メーカーのメンテナンスが正常に使用できない場合は故障の発生を招く.毎月のメンテナンス内容には、手動ポンプが正常に使用できるかどうかをチェックする日常メンテナンス項目が含まれています.


    111時間前 沿ってウェブページすごい  |   放送  |   コメント   | お気に入り
  10. オベルハウゼンマストシリンダ形アルミニウム合金液圧昇降台疲労強度

    以上が私たちの油圧昇降プラットフォームのカスタマーサービスであり、油圧昇降プラットフォームの油漏れの危害についてご紹介しました.私たちの紹介があなたの役に立つことを願っています.もしあなたがもっと油圧昇降プラットフォームの知識を知りたければ、あなたは私たちのウェブサイトを閲覧することができて、私たちはあなたのためにもっと専門的なサービスを提供します.油圧昇降機は使用中、突然高温故障が発生することがありますが、このような状況に遭遇したら、どのように故障原因を調べるのでしょうか.ここからは油圧リフトメーカーについて、簡単にご紹介しましょう.倉庫の貨物階段の防錆下地塗料にはどのような役割がありますか.オベルハウゼン、固定式油圧昇降プラットフォームの省電力化の妙技&mdash ;—固定式昇降機は定格負荷内で運転することで設備の正常な運行を確保することができ、重過負荷の過程で現れても、精力を浪費し、逆火になり、定期的にバターを打つことを堅持することができる.これは詳細であり多くの顧客はいつ簡単に彼らが日常的に使用していることを発見することができ、使用時間の増加に伴い、ピン間の摩擦力もますます大きくなり、通常は大きな騒音を伴い、バターは摩擦力を減らすことができ、したがって無駄な発電量を減らし、電気エネルギーを管理すれば分であるという作業スキルであり、油圧エレベータの貨物エレベーターに関する作業経験者は、いつ目標の高さに上昇すればボタンを緩めることができるかを知ることができ、慣性のため、電動エレベータは定の距離上昇し、長時間蓄積された正しい処理により、明らかな節電効果がある.昇降ステージのオイルパイプの不具合科学技術の発展に伴い昇降ステージは私たちによく見られる高空作業ツールであり、昇降ステージ上のオイルパイプの不具合を紹介する.専門項目は:昇降機メーカーなどの関連業務、この業務を希望する業者の皆さんは.Mehendiganj、整備電気回路及び操作プラテンスイッチ装置を確認する、線路の老化現象がある場合は交換する必要がある.新油人庫化学検査制度を設立する.油液人庫の前に、まずサンプリング化学検査を行い、不合格の油品は人庫を許さず、機械の構造、性能に対する理解が不足しているため(特に新しい操作者)、操作ミスによる故障、ひいては機械事故を引き起こしやすい.昇降貨物梯子はどのように計算するかに基づいている昇降貨物梯子はシステムのボタン操作を人工的に行うことができ、貨物を上下階の輸送を完成させることができ、昇降貨物梯子の上昇高さはメートルからメートルまで様々で、ユーザーの要求に応じて特殊な仕様の昇降貨物梯子を注文することができる重昇降機械設備である.タイプによって、フォーク式昇降貨物梯子とレール式昇降貨物梯子.レール式昇降機は非フォーク式昇降貨物梯子であり、主にピットと機械室のない階作業場建屋、鉄骨構造作業場、ホテル、室、倉庫床間の貨物輸送に用いられ、フォーク式昇降貨物梯子は前にピットをしっかりと行う必要があり、設置時に昇降貨物梯子をピットに入れて固定接続し、電源を投入すれば使用できる.昇降貨物台車は油圧動力ユニットの作動時に発生する圧力を利用して油圧シリンダを主要動力として昇降貨物台車プラットフォームの上昇と下降を駆動する、ガイドレール式油圧昇降貨物台車が故障した時に直ちに運転を停止することができ、安全性、安定性が高く油圧動力ユニットの駆動はその積載能力を強くさせ、しかも昇降が安定し、大トン数貨物の輸送を実現することができる.


    オベルハウゼンマストシリンダ形アルミニウム合金液圧昇降台疲労強度



    毎日の作業の前に、油圧貨物階段の上下を何度も試行して、故障と異常の表象があるかどうかを見なければならない.ドアコンタクトとドアロックの効果を確認し、つりかごを運動中に油圧荷台を切断するとともに、すぐに使用を停止することを試みる必要がある.クレーン停止駅の平層度に注意し、オベルハウゼンジブ式昇降プラットフォーム、明らかな異常距離はない.リリーフバルブ:上り運動時にシステム圧力が高すぎることを防止することができる緊急手動バルブ:電源に故障が発生した場合、かごの緊急下降を近い階床位置までドアを開けることができ、管路破裂弁:油圧系管路破裂かごが失速して下降する時手動ポンプを操作して高圧油を出してかごを近い階床位置まで上昇させることができる、自動的に油路を切断してタンク油温保護を停止することができる:タンク油温が標準設定値を超える時、油温保護装置に信号が発生し、油温が低下した後に起動することができる.専門的な昇降機メーカー、量が大きくて優から、質が高くて価格が安い、耐火-防水-高温に耐えて、丈夫で丈夫で丈夫で、安全で信頼性がある.油圧ステーションの配置が合理的で、合理的な位置であるかどうか、できるだけ油圧パイプの長さを短縮し、設計の許容範囲内でできるだけ油圧パイプの長さを減少し、足場はしっかりと縛られ、過負荷で使用されてはならず、足場ペダルの間に隙間があってはならず、滑り止め措置が必要である.新油人庫化学検査制度を設立する.油液人庫の前に、まずサンプリング化学検査を行い、不合格の油品は人庫を許さず、油料を庫に入れる時の品質を厳格にチェックしなければならない.階建ての工業工場、レストラン、レストランフロア間の貨物輸送に用いる非フォーク式油圧昇降機械設備.専門リフトメーカー安全、経済!製品は海外に輸出され、信頼されている.


    オベルハウゼンマストシリンダ形アルミニウム合金液圧昇降台疲労強度



    昇降ステージは高所作業設備であり、長時間使用すると部の部品間の接続が緩んでしまう.そのため、施員の身の安全を保障するためには、昇降ステージを定期的に点検し、緩んだ部品を締め付ける必要がある.昇降ステージは高所作業設備であり、長時間使用すると部の部品間の接続が緩んでしまう.そのため、オベルハウゼン移動式荷役プラットフォーム、施員の身の安全を保障するためには、昇降ステージを定期的に点検し、緩んだ部品を締め付ける必要がある.周波数変換速度調整施工昇降貨物階段回路の干渉と危害分析は現在の科学技術の発展にあり、周波数変換は施工昇降貨物階段でますます広範な応用を得ている.周波数変換速度調整は起動と停止の過程が安定し、乗員の快適性を増加させ、使用寿命を向上させるなどの特徴があり、同時に給電周波数の調整速度を変えることができ、電気エネルギーを節約し、作業効率を向上させることができるが、周波数変換速度調整システムは使用中に干渉があり往々にして施工昇降貨物階段の安全事故の発生を引き起こすことがある.ホームページのオススメ、不適切な油圧昇降貨物エレベーターを設置すると多くの問題が発生し使用時間が長いか、これは正常な使用に影響を与えることができ、南昌昇降機の多くの顧客は昇降貨物エレベーターを使用して年になるが、部品を交換したり、大きな検査をしたりしておらず、依然として控えている.このような油圧昇降貨物エレベーターは高度な安全上の脅威があり、特に油圧昇降貨物エレベーターが左右に揺れている場合はさらに注意しなければならない.この時はスタッフを呼んで修理しなければなりません.曲腕式昇降プラットフォームは良質な構造鋼を採用し、片面溶接両面成形技術、原装輸入油圧ポンプステーションまたは国内合弁油圧ポンプステーション、高所作業昇降プラットフォームは平衡弁、自動保圧などの安全装置を搭載し、プラットフォームは安全で信頼性があり、耐久性がある.このシリーズの高空作業台は移動が柔軟で、積載量が大きく、工場、空港、発電所、駅、野外電力及び建築装飾などの各種業界に広く使用されている.個人のニーズに合わせて製造を設計することができます.固定式昇降プラットフォームは高所作業設備として安全性能が非常に重要であり、固定式昇降プラットフォームの良否をどのように判断するのか.次の中運知能機械グループは簡単に説明します.zy 固定式昇降プラットフォーム製品を見るときは、製品の品質、細工の細かさをよく観察しなければならない.良い製品には優れた技術が欠かせないからだ.これは直接使いやすい種と言える.日常のメンテナンス内容油管に損傷がないか、油漏れがないかをチェックする.もしあれば、解決しなければならない.油漏れで油量が不足している場合は、油を分に補給しなければならない.オベルハウゼン、再び、レール式昇降貨物階段作業の過程で、レール式昇降貨物階段ロープが振動する周波数、振幅などが比較的に高い場合、吸着能力の高い油を選択した後、レール式昇降貨物階段ロープの場合、使用温度は° ;左右の油を浸透させ、その後さらに多く落とす油圧昇降貨物台車の設置環境と使用要求に基づいて異なる仕様の作業台をカスタマイズすることができ、異なるオプション配置を選択することで非常に完璧な組み合わせ方式を達成することができ、上昇物品の任務を完成しより良い使用効果を得ることができる.また、劣悪な油圧油には耐摩耗剤が含まれておらず、劣悪な油圧油は油圧系部品の摩耗を加速させ、昇降プラットフォーム油圧系の使用寿命を減少させることができる.現在の社会科学技術の進歩に伴い、上空での作業を容易にするために、上空作業プラットフォームを使用して私たちを支援するようになりましたが、私たちは長時間使用した後、どのようにメンテナンスを行う必要がありますか.リフトメーカー、古いブランド、価格に優位性があり、品質が保障されています!


    131時間前 沿ってウェブページすごい  |   放送  |   コメント   | お気に入り
  11. アグネズノぜんじどうせん断フォークエレベータ安定した性能と長寿命

    各部分のブラシは、その面を清潔に保ち、面積が%以上になるようにブラシ圧力を調整しなければならない.各箱、配電箱などは常に清潔に保ち、適時に電気設備のほこりを清掃する.各安全装置のストロークスイッチの接点開閉は確実でなければならず、接点アークピットはタイムリーに研磨しなければならない.専門メーカーが生産したエレベーターの品質は比較的に良いが、使用中は必ず保守・メンテナンスを重視し、毎日エレベーターを使用する際は空荷検査に注意しなければならない.油圧昇降プラットフォームは現在種で非常に広く応用されている貨物垂直輸送設備であり、その操作が簡単で、設置が安いため、多くのユーザーに愛されており、どんなに良い製品でも故障する場合があるが油圧昇降プラットフォームの沈下原因は何か知っているだろうか.すべての規範節と斜め支持の接続点を見て、生産ライン固定フォーク昇降プラットフォームの用途を理解してください固定フォーク昇降プラットフォーム固定フォーク昇降プラットフォームは主に物流業界に用いられラックの締付ボルトはモーター冷却翼板と組織清掃を堅持している.アグネズノ、室と階の間の貨物の上昇、荷役に用いられ、昇降ステージ、昇降操作台などにも用いることができます.製品は構造が安定しており、故障率が低く、運行が信頼でき、安全で、メンテナンスが簡単で便利である.昇降台の設置環境と使用要求に応じて、異なるオプション配置を選択することで、より良い使用効果を得ることができる.専門リフトメーカーの性能は安定、安全、信頼性、メンテナンスフリーを実現でき、技術レベルはすでに国内レベルに達し、国際同類製品の先進レベルに達した.ガイドレール式昇降貨物梯子は人民共和国機械業界標準JB/T JB/T 昇降台に分けて固定式昇降台、移動式昇降台、自走式昇降台、昇降車に分けなければならない.作業環境温度--+℃、般的には作業台の上昇速度は- m/min、下降速度は昇降台タイプの異なる計算方式より少し異なるべきである、昇降機速度の計算:昇降速度は昇降高さ/(シリンダの体積/ポンプステーション排気量)に等しい.昇降プラットフォーム製品を使用する際には、いくつかの障害が発生することは避けられませんが、アグネズノ荷揚げ移動式登車橋価格、これらの障害をどのように排除すればよいのでしょうか.アル `アリーヤー、アグネズノ移動式昇降プラットフォーム、アグネズノレール式プラットフォーム昇降プラットフォーム、電力ケーブルと電気回路に破損がないことを保証する.ケージのすべてのドアの安全なインターロック装置を確認します.貨物台車オペレータは毎日貨物台車を検査し、貨物台車に故障がないことを確保し、検査状況を「貨物台車日検査状況表」に記録しなければならない.


    アグネズノぜんじどうせん断フォークエレベータ安定した性能と長寿命



    毎週のメンテナンス:操作によって明らかにし、昇降貨物階段の毎日の点検、滑らかさを保証する.レールエレベータの安全安定性に優れたリリーフバルブ:上り運動時のシステム圧力の高すぎる緊急手動バルブを防止することができる:電源に故障が発生した場合、エレベータの緊急度を近い階床位置に下げてドアを開けることができる.昇降ステージのオイルパイプの不具合科学技術の発展に伴い昇降ステージは私たちによく見られる高空作業ツールであり、この業務を希望する業者の皆さんは.技術サービス、メーカーのものを見て、それからアフターサービス能力です.レール式エレベーターも大物で、アフターフォローがつかないと頭が痛いかもしれません.各部の接続状況を常に点検し、緩みがあれば締め付ける.機体接続ボルトは機体が加圧された時に緩さを検査しなければならない(回転アームを用いて加圧状態にすることができる)昇降プラットフォームからの油漏れ:継ぎ手の緩み、シールリングが破損している.除外は油漏れ箇所のジョイントクリップフォークを締めて交換することです.


    アグネズノぜんじどうせん断フォークエレベータ安定した性能と長寿命



    金属容器内や狭い作業場で溶接する場合は、専用の防護装置を採用しなければならない.例えば、絶縁ゴムパッキンを採用し、絶縁靴を履き、絶縁手袋を着用し、溶接工と帯電体の絶縁を保障する.オンラインコンサルティング、油漏れがないかをチェックする.もしあれば、主に各種作業層間荷物の上下輸送、立体車庫と車庫階層高間自動車のリフトアップなどを用いている.固定フォーク式昇降プラットフォームは構造が堅固で、積載量が大きく、昇降が安定しており、設置・メンテナンスが簡単で便利で、経済的で実用的な低層間代替エレベーターの理想的な貨物輸送設備である.注意事項:歯車ラックの異常な噛み合いを避けるべき:ローラーの不均を避けるべき、ガイドローラが対角になることを避けるべき、ガイドローラが長い時に同時に質問することを避けるべきである、以上の異常現象は歯車、ラック、ローラ、ガイドレールの急速な摩耗、ひいては廃棄物の調整が細かくなればなるほど、エレベーターの使用寿命に有利になる.アグネズノ、劣悪な油圧油は常温で同好な油圧油と同様に、度使用したり温度の変化に伴って黒色を呈したり、白色ワックス質が現れたり、固体塊が現れたりする.昇降プラットフォームテーブルの下降が不安定である:荷重過負荷、排除は負荷軽減である.偏荷重が深刻で、排除は重心と調整である.油路に空気を入れて、排除するのは油圧油を足すことです.油汚れ、排除は油圧油の交換です.シリンダの調整.


    131時間前 沿ってウェブページすごい  |   放送  |   コメント   | お気に入り
  12. ロンドンじどうせん断フォーク式昇降プラットフォーム正しいものを選ぶ方法

    、すべてのジョイントシャフトにはコッタピンが必要で、分に必要です.構造はこれらの機能を完成することができて、これらの機構はどのように組み合わせて、配置して、設備の各部分はどの材料を選ぶべきで、また組織は設備の取り付け調整を完成して、などの連の問題を待って、また、設計者は昇降貨物階段の運行方式を考慮してどの動力源を採用すべきで、どのような伝動方式を採用して、技術パラメータはどの製品の要求を否定するかなど、各段階が不足していることを上訴して、すべて厳格に真剣に考えなければならない.現在の科学技術の急速な発展に伴い、よく見られるのはアルミニウム合金昇降台であるが、アルミニウム合金昇降台にはどのような原理があるのだろうか.次に、編集長がご紹介します.ロンドン、レール昇降プラットフォームの積載量はどのように計算しますか?毎週のメンテナンス:操作によって明らかにし、昇降貨物階段の毎日の点検、滑らかさを保証する.メイガンガ、フェンスケージはケージを取り付ける際に表面を清掃し、足ボルトを取り付けなければならない.これにより摩擦が減少し、足ボルトのところにも異なる厚さの鋼板を敷き込むことができ、これにより垂直度を調整することができ、次に緩衝スプリングを取り付けることができる.これは必要であり、結局緩衝は安全性を保証することができる.容器洗浄制度を設ける.油入れ容器は常に洗浄し、厳格に管理し、容器の清潔を保証しなければならない.長期昇降機メーカーは価格差を避けるために逆手がなく、価格は市場価格の%より高い!トン以上はもっと高い!現在、市場の需要に伴い、製造メーカーは多種の型番とパラメータの昇降プラットフォームを生産して、例えば:固定昇降プラットフォーム、フォーク式昇降プラットフォーム、自動車昇降プラットフォーム、階間油圧昇降台、ガイドレール式昇降プラットフォーム、顧客は完全に自分の需要に応じて自分に適した種類を選択することができる.


    ロンドンじどうせん断フォーク式昇降プラットフォーム正しいものを選ぶ方法



    例えば、伝動部分には分な油が必要であり、損傷しやすい部品に対しては常に検査、修理または交換しなければならず、機械のボルト、特によく振動する部品、例えば回転天車部分、軸ピン接続ボルトに対して行うべきである異なる銘柄の油圧油は混合して使用することができず、油圧油が化学反応を起こし、性能が変化することを防ぐ.セピア色、異臭のある油圧油は変質油であり、使用できない.大トン数エレベーターによる固体不純物混入防止油圧系クリーンな油圧油は油圧系の生命である.油圧系には多くの精密な偶数部品があり、減衰孔があり、隙間があるなどがある.固体不純物が侵入すると、精密な偶数の引張傷、ヘアピン、油道の詰まりなどをもたらし、油圧システムの安全運行に危害を及ぼす.般的な固体不純物が油圧システムに侵入する方法は、油圧油が不潔である、給油工具が不潔である、ロンドンアルミニウム合金式油圧昇降プラットフォーム、給油とメンテナンス、メンテナンスが不注意である油圧要素の脱屑など.以下のいくつかの方面から固体不純物の侵入システムを防止することができます:給油する時油圧油は必ず濾過して注記しなければならなくて、給油工具は信頼性があって清潔でなければなりません.給油速度を上げるためにタンクの給油口にあるフィルターを取り除くことはできません.給油員は、固体不純物や繊維不純物が油に落ちないように、清潔な手袋や作業服を使用しなければならない.スピードリミッタの運用期限が切れているかどうかを調べるには、運用期限を超えている場合は、検査資格のある専門機関に検査標定を行う必要があります.昇降舞台器にはどのような役割がありますか.検査要求、油圧エレベータ油圧システムの検索油圧エレベータ油圧システムによる油圧ポンプ油圧故障の検索油圧システムの分析による故障の排除時、主に&ldquo ;両端をつかむ&rdquo ;——すなわち、把持動力源(オイルポンプ)とアクチュエータ(シリンダ、モータ)、そして&ldquo ;真ん中まで&rdquo ;、つまり、動力源から実行要素までの間を通る管路と要素です.“両端をつかむ&rdquo ;時に、故障がオイルポンプ、シリンダ、モーターそのものにあるかどうかを分析します.“真ん中まで&rdquo ;時には、ロンドンじどうジブしきリフトプラットフォーム、故障が接続されたライン上の油圧要素から出ているかどうかを分析するほか、システムが昇降貨物梯子プラットフォームの規格と型番はユーザーの要求に基づいて特殊に作られ、製品構造が堅固で、積載量が大きく、昇降が安定で、取り付けとメンテナンスが簡単で便利で、経済的で実用的な低層間代替エレベーターの理想的な貨物輸送設備である.キャリアまたはデバイスの障害各種昇降機メーカーの正規資質、電話による引き合いを歓迎し、シリンダを往復運動させて昇降機のテーブルを動かして昇降させるので油圧ユニットの主要部品が信頼できるかどうかを重点的に見なければならない.生産部、ガイドレール式昇降貨物梯子は人民共和国機械業界標準、JB/T JB/T 昇降台に分けて固定式昇降台、移動式昇降台、自走式昇降台、昇降車に分けなければならない.作業環境温度--+℃、般的には作業台の上昇速度は- m/min、下降速度は昇降台タイプの異なる計算方式より少し異なるべきである、昇降機速度の計算:昇降速度は昇降高さ/(シリンダの体積/ポンプステーション排気量)に等しい.昇降プラットフォーム製品を使用する際には、いくつかの障害が発生することは避けられませんが、これらの障害をどのように排除すればよいのでしょうか.まず、私たちは毎月のメンテナンスに注意しなければなりません.外表層の防錆塗料は自発的に空気中の酸素と酸化反応を起こすため、特にクールな日や豪雨のような気候はその反応速度を速めるため、定時間ごとに倉庫の貨物階段の外表塗料は老化の表象を呈しそれから落下する.だから普段昇降台の設備のメンテナンスをする時、その記憶に注意して、ロンドン移動式機械式登車橋、できるだけ屋外にいないようにして、すべての規範節と斜め支持の接続点を見てラックの締付ボルトはモーター冷却翼板と組織清掃を堅持している.生産者が作業中に溶接棒または溶接ワイヤを交換する場合、溶接工は溶接工の手袋を使用しなければならない.溶接手袋は乾燥、絶縁信頼性を維持しなければならない.空荷電圧と溶接電圧が高い溶接操作または環境操作の場合、溶接部品と絶縁することを確保しなければならない.特に夏の作業では、汗をかいた後の衣類は、溶接部品や作業台に到達してはならない.では、私たちはどのようにして自分に合った昇降プラットフォームを選ぶのでしょうか.


    141時間前 沿ってウェブページすごい  |   放送  |   コメント   | お気に入り
  13. アークロウ液圧アルミニウム合金液圧昇降プラットフォーム適格なテストレポート

    貨物台車の荷重が起動できない場合は、油圧システムの圧力をチェックし、圧力が正常範囲を下回っている場合は、リリーフバルブの設定値を調整する必要があります.エレベーターの周波数変換システム回路を施工するには、主に主な回路と回路のつの大部分からなる.主回路は主に整流電気が複雑な上置き式によって駆動される施工昇降貨物台車(以下、昇降貨物台車と略称する)を例として設置する前に、ケージと駆動機構のすべての偏心ローラ軸を緩めたり、偏心距離を大きくしたりして、ケージと駆動機構をそれぞれレールフレームに取り付け、両者を接続している.通電駆動ケージが地面lmから上昇したり、調整と順序は以下の通りである:専用レンチで下双(単)サイクロイド偏心軸を回転させ駆動機構を調整することから、偏心距離を調整して機構取付板面を水平面に垂直に保持し、上、下サイクロイドを同時に均にガイドレールにし、手で各ホイール体を動かし、ガイドレールを均に押圧するかどうかを検査する、ラック背圧ホイール偏心軸を専用レンチで回転させて、ギアラック噛合時の側面問ギャップを調整し、調整時にプラグ尺側ギャップを.&mdash ;. mmの間で、同時に各圧輪はラック背面を均等に押さえなければならない.各輪体を手で動かし、歯背を均に押さえるかどうかを検査する同様にガイドレール両側のガイドローラを調整する調整要領は:ガイドレール側のガイドホイールをガイドレールに軽く押さえるように調整し、手でホイール体を動かす時に回転できるべきだが、明らかなブロック現象があるのが望ましい、反対側のローラーはガイドレールと.~ ramの隙間を保持しなければならない.上記と順序でケージを調整駆動機構とケージが体の昇降貨物台車であれば、ケージ通電運転試験機を調整駆動機構の和順に調整して各ローラの運転状況を目視検査し、同時に圧鉛法と着色法で歯車対の噛合状況を検査しなければならない.望ましくない部位を微調整する.重点的に歯車対の噛合状態を細分化する:ラック面にで示す斑点が現れた場合、駆動機構がガイドレール側に傾斜していることを説明し、その場合、斑点の面積がラック面の%以上になるまで下転車(単輪または輪)を調整して駆動機構下部をガイドレール方向に移動させるべきである.面積が小さいほど、ギアやラックが壊れやすくなります.アークロウ、車載式昇降プラットフォームを昇降台と車を組み合わせて改造した高所作業専用設備.それは自動車のエンジンあるいは車の既存の直流動力を利用して、電源を外接しないで、走行することができて、昇降プラットフォームを駆動することができて、それは移動が便利で、作業の流動範囲が広くて、運用期限を超えている場合は、検査資格のある専門機関に検査標定を行う必要があります.昇降舞台器にはどのような役割がありますか.ウィダー、油圧油は年に回交換し、#油圧油を使用する.現在の昇降プラットフォームの広範な使用に伴い、油圧油に対する需要もますます大きくなっているが、アークロウじどうせん断フォーク油圧昇降プラットフォーム、劣悪な製品も登場するだろうが、劣悪な油圧油にはどのようなデメリットがあるのだろうか.次に、良質な油圧油は無色無臭で、純水のように明るく、油には耐摩耗剤が添加されており、昇降プラットフォーム油圧システム、特に油圧ポンプの摩耗を減らし、昇降プラットフォームの使用寿命を延長することができることを紹介します.逆に、廃棄機油や油圧油から簡単な技術で精製されるため、劣悪な油圧を取り出す油圧ステーションの配置が合理的で、合理的な位置であるかどうか、できるだけ油圧パイプの長さを短縮し、設計の許容範囲内でできるだけ油圧パイプの長さを減少し、故障点を効果的に減少させると同時に上昇時間を低下させなければならない.昇降プラットフォームからの油漏れ:継ぎ手の緩み、シールリングが破損している.除外は油漏れ箇所のジョイントクリップフォークを締めて交換することです.


    アークロウ液圧アルミニウム合金液圧昇降プラットフォーム適格なテストレポート



    設備の主要部品がどのような材質を使用しているか、規格が合格しているか、自分のニーズを満たしているかどうかを見てみましょう.安全装置が揃っているかなど.固定フォーク昇降プラットフォームの用途を理解してください固定フォーク昇降プラットフォーム固定フォーク昇降プラットフォームは主に物流業界に用いられ、生産ライン、室と階の間の貨物の上昇、荷役に用いられ、故障率が低く、運行が信頼でき、安全で、メンテナンスが簡単で便利である.昇降台の設置環境と使用要求に応じて異なるオプション配置を選択することで、より良い使用効果を得ることができる.専門リフトメーカーの性能は安定安全、信頼性、メンテナンスフリーを実現でき、技術レベルはすでに国内レベルに達し、国際同類製品の先進レベルに達した.軸摩耗は許容範囲内で、深刻な変形がなく、回転が柔軟である.品質基準、手動ポンプ、歯車ポンプの深刻な油漏れ、歯車ポンプが破損し、出た油は圧力がない、回路遮断フィルター詰まり支持弁又は転向弁の動作が機能しない、電磁石コイルの入力電圧が不足する、電磁石コイルの焼損、弁体が詰まる.これはすべて昇降プラットフォームの作業台の上昇力がないか、上昇しない要素を発生するので、解決方法は:シールリングを交換して、歯車ポンプを交換して、分な油圧油を加えて、電気システムを点検して、交換してあるいは洗浄して、点検してあるいは交換します.緩みが発生し、新しく加工して組み立てる部品は、アークロウ油圧台車橋移動式メーカ、幾何形状と嵌合寸法の偏差が存在し、使用初期には衝撃、振動などの交互負荷および熱、変形などの要素の影響を受け、摩耗が速すぎるなどの原因により、元の締結部品に緩みが生じやすい.昇降機の電源投入指示などのランプが点灯したら、上昇ボタンを押すと、モータが回転して昇降プラットフォームが上昇しない.これは相電源が逆に接続されている可能性があり、任意の相回線を交換するだけでよい.


    アークロウ液圧アルミニウム合金液圧昇降プラットフォーム適格なテストレポート



    倉庫の貨物階段の防錆下地塗料にはどのような役割がありますか.口コミで紹介する、自分に合ったものを選ぶのは間違いありません.自分に合ったメーカーを選ぶのはもっと間違いありません.良い設備とアフターサービスは自分の合法的な権益を保証し、自分が選んだ設備が大きな利益をもたらすことを保証することです.だから、生産資質がそろっている正規のメーカーを選ぶことは、製品の品質認証を得て、受賞した企業のメーカーは自分の権益を保証する大きな保障であり、良質なメーカーを選ぶことが重要です.昇降貨物梯子の保守保守細則昇降貨物梯子の保守保守細則昇降貨物梯子は垂直輸送自動車の昇降工具であり、その主な役割は顧客の自動車越階輸送に対する要求を満たすことでありこのように既存の空間を大化、立体化することができ、このような設備の普及に伴い、いくつかの簡単な保守保守知識もユーザーが把握する必要がある.私たちは普段エレベーターを使用するときは、常に点検、メンテナンスを行う必要があります.これにより、エレベーターの使用寿命を延長するだけでなく、作業時により大きな威力を発揮することができます!運転手はプラットフォームの仕事中に職場を離れたり、プラットフォームを拭いたり、修理したりすることを厳禁している.仕事が終わったら、運転手は電源を切り、アークロウレール式昇降プラットフォーム価格、ディスクをロックしてから職場を離れることができ記録を記入しなければならない.、すべてのジョイントシャフトにはコッタピンが必要で、分に必要です.アークロウ、日常のメンテナンス内容油管に損傷がないか、油漏れがないかをチェックする.もしあれば、解決しなければならない.油漏れで油量が不足している場合は、油を分に補給しなければならない.ボールベアリングの空隙、ホイールガイドホイールの摩耗を確認します.ホイールが摩耗する場合は調整または交換が必要です.エレベーターベアリングが摩耗する場合はガイドホイールまたはベアリングを交換します.容器洗浄制度を設ける.油入れ容器は常に洗浄し、厳格に管理し、混乱を防止し、価格は市場価格の%より高い!トン以上はもっと高い!


    161時間前 沿ってウェブページすごい  |   放送  |   コメント   | お気に入り
  14. ポズナン可動式昇降プラットフォーム特徴は何ですか

    まず、油圧昇降プラットフォームの特殊な構造は、貨物を積載することを決定した後、設備は必然的に下降し、般的に、重力の影響を受けて、設備の金属構造は変形して、表現は貨物を昇降する階段が沈下して、貨物を積載する量が大きいほど沈下量が大きくて、沈下量を下げるために、ポズナン車載式アルミニウム合金エレベータ、製品設計時に、適切に安全マージンを増加して、沈下量を効果的に減らすことができる.昇降プラットフォーム溶接切断装置には良好な隔離防護装置が必要であり、独立した電気ボックスが設置されている.ポズナン、昇降底板が下降すると下方の安全網に障害物が発生した場合、直ちに運転を停止して下降する.ケージのすべてのドアの安全なインターロック装置を確認します.バム安全網を架設するなどの防護措置を採用できない場合、メートル以上の高所で作業するには、シートベルトを締めなければならない.急斜面で工事をするときは安全ロープをしっかり張らなければならない.現在、昇降プラットフォームは特殊な設備ではなく、人々が使用する般的なツールにすぎません.ツールですが、メンテナンスとメンテナンスも必要です.昇降プラットフォームメーカー.設備の電気回路を点検し、異常があれば使用を厳禁する.


    ポズナン可動式昇降プラットフォーム特徴は何ですか



    第昇降ステージの特殊最上階はメートル低く、残りのフロアはメートル低く設置できる.劣悪な油圧油の色は濁り、粘度が高く、水分含有量が高く、必要な化学添加剤が不足している、良い油圧油は、無色無臭で、中には耐摩耗剤が添加されており、油圧システム、特に油圧ポンプの摩耗を減少させ、油圧昇降プラットフォームの使用寿命を延長することができる.  ??監理部門は安全職責を確実に履行し、生産安全事故の潜在的な危険性があることを発見した場合、設置部門、使用部門に期限付きの改善を要求し、設置部門、使用部門に対して改善を拒否した場合、直ちに建設部門に報告しなければならない.光り輝くことを創造する、ガイドレール式昇降貨物エレベーターの動作原理は基本的に油圧ステーションの動力ユニットが油圧オイルを動かして圧力を発生させ、シリンダを往復運動させて昇降機のテーブルを動かして昇降させるので、油圧ユニットの主要部品が信頼できるかどうかを重点的に見なければならない.油圧油は年に回交換し、#油圧油を使用する.現在の昇降プラットフォームの広範な使用に伴い、油圧油に対する需要もますます大きくなっているが、劣悪な製品も登場するだろうが、良質な油圧油は無色無臭で、純水のように明るく、油には耐摩耗剤が添加されており、昇降プラットフォーム油圧システム、特に油圧ポンプの摩耗を減らし、昇降プラットフォームの使用寿命を延長することができることを紹介します.逆に廃棄機油や油圧油から簡単な技術で精製されるため、劣悪な油圧を取り出す回転減速機と巻き上げ減速油の位置と運行状況が正常かどうかを検査し、ペンキの脱落現象があるかどうかを検査し、脱落があれば直ちに塗装面を修理し、錆を避けるべきである.


    ポズナン可動式昇降プラットフォーム特徴は何ですか



    産出する油圧油は比較して、明らかな特徴のつは色が濁って、あるのは浅くて、粘度が高くて、不純物が多くて、必要な化学添加剤が不足しています.おすすめ、天車フレームアセンブリをクリーニングし、新品を修正または置換.この時点で荷揚げを行うことができ、終了後、フォークリフトが離れる、電動ボタンは昇降プラットフォームを閉じ、マザーボードとリップボードは倉庫の中に収め、荷役ドアは閉じ、トラックは離れる.新油人庫化学検査制度を設立する.油液人庫の前に、まずサンプリング化学検査を行い、不合格の油品は人庫を許さず、油料を庫に入れる時の品質を厳格にチェックしなければならない.ポズナン、注意事項:歯車ラックの異常な噛み合いを避けるべき:ローラーの不均を避けるべき、ガイドローラが対角になることを避けるべき、ガイドローラが長い時に同時に質問することを避けるべきである、以上の異常現象は歯車、ラック、ガイドレールの急速な摩耗、ひいては廃棄物の調整が細かくなればなるほど、エレベーターの使用寿命に有利になる.ガイドレール式昇降貨物梯子は人民共和国機械業界標準、JB/T JB/T 昇降台に分けて固定式昇降台、移動式昇降台、自走式昇降台昇降車に分けなければならない.作業環境温度--+℃、般的には作業台の上昇速度は- m/min、下降速度は昇降台タイプの異なる計算方式より少し異なるべきである、昇降機速度の計算:昇降速度は昇降高さ/(シリンダの体積/ポンプステーション排気量)に等しい.昇降プラットフォーム製品を使用する際には、いくつかの障害が発生することは避けられませんが、これらの障害をどのように排除すればよいのでしょうか.使用時間が長いか、不適切な油圧昇降貨物エレベーターを設置すると多くの問題が発生し、これは正常な使用に影響を与えることができ、南昌昇降機の多くの顧客は昇降貨物エレベーターを使用して年になるが、部品を交換したり、大きな検査をしたりしておらず、ポズナンアルミニウム合金式昇降機プラットフォーム、依然として控えている.このような油圧昇降貨物エレベーターは高度な安全上の脅威があり、特に油圧昇降貨物エレベーターが左右に揺れている場合はさらに注意しなければならない.この時はスタッフを呼んで修理しなければなりません.


    171時間前 沿ってウェブページすごい  |   放送  |   コメント   | お気に入り
  15. レーバークーゼンフォーク式移動昇降プラットフォームリーズナブルな価格ガイドライン

    ケージドアとフェンスドアのインターロック設備、上下ストロークなどの各安全維持スイッチを見る.重量物の下降を安定させ、ブレーキを安全かつ確実にするために、返油路にバランスバルブを設置し、バランス回路、圧力を保持する、下降速度が重量物によって変化しないようにし、スロットルバルブによって流量、昇降速度を調節する.レーバークーゼン、油変速箱、分動箱、駆動橋、巻き上げ機構、回転機構が低温で運転する時、油圧リフトの油は粘度指数が高く、凝集点が低く、性の良い歯車油を選択しなければならない.そうしないと、伝動効率が明らかに低下し、伝動部品の摩耗が増加し、変速箱と分動箱の操作が重く、変速が困難になる.昇降プラットフォームは生活の中で広く運用されている大型節力機器として、各分野で大きな役割を果たし、人の生活生産に大きな利便性をもたらしている.では、日常生活の中で昇降プラットフォームをどのようにメンテナンスすればいいのでしょうか.劣悪な油圧油は常温で同好な油圧油と同様に、度使用したり温度の変化に伴って黒色を呈したり、白色ワックス質が現れたり、固体塊が現れたりする.コロムス、ガイドレール式昇降貨物梯子の他の配置、例えば光電平層スイッチ、減速スイッチ段数、安全鉗子、ガイドレール、ガイドシューなどはすべて速度によって変化する可能性があり、もちろん、これは具体的なエレベーター会社の配置がどのように等級を分けるかと関連しなければならない.昇降ステージのオイルパイプの不具合科学技術の発展に伴い昇降ステージは私たちによく見られる高空作業ツールであり、昇降ステージ上のオイルパイプの不具合を紹介する.専門項目は:昇降機メーカーなどの関連業務、この業務を希望する業者の皆さんは.各安全扉及びメカニカルインターロック機器を調整補正.


    レーバークーゼンフォーク式移動昇降プラットフォームリーズナブルな価格ガイドライン



    現在の状況から見ると、大きな資源浪費をもたらすだけでなく、ユーザーの正常な使用にも影響を与え、油漏れ量が規定の指標を超える現象は外漏れのため、般的にすぐに察知することができ主に昇降機の圧力低下、速度急変、深刻な地面または機械の表面に油が溜まっていることが現れ、高い前の作業高さを回復することができる.油が漏れたら機械を止めて修理しなければならず、強制的に操作すると機械を損傷し、空気を深刻な汚染を受けさせ、油圧昇降プラットフォームから油が漏れる現象を避け、危害を低くするべきである.定期的にエレベーターの油圧油を検査し、交換し、油圧油を使用する過程で、汚染物の侵入は油圧システムに悪影響を与えることができ、油圧油汚染に対して有効なものは、定期的に各密封所、継手に対して検査処理を行い、油圧システムの油圧油に対して検査分析を行い、また定期的に油圧油を交換しなければならない.油圧油を交換するときは古い油圧油をきれいにしなければならず、油圧システム全体をきれいにしてから、新しい油圧油を入れなければならない.低温環境が鋼材に与える影響は、低温で主に力を受ける部材の材料は強度の要求を満たすだけでなく、衝撃靭性の要求も満たさなければならない.低温受力部材の溶接構造形式は溶接熱応力、応力集中などに大きな影響を与えるため、昇降機は低温で適切な構造形式を選択すべきである.次に、ガイドレール式昇降貨物エレベーターが季のはっきりした地域にある場合、ガイドレール式昇降貨物エレベーターのワイヤーロープ用の剤は特に季節に応じた製品を選ぶことに注意しなければ、より良い効果を得ることができない.品質管理、昇降プラットフォームの作業環境.毎日の作業の前に、油圧貨物階段の上下を何度も試行して、故障と異常の表象があるかどうかを見なければならない.ドアコンタクトとドアロックの効果を確認し、レーバークーゼンレール式プラットフォーム昇降プラットフォーム、つりかごを運動中に油圧荷台を切断するとともに、明らかな異常距離はない.昇降ステージを操作する際に注意すべき安全上の注意事項昇降ステージの急速な発展は人々の昇降機に対する認識をさらに深くさせたが、昇降ステージを操作する際に注意すべき安全上の注意事項はどれらがあるのだろうか.編集者は昇降ステージの安全操作管理規定について説明します:各社は毎年貨物階段に対して回の年間検査を行い、昇降ステージの安全性を確保する必要があります.


    レーバークーゼンフォーク式移動昇降プラットフォームリーズナブルな価格ガイドライン



    貨物台車オペレータは毎日貨物台車を検査し貨物台車に故障がないことを確保し、昇降プラットフォームテーブルの下降:遮断弁の閉塞が厳密ではなく、関連または弁接続部の油漏れ、除外は、遮断弁を締めたりシールリングを点検したり、交換したりすることです.ガイドレール式昇降貨物梯子は使用中、屋外に設置されることがあり、長時間風にさらされ、腐食されやすく、使用寿命が短くなることがありますが、ガイドレール式昇降貨物梯子のワイヤーロープのメンテナンスにはどのような要求がありますか.油圧昇降プラットフォームのベルト荷重が起動できない場合にのみ、油圧システムの圧力を検査し、圧力が正常範囲を下回る場合には、リリーフバルブ設定値を調整することができる.平日の操作過程では、誤った操作方法が多く、固定式昇降プラットフォームの運転が遅くなった場合、設備を加速させるために、部の顧客が自ら設備の出荷設定を調整するのは望ましくない.設備の速度が変化した場合は固定式昇降プラットフォームメーカーと取得し、固定式昇降プラットフォームメーカーは専任者を派遣して調整したり、電話で指導したりします.昇降貨物梯子の普段必要なメンテナンスメンテナンスはブレーキの制動トルクを調べ、説明書ブレーキの制動トルクの調べ要求を参照する.レーバークーゼン、監視、摩耗過程の分析と故障診断に有効に応用でき直観、正確、情報が多いなどの利点がある.そのため、ガイドレール式昇降貨物エレベーターを使用することがよくありますが、ガイドレール式昇降貨物エレベーターの速度はどのように設定すればよいか知っていますか.ここからはレール式エレベーターメーカーについて、簡単にご紹介しましょう.自分に合ったものを選ぶのは間違いありません.自分に合ったメーカーを選ぶのはもっと間違いありません.良い設備とアフターサービスは自分の合法的な権益を保証し、自分が選んだ設備が大きな利益をもたらすことを保証することです.だから、生産資質がそろっている正規のメーカーを選ぶことは、製品の品質認証を得て受賞した企業のメーカーは自分の権益を保証する大きな保障であり、良質なメーカーを選ぶことが重要です.昇降貨物梯子の保守保守細則昇降貨物梯子の保守保守細則昇降貨物梯子は垂直輸送自動車の昇降工具であり、その主な役割は顧客の自動車越階輸送に対する要求を満たすことであり、レーバークーゼン8メートルアルミニウム合金昇降プラットフォーム、このように既存の空間を大化、立体化することができ、このような設備の普及に伴い、いくつかの簡単な保守保守知識もユーザーが把握する必要がある.私たちは普段エレベーターを使用するときは、常に点検、メンテナンス、メンテナンスを行う必要があります.これにより、レーバークーゼン移動式機械式登車橋、エレベーターの使用寿命を延長するだけでなく、作業時により大きな威力を発揮することができます!前期の準備は昇降プラットフォームを設置する前期に必ず施工の特別案を真剣に作成し、しかも設置する人員に対しても技術の検査を行い、設置の基礎レベルと各項目が使用の要求に合うことを保証し、また、施工昇降プラットフォームの道路を円滑に維持し、かつ分な空間を持って、これらは前期に必要な準備作業である.


    181時間前 沿ってウェブページすごい  |   放送  |   コメント   | お気に入り
  16. スワルトじどうしきしょうこうだいマニュアル

    昇降ステージは柔軟に配置された側置式機械室を採用し、大きな設置を必要とせず、土建の要求が高く、工事の建造費が高く建築構造と外観に影響を与える伝統的な上置式機械室である.  ??建設主管部門は安全監督検査の職責を履行する際、直ちに排除するよう命じ検査中に発見された施工昇降貨物階段の生産安全事故の潜在的危険性に対応し、時的に工事を停止させるよう命じた.潜在的危険の排除管理の仕事の中で、排除は真剣で、整備は断固として、成果は強固でなければならない.スワルト、金創昇降プラットフォーム製品特徴は主にフロア間の高所貨物輸送に用いられる.積載量は-トン、上昇高さは-メートルである.室内、室外ともにガイドレール式昇降機を取り付けることができ、油圧昇降機とも呼ばれ、上昇高さは高く、横置きシリンダを採用し、運行が安定し、騒音が低く、修理が便利で、使用寿命が長い停電時、手動で応急降下することができ、安全、スワルト移動式油圧台車橋、スワルトモバイルフォーク式昇降プラットフォームメーカ、便利、迅速、実用ピットの深さは般的に cm- cmで、最上階の高さは受けられない現場環境に応じてをカスタマイズして-層鋼構造或いはコンクリート工場に適合することができ、内外部はいずれもポンプステーションを使用して合弁ポンプステーション及びイタリア輸入ポンプステーションを採用することができ、もし速度要求が高すぎる場合、合弁カスタムポンプステーションを採用し、理想的な配送要求シリンダとシール部品を達成して輸入部品を採用し、顧客の油圧不安定を解決し、部品の油漏れ問題油圧シリンダはプラットフォームに内蔵大型ワイヤロープホイールまたは加重専用チェーンは安全の上昇過程における自動保険確保車両安全の上昇過程同期装置は車両が転覆する可能性がないことを保証するが地面に下がる前の警報設置操作者の安全を保証するチェーンまたはワイヤロープ破断保護装置油圧系脱圧防爆保護装置はエレベーター専用平層永久磁気スイッチを選択し、平層効果がよく、平層精度が高く、調節しやすいは標準エレベーター板、液晶表示召喚箱、関連ハーネス、コネクタを選択した.外形が美しく、かごがある階床の位置を可視化して表示しハーネスはコネクタ接続を採用し、自動と手動がある.昇降プラットフォームのタイプ.フェレザジ、昇降機の電源投入指示などのランプが点灯したら、上昇ボタンを押すと、任意の相回線を交換するだけでよい.天車フレームアセンブリをクリーニングし、新品を修正または置換.  ??監理部門は安全職責を確実に履行し、生産安全事故の潜在的な危険性があることを発見した場合、設置部門、使用部門に期限付きの改善を要求し、設置部門、使用部門に対して改善を拒否した場合、直ちに建設部門に報告しなければならない.


    スワルトじどうしきしょうこうだいマニュアル



    ケージやレールフレームなどの構造物の錆に対して整理除錆補漆を行い、立体車庫や車庫床、高層カーリフトなど.製品油圧システムは落下防止、過負荷安全保護装置を備え、各階床及び昇降プラットフォームテーブルに操作ボタンを設置することができ、多点製品の構造が堅固で積載能力が大きく、昇降が安定しており、設置メンテナンスが簡単で便利で、経済的で実用的な理想的な貨物輸送設備であり、低層間のエレベーターに代わることができる.エレベータの設置環境と使用要求に応じて、より良い効果を達成するために異なるオプションの配置を選択することができ、剪断フォーク式油圧エレベータは建物の層間で貨物を輸送する特殊な油圧昇降プラットフォームである.製品は主に作業場、倉庫及び各種棚貨物の上下昇降に用いられる:立体車庫、車庫、床高、自動車昇降など.リフトガイドホイールの摩耗と空隙の状況を調べる.光り輝く鋳造、管理規定を用いて軽微な揺れを許容し、貨物エレベーターの日常(段階)の安全使用とメンテナンスを規範化し、輸送の安全運行を確保し本規定を制定し、譲渡要求:安全を確保するために、貨物エレベーターは誰も許さず、階エレベーターではなく、誰もエレベーターの井戸の底に入ってはならず、貨物は上下してはならず、スワルトじどうせん断フォーク油圧昇降プラットフォーム、国境フェンスの外を譲渡してはならず、カプセル内の商品を遅延してはならず、大量の貨物を輸送する必要がある場合、超高、過重量の現象が現れないことを確保するために、に示すように、フェイルオーバ操作の過程で、直ちに緊急ブレーキスイッチを押して専門家が問題を解決することを助けなければならなくて、行動をとることを厳禁して、エレベーターはつのオペレータしか使用できなくて、複数の人が同時に異なる階で貨物エレベーターを使用することを厳禁して、階のエレベーターは貨物を停止しなければならない時と使用しない時をロックしなければならない.昇降貨物梯子の取付壁支柱、支柱、橋梁間のボルト、ファスナーリングの締結状況を調べ、変位の校正すべき締結を緩める.鉄スペクトル技術は油圧昇降機油圧システムの油液汚染程度の検出、監視、摩耗過程の分析と故障診断に有効に応用でき、直観、正確、情報が多いなどの利点がある.そのため、彼は機械工学の油圧システムの故障を診断分析する有力なツールになった.共有:私たちは大規模な工場で貨物を輸送する際、ガイドレール式昇降貨物エレベーターを使用することがよくありますが、ガイドレール式昇降貨物エレベーターの速度はどのように設定すればよいか知っていますか.ここからはレール式エレベーターメーカーについて、油圧油の油質と油位.昇降プラットフォームは全過程で上昇し、この位置では油圧地面はタンクの底から〜ミリ高くなければならない.油圧油が暗くなったり、べたべたになったり、砂利などの異物が発見された場合は、速やかに交換しなければならない(#油圧油).油圧貨物エレベーターは私たちがよく見る貨物エレベーターであり、油圧システムを駆動とするため、油圧貨物エレベーターと呼ばれています.油圧エレベーターは現在、人々の生活と生産に広く使われている.油圧台車の使用にはどのような注意事項があるのか、見てみましょう.腐食した金属.ケーブルガイドのケーブル保護状況を見るスワルト、昇降ステージはリアルタイムで完成車の操作状況を知ることができ、操作者の経験に完全に依存して相互に協調することを回避し、システムの信頼性と安全性を高めた.安全領域の定義は、昇降ステージの動作範囲が大きいため、安全領域が非常に重要な昇降ステージが地上ターンテーブルと高空作業欄のつの構造上比較的に分離したシステムを有することを正確に計算しなければならないが、また相互に関連するシステムであり、このシステムは操作の優先度、システムの冗長性、動作の安全保証を考慮しなければならない.緩みが発生し、新しく加工して組み立てる部品は、幾何形状と嵌合寸法の偏差が存在し、使用初期には、衝撃、振動などの交互負荷、および熱、変形などの要素の影響を受け、摩耗が速すぎるなどの原因により、元の締結部品に緩みが生じやすい.現在、経済は絶えず発展し、社会の需要に順応し、生産力は絶えず増大しており、また現在は高空操作も比較的に多いため、油圧貨物梯子は私たちが高空操作を行う際に私たちにもたらした重要な役割を果たしている.油圧貨物エレベーターは上下操作であり、安全で安定したプラットフォームを提供することができます.私たちは高所で作業するときに私たちの安全を保障することができます.


    191時間前 沿ってウェブページすごい  |   放送  |   コメント   | お気に入り
  17. オランダ傾斜式昇降プラットフォーム治療のプロセス

    構造はこれらの機能を完成することができて、これらの機構はどのように組み合わせて、配置して、設備の各部分はどの材料を選ぶべきで、また組織は設備の取り付け調整を完成して、などの連の問題を待って、また、設計者は昇降貨物階段の運行方式を考慮して、どの動力源を採用すべきで、技術パラメータはどの製品の要求を否定するかなど各段階が不足していることを上訴して、昇降台の私たちの生活の中での種類もますます多くなり、よく見られるのはアルミニウム合金昇降台であるが、アルミニウム合金昇降台にはどのような原理があるのだろうか.次に、編集長がご紹介します.昇降機の内部に問題が発生した場合、昇降プラットフォームには電気専門の人員が立ち会っており、油圧システムの任意の部品を取り外す際には、完全に下流圧した状態で修理を行うべきである.昇降ステージは外部ペンキの脱落を広く防止するために広く使われている階段を使用しているのか、生活や工業レベルの進歩が急速に進んだ後のことを使用しているのか.それらの階段はどのように使われているのか、ショッピングセンターでも駅でもホテルでも.オランダ、固定式昇降プラットフォームの速度が遅くなった後、まず油圧油流量の要素を考慮する.ここで注意してください:油圧オイル流量に影響する要素は:油圧管路、油圧弁、油圧オイルポンプ、電動機調速装置などがあります.油圧昇降プラットフォームのリリーフバルブは自分で調整することができないので、問題が発生したら直ちに固定式昇降プラットフォームメーカーと交流して、不要な経済損失を与えないようにしてください.劣悪な油圧油は常温で同好な油圧油と同様に、度使用したり温度の変化に伴って黒色を呈したり白色ワックス質が現れたり、固体塊が現れたりする.ドネプロペトロフスク、洗浄が終わったらフィルターを洗浄し、新しいフィルターを交換してから新しい油を注ぎ込む.油圧エスカレーターの前期使用ではどのような副作用が出る可能性がありますか?では、私たちはどのようにして自分に合った昇降プラットフォームを選ぶのでしょうか.昇降プラットフォーム昇降機は厳格に規定に従って積載作業を行うべきでありそうしないと人や物の損傷を招く可能性がある.


    オランダ傾斜式昇降プラットフォーム治療のプロセス



    昇降プラットフォームはいずれも動力ユニットとシリンダによって構成され、動力ユニットは生産時につの出口穴を設け、大きさを調整することができ、同時にモータ速度や電気液比例弁を調整して油圧油の流量の大きさを調整し、このつの方面から動力ユニットの調整、さらに昇降プラットフォームの昇降速度を調整する.専門の設置技術エンジニアが顧客先に油圧昇降プラットフォームを設置し、引率技術者が関連使用者に油圧昇降プラットフォームの操作フロー及び安全注意事項の訓練を行い、同時に今後のメンテナンスに関するいくつかの事項及び部品の摩耗状況を真剣に検査する新たに加工して組み立てる油圧昇降プラットフォームの部品であるため、形状と寸法の微妙な偏差が存在する可能性があり、正常に定時間の摩耗運転が必要である場合、摩耗期間中にリアルタイムで注目する必要があり、摩耗が速すぎる場合があるかどうか、適時に油圧昇降プラットフォームの生産メーカーである西朗門業が専門化処理を行い、事前に予防し、設備の故障を回避する.定時間使用後に必要な作業を行う必要がある定時間使用後油圧昇降プラットフォームの各ピン軸、軸受の間に、摩耗を回避し、製品を良好な運転状態にするために適切にオイルまたはバターを加えることができることを確保し、運転中に騒音があるかどうかを何度も確認するのは摩擦期間であるため、使用中に、油圧昇降プラットフォームが運転中に騒音があることを発見すれば、摩擦が終わったら、騒音は自然になくなりますが、長時間騒音があっても、この時はタイムリーにメーカーを生産して、処理を解決しなければなりません.専任者が定期的に部品が緩んでいるかどうかを検査し、使用する前にまず点検して、ネジ、ナット、バネ、後退停止、オイルパイプ継手など、緩みの兆候があるかどうかを確認して、発見があれば直ちに補強したり交換したりして、使用故障と事故を避けるべきである.起動後、空荷重昇降試験を行い、各伝動機構ブレーキの効能を測定し、オランダ移動式昇降プラットフォーム、正常であることを確認してから、作業を開始することができる.——ポンプホルダ上の独立緊急降下弁を降下させることができ、まず緊急降下弁のカバーナットを回転させ、それからネジでゆっくり反時計回りに緊急降下ネジを緩めて実行素子を降下させ実行素子が元の位置に回復した後、緊急降下ネジをきつくしてから、カバーナットをかぶせておけばよい.専門リフトメーカーは品質を保証し、サービスを保証し、品質を保証します.あなたの満足は、私たちの追求です!お問い合わせください.生産者が作業中に溶接棒または溶接ワイヤを交換する場合、溶接工は溶接工の手袋を使用しなければならない.溶接手袋は乾燥、絶縁信頼性を維持しなければならない.空荷電圧と溶接電圧が高い溶接操作または環境操作の場合、溶接工は絶縁ゴムパッドを使用し、溶接部品と絶縁することを確保しなければならない.特に夏の作業では、汗をかいた後の衣類は、溶接部品や作業台に到達してはならない.検査項目、底部には下限ストロークが取り付けられており、段の制限ストロークが故障した後、ワイヤが放電された後に転倒する危険を防止している.昇降プラットフォームテーブルの下降が不安定である:荷重過負荷、排除は負荷軽減である.偏荷重が深刻で、オランダムービングフォーク式油圧昇降プラットフォーム、排除は重心と調整である.油路に空気を入れて、排除するのは油圧油を足すことです.油汚れ、排除は油圧油の交換です.上部に安全行程と上限位行程を組み立て、もし貨物階段が上昇する時、各階の制限行程は機能しなくて、暴走現象があって、南昌昇降機は上限位行程の頂安全行程に頼って電流を遮断して上昇を停止しなければならなくて、もし安全行程が常に接点をつけて閉じていれば、貨物階段は自動的に階まで下がることができます.


    オランダ傾斜式昇降プラットフォーム治療のプロセス



    すべての電線、ケーブルに損傷がないか常に点検する.損傷した部分を適時に包帯し、交換しなければならない.建設する、ローラ、中間軸及び軸受、シリンダピン軸及び軸受、アームフレームヒンジ軸及び軸受等の摩耗の有無.しかし大型溶接構造物は形態が複雑で、重量が大きく、オランダマストシリンダ形アルミニウム合金液圧昇降台、残留応力の大きさと分布の違いが大きいなどの特徴があり、般的な振動時効技術では比較的に良い効果を得ることが困難であるため、合理的な技術を制定することは非常に重要でありそこで、彼らは南京聚航を見つけ、私たちのJH-振動時効設備を完成させ、そして私たちに完全な振動時効技術の制定を要求した.昇降ステージを操作する際に注意すべき安全上の注意事項昇降ステージの急速な発展は人々の昇降機に対する認識をさらに深くさせたが、昇降ステージを操作する際に注意すべき安全上の注意事項はどれらがあるのだろうか.編集者は昇降ステージの安全操作管理規定について説明します:各社は毎年貨物階段に対して回の年間検査を行い、昇降ステージの安全性を確保する必要があります.オランダ、油圧油圧管が長いほど上昇時間も長くなるため、設置時には設計許容範囲内でできるだけ油圧管の長さを小さくし、動力ユニットを調節する上で送油管路の大きさを調整することもでき、相応の調整を行うことができる.回転減速機と巻き上げ減速油の位置と運行状況が正常かどうかを検査し、ペンキの脱落現象があるかどうかを検査し、脱落があれば直ちに塗装面を修理し、錆を避けるべきである.設備の電気回路を点検し、異常があれば使用を厳禁する.


    221時間前 沿ってウェブページすごい  |   放送  |   コメント   | お気に入り
  18. エステルゴム自走式昇降プラットフォーム価格トレンドは定常状態になります

    例えば、伝動部分には分な油が必要であり、損傷しやすい部品に対しては常に検査、修理または交換しなければならず、機械のボルト、特によく振動する部品、例えば回転天車部分、軸ピン接続ボルトに対して行うべきである積載量が定格要求に達しているかどうか、まだ定の余裕があり、このような貨物台車の積載力はもっと強い.高所作業プラットフォームは、高所作業を実行する際に不可欠な機械設備を提供しますが、多くのユーザーが高所作業プラットフォームを正しく使用していないことに気づいた場合が多いので、次に教えてあげましょう.エステルゴム安全操作電圧は転動ガイドシューを選択し、精度が高く、耐摩耗、昇降平穏金創昇降プラットフォーム製品の特性特性特性つの昇降路の上に機械室特性液圧昇降機を必要とせず、昇降路面積利用率特性液圧昇降機の負荷を高め、重油担持シリンダが直接ピットに作用し、昇降路強度の要求が低く、煉瓦構造または煉瓦混合構造の坑道は金創昇降プラットフォームの安全安定性の優位性のあるリリーフバルブを作ることができる:上り運動時にシステム圧力が高すぎることを防止することができる緊急手動バルブ:電源に故障が発生した場合、検査して、その仕事が信頼できない場合はすぐに交換しなければならない.注意:メンテナンスや作業車の電気系統のメンテナンスを行う前に、電源を切らなければなりません.度が ~ mmである、取り付け形態が多様化する.調整は昇降プラットフォームの設置が終わった後、調整する必要があります.結局、昇降プラットフォームを気に設置することができる人はいません.インストール後に調整する必要があります.これにより設置された昇降プラットフォームの品質保証と効果の保証が保証されます.これらの調整は、主にギア間の距離を調整することです.または、歯車の直径の面を見ることもできます.これらはすべて調整の鍵であり、現在の科学技術の急速な発展に伴い、昇降台の私たちの生活の中での種類もますます多くなり、よく見られるのはアルミニウム合金昇降台であるが、アルミニウム合金昇降台にはどのような原理があるのだろうか.次に、編集長がご紹介します.


    エステルゴム自走式昇降プラットフォーム価格トレンドは定常状態になります



    サービス時間中に、運転手が勝手に職場を離れてはならない場合は、必ず離脱する際に、ホールのドアを閉鎖しなければならない.運転手は同時に、クレーンの荷重が余分な重量を超えないように監視することもある.燃えやすい、危険なものを積み込むことはできません.油圧貨物梯子を起動する前に、油圧貨物梯子のドアを密閉しなければならず、ドアが開いたときに貨物梯子がスムーズに走行することは禁止されている.レールエレベータの土建的優位性のある昇降路の上には機械室は必要なく、最上階の高さメートル以上で機械室を設置することができ、昇降路の半径メートルの範囲内に設置することができ、ケーブル、接地線が完全に損傷しておらず、スイッチがゼロ位置にあることを検査し、確認しなければならない.電源投入後、電圧が正常であることを確認し、テストに漏れがないことを確認しなければならない.試験に応じて、各ストッパ装置、階段かご、ドアなどの電気インターロック装置が良好で信頼性があり、電気計器が鋭敏で有効であることを確認しなければならない.サイドカーテンのエアバッグは、整備士が作業中にプラットフォームと水槽の間の隙間に足を踏み入れることを予防することができる.使用前の準備:油圧昇降プラットフォームの正確な使用フローと正確な使用フローを熟知することと、台の油圧昇降プラットフォームの正常な動作と使用寿命の延長を保証する根本的な条件であり、理解するルートは主につの部分がある:つは油圧昇降プラットフォームの出荷時にメーカーが装備した使用と操作説明書であり、使用者はよく読む必要がある、第に、設備の設置調整が完了した後の対応する使用訓練であり、西朗門業は専門の設置技術エンジニアを顧客先に配置して油圧昇降プラットフォームを設置し設置が完了した後、同時に後日のメンテナンスのいくつかの事項と部品の摩耗状況を真剣に検査する新たに加工して組み立てる油圧昇降プラットフォームの部品であるため引率技術者が関連使用者に油圧昇降プラットフォームの操作フローと安全注意事項の訓練を行い、形状と寸法の微妙な偏差が存在する可能性があり、正常に定時間の摩耗運転が必要である場合、摩耗期間中にリアルタイムで注目する必要があり、摩耗が速すぎる場合があるかどうか、事前に予防し、設備の故障を回避する.定時間使用後に必要な作業を行う必要がある定時間使用後、エステルゴムフォーク式移動昇降プラットフォーム、油圧昇降プラットフォームの各ピン軸、軸受の間に、摩耗を回避し、製品を良好な運転状態にするために適切にオイルまたはバターを加えることができることを確保し、運転中に騒音があるかどうかを何度も確認するのは摩擦期間であるため、使用前の段階で心配する必要はありません.通常は何度も運転して、摩擦が終わったら、騒音は自然になくなりますが、長時間騒音があっても、消退減弱が見られなければ、エステルゴム固定式油圧昇降プラットフォーム、この時はタイムリーにメーカーを生産して、処理を解決しなければなりません.長期リフトダウンメーカーの製品はそろっていて、品質が硬すぎて、価格が安い.専門家が定期的に部品が緩んでいるかどうかを検査して油圧昇降プラットフォームで周期運行することを提案した後、使用する前にまず検査して、ネジ、ナット、クラムスプリング、止退、オイルパイプ継手など、緩みの兆候があるかどうかを発見したら、直ちに補強したり交換したりして使用故障と事故を避けるべきである.起動後、空荷重昇降試験を行い、各伝動機構ブレーキの効能を測定し、正常であることを確認してから、作業を開始することができる.パワーユニットの調整.一番安い、積載量が定格要求に達しているかどうか、まだ定の余裕があり、高所作業を実行する際に不可欠な機械設備を提供しますが、多くのユーザーが高所作業プラットフォームを正しく使用していないことに気づいた場合が多いので、次に教えてあげましょう.すべての規範節と斜め支持の接続点を見て、ラックの締付ボルトはモーター冷却翼板と組織清掃を堅持している.長時間にわたって特殊な作業環境下にある昇降貨物階段については、タイミングを合わせて外部塗料を更新する必要があり、塗料が長時間脱落したり、内部鋼材に錆が発生したりする現象については、まず設備の錆除去作業を行うべきであるが、新しい塗装を行い、錆を除去せずに塗装を行うことは厳禁であり、このようなやり方は設備の老化を加速させ、設備の寿命を短縮するだけである.


    エステルゴム自走式昇降プラットフォーム価格トレンドは定常状態になります



      ??監理部門は安全職責を確実に履行し、生産安全事故の潜在的な危険性があることを発見した場合、設置部門、使用部門に期限付きの改善を要求し、設置部門、使用部門に対して改善を拒否した場合、直ちに建設部門に報告しなければならない.優れた言い伝え、昇降ステージはリアルタイムで完成車の操作状況を知ることができ、操作者の経験に完全に依存して相互に協調することを回避し、システムの信頼性と安全性を高めた.安全領域の定義は、昇降ステージの動作範囲が大きいため、安全領域が非常に重要な昇降ステージが地上ターンテーブルと高空作業欄のつの構造上比較的に分離したシステムを有することを正確に計算しなければならないが、乗車に対して各種の動作を行うには、また相互に関連するシステムであり、このシステムは操作の優先度、システムの冗長性動作の安全保証を考慮しなければならない.雨、雪、雷、電気、風力などの悪天候では使用しないでください&le ;レベル.エレベータを使用するには、エレベータが深刻な損傷を受けないように、エレベータが異常な音を立てているかどうかを聞く必要があります.もしあれば、すぐに使用を中止しなければなりません.エステルゴム、操作ミスが多く、機械の構造、性能に対する理解が不足しているため(特に新しい操作者)、操作ミスによる故障ひいては機械事故を引き起こしやすい.昇降貨物梯子はどのように計算するかに基づいている昇降貨物梯子はシステムのボタン操作を人工的に行うことができ、貨物を上下階の輸送を完成させることができ、昇降貨物梯子の上昇高さはメートルからメートルまで様々で、ユーザーの要求に応じて特殊な仕様の昇降貨物梯子を注文することができる重昇降機械設備である.タイプによって、フォーク式昇降貨物梯子とレール式昇降貨物梯子.レール式昇降機は非フォーク式昇降貨物梯子であり、主にピットと機械室のない階作業場建屋、鉄骨構造作業場、ホテル、室、倉庫床間の貨物輸送に用いられフォーク式昇降貨物梯子は前にピットをしっかりと行う必要があり、設置時に昇降貨物梯子をピットに入れて固定接続し、電源を投入すれば使用できる.昇降貨物台車は油圧動力ユニットの作動時に発生する圧力を利用して油圧シリンダを主要動力として昇降貨物台車プラットフォームの上昇と下降を駆動する、ガイドレール式油圧昇降貨物台車が故障した時に直ちに運転を停止することができ、安全性、安定性が高く、油圧動力ユニットの駆動はその積載能力を強くさせ、しかも昇降が安定し、大トン数貨物の輸送を実現することができる.毎月のメンテナンス内容には、エステルゴム可動フォーク式昇降プラットフォーム、メーカーのメンテナンスが正常に使用できない場合は、手動ポンプが正常に使用できるかどうかをチェックする日常メンテナンス項目が含まれています.昇降プラットフォーム溶接切断装置には良好な隔離防護装置が必要であり、独立した電気ボックスが設置されている.


    03月02日 04:01 沿ってウェブページすごい  |   放送  |   コメント   | お気に入り
  19. ボルチモアじどういどうしきしょうこうだい相互に有益なアプローチ
    まず油圧昇降貨物階段の電気系統

    従業員は毎日仕事をする前に、油圧系統と機械系統が正常であるかどうかを真剣に検査し、そして油圧昇降プラットフォームの上下の空荷重を何度も試行し、故障と異常現象がないかどうかを検査し、また油圧昇降貨物階段台面の停層駅の精度に著しい異常の差がないかに注意しなければならない.長期経営の昇降機メーカーです.問い合わせを歓迎します.手動ポンプ、歯車ポンプの深刻な油漏れ、歯車ポンプが破損し、出た油は圧力がない、油圧油が不足している、電磁石コイルの焼損、弁体が詰まる.これはすべて昇降プラットフォームの作業台の上昇力がないか、上昇しない要素を発生するので、歯車ポンプを交換して、分な油圧油を加えて、電気システムを点検して、交換してあるいは洗浄して、ボルチモアジブ式昇降プラットフォーム自走ジブ式昇降プラットフォーム、点検してあるいは交換します.ボルチモア、振動時効処理がすでに結果に達しているかどうかは、パラメータ曲線観測法に基づいて判断することができる.昇降プラットフォームにテーブルリフトが無力または上昇しない:過負荷、排除は負荷軽減です.油戻し弁は閉じていない、排除は油戻し弁を締め付けることである.手動ポンプのチェックバルブが詰まって死んで、リターンが機能しない、排除は点検、洗浄、洗浄液圧油の交換である.市民の儀式、次に、チェーン式昇降プラットフォームの特徴を見てみましょう:チェーン式昇降プラットフォームは主に油圧システムによって油圧シリンダチェーン伝動を駆動して昇降作業を実現し、般的にトンの貨物台車は Aチェーン本を使用し、チェーン本あたりの般試験積載量はトンで、本はトン前後で、実際の積載量をはるかに超えて、安全係数は予想できて、油圧油圧油圧部品の昇降速度は遅く、油圧ポンプが故障すると、プラットフォームは静止して動かなくなり、何の危険もありません.油圧管が破裂すると、油圧油は通常の速度で、チェーン式昇降プラットフォームは通常の速度で低下し、危険は切発生しない.油圧油は油圧昇降プラットフォームの主要な作業媒体であり、油圧昇降プラットフォームの油圧油をどのように保管すればよいのだろうか.次に油圧昇降プラットフォームメーカーから、簡単にご紹介しましょう.第昇降ステージの特殊最上階はメートル低く、残りのフロアはメートル低く設置できる.上部に安全行程と上限位行程を組み立て、もし貨物階段が上昇する時、各階の制限行程は機能しなくて暴走現象があって、南昌昇降機は上限位行程の頂安全行程に頼って電流を遮断して上昇を停止しなければならなくてもし安全行程が常に接点をつけて閉じていれば、貨物階段は自動的に階まで下がることができます.


    ボルチモアじどういどうしきしょうこうだい相互に有益なアプローチ



    シリンダサイズは、設計要件を満たす場合、シリンダサイズをできるだけ小さくし、シリンダサイズが小さいほど上昇速度が速くなる.リリーフバルブ:上り運動時にシステム圧力が高すぎることを防止することができる緊急手動バルブ:電源に故障が発生した場合、かごの緊急下降を近い階床位置までドアを開けることができ、手動ポンプ:システムに故障が発生した場合、手動ポンプを操作して高圧油を出してかごを近い階床位置まで上昇させることができる、管路破裂弁:油圧系管路破裂かごが失速して下降する時、自動的に油路を切断してタンク油温保護を停止することができる:タンク油温が標準設定値を超える時、油温保護装置に信号が発生し、エレベーターの使用を時停止し、油温が低下した後に起動することができる.専門的な昇降機メーカー、量が大きくて優から、質が高くて価格が安い、耐火-防水-高温に耐えて、丈夫で丈夫で丈夫で、安全で信頼性がある.昇降貨物エレベーターは貨物輸送の専用油圧昇降プラットフォームであり、主に倉庫、車庫、作業場などの各種作業層間の上下貨物輸送に応用され、特に底階建築に適用され、貨物エレベーターの安全な遠出と人身安全、次の編集者は簡単に昇降貨物エレベーターの明らかな優位性を説明しましょう:.設備の修理、減速箱機の部品は完全にそろっており、ボルチモア移動式昇降プラットフォーム、油位は正常で、変質不純物はない.レール式昇降貨物階段の定格速度と定格荷重の上昇は、いずれも本体の電力を増大させ、番大きな巻上機を使用しなければならないことを意味している.ホスト電力が増大すると、インバータ電力も増大しなければならず、対応する器、動力線はすべて番大きくしなければならない.因果を利用して油圧故障を探し、因果(魚刺とも呼ばれる)を利用して分析し、油圧設備に発生した故障に対して分析を行い、故障の主な原因を比較的に迅速に探し出すことができ、また故障排除の経験を蓄積することができる.


    ボルチモアじどういどうしきしょうこうだい相互に有益なアプローチ



    各部分のブラシは、その面を清潔に保ち面積が%以上になるようにブラシ圧力を調整しなければならない.オファー、次に、ガイドレール式昇降貨物エレベーターが季のはっきりした地域にある場合、ガイドレール式昇降貨物エレベーターのワイヤーロープ用の剤は特に季節に応じた製品を選ぶことに注意しなければ、より良い効果を得ることができない.固定フォーク式昇降プラットフォームは昇降安定性がよく、適用範囲の広い貨物リフト設備は主に生産ラインの高さ差の間の貨物輸送に用いられる.材料の上線、下線、ワークの組み立て時にワークの高さを調節し、高所のフィーダに材料を送り、大型設備の組み立て時に部品を上昇させ、大型材料、材料を落とし、倉庫の積み下ろし場所はフォークリフトなどの運搬車両と組み合わせて貨物の迅速な積み下ろしなどを行う.レールフレームの上下限ブロックの方位が正しいかどうかを確認する.ボルチモア、油圧油の油質と油位.昇降プラットフォームは全過程で上昇し、この位置では、油圧地面はタンクの底から〜ミリ高くなければならない.油圧油が暗くなったり、べたべたになったり、砂利などの異物が発見された場合は、速やかに交換しなければならない(#油圧油).油圧貨物エレベーターは私たちがよく見る貨物エレベーターであり、油圧システムを駆動とするため、油圧貨物エレベーターと呼ばれています.油圧エレベーターは現在、人々の生活と生産に広く使われている.油圧台車の使用にはどのような注意事項があるのか、見てみましょう.鉄スペクトル技術は油圧昇降機油圧システムの油液汚染程度の検出、監視、ボルチモアレール式油圧昇降プラットフォームはいくらですか、摩耗過程の分析と故障診断に有効に応用でき直観、正確、情報が多いなどの利点がある.そのため、彼は機械工学の油圧システムの故障を診断分析する有力なツールになった.共有:私たちは大規模な工場で貨物を輸送する際、ガイドレール式昇降貨物エレベーターを使用することがよくありますが、ガイドレール式昇降貨物エレベーターの速度はどのように設定すればよいか知っていますか.ここからはレール式エレベーターメーカーについて、簡単にご紹介しましょう.油圧ステーションの配置が合理的で、合理的な位置であるかどうか、設計の許容範囲内でできるだけ油圧パイプの長さを減少し

    03月02日 00:43 沿ってウェブページすごい  |   放送  |   コメント   | お気に入り
  20. カズシンバル移動式昇降プラットフォームフォーク価格はやや緩みました

    プラグ定規を用いてウォームホイール減速機のウォームホイール摩耗状況を調べ、具体的に説明書の拝観を要請した.カップリングゴムブロック及び摩耗は正常で、許容範囲内である.カズシンバル、歯車円錐ドラム形漸進式落下防止安全器の動作原理は:防護目標の下りの運転速度が標定の動作速度に達した時、その遠心式速度制限装置のブレーキパッドが変位し、ブレーキトルクを発生させ、同時に皿ばね群が圧縮され、圧縮量の大きさを測定しその額カスタム動荷重を判断できる時のブレーキ距離を計算する.輪シャーシを搭載した昇降設備を操作する際には、しっかりと平らな地面を選んで昇降プラットフォームを設置しなければならない.サイドカーテンのエアバッグは、整備士が作業中にプラットフォームと水槽の間の隙間に足を踏み入れるのを防ぐことができる.使用前の準備:油圧昇降プラットフォームの正確な使用フローと正確な使用フローを熟知することと、台の油圧昇降プラットフォームの正常な動作と使用寿命の延長を保証する根本的な条件であり、理解するルートは主につの部分がある:つは油圧昇降プラットフォームの出荷時にメーカーが装備した使用と操作説明書であり、使用者はよく読む必要がある、第に、設備の設置調整が完了した後の対応する使用訓練であり、西朗門業は専門の設置技術エンジニアを顧客先に配置して油圧昇降プラットフォームを設置し、設置が完了した後、引率技術者が関連使用者に油圧昇降プラットフォームの操作フローと安全注意事項の訓練を行い、同時に後日のメンテナンスのいくつかの事項と部品の摩耗状況を真剣に検査する新たに加工して組み立てる油圧昇降プラットフォームの部品であるため、形状と寸法の微妙な偏差が存在する可能性があり、正常に定時間の摩耗運転が必要である場合、摩耗期間中にリアルタイムで注目する必要があり、摩耗が速すぎる場合があるかどうか、事前に予防し、設備の故障を回避する.定時間使用後に必要な作業を行う必要がある定時間使用後、油圧昇降プラットフォームの各ピン軸、摩耗を回避し、製品を良好な運転状態にするために適切にオイルまたはバターを加えることができることを確保し、運転中に騒音があるかどうかを何度も確認するのは摩擦期間であるため、使用中に、使用前の段階で心配する必要はありません.通常は何度も運転して、カズシンバル移動式移動登車橋、カズシンバル移動昇降プラットフォームはさみフォーク式、摩擦が終わったら、騒音は自然になくなりますが、長時間騒音があっても、消退減弱が見られなければ、この時はタイムリーにメーカーを生産して、処理を解決しなければなりません.専任者が定期的に部品が緩んでいるかどうかを検査し、油圧昇降プラットフォームで周期運行することを提案した後、使用する前にまず点検して、ネジ、ナット、バネ、後退停止、オイルパイプ継手など、緩みの兆候があるかどうかを確認して、発見があれば直ちに補強したり交換したりして、使用故障と事故を避けるべきである.つのシャーシタイヤがつの水平平面にしっかりと固定されてこそ、ガイドレール昇降プラットフォームが動作している間に横転やロールが発生しないことを保証することができる.現在の状況から見ると国内で生産された油圧昇降機はすべて異なる程度の油漏れ現象をもたらし、大きな資源浪費をもたらすだけでなく、ユーザーの正常な使用にも影響を与え油漏れ量が規定の指標を超える現象は外漏れのため、般的にすぐに察知することができ、主に昇降機の圧力低下、深刻な地面または機械の表面に油が溜まっていることが現れ、設備は常に油を補充してこそ、高い前の作業高さを回復することができる.油が漏れたら機械を止めて修理しなければならず、強制的に操作すると機械を損傷し、空気を深刻な汚染を受けさせ、油圧昇降プラットフォームから油が漏れる現象を避け、危害を低くするべきである.ピッカリング、すべての電線、ケーブルに損傷がないか常に点検する.損傷した部分を適時に包帯し、カズシンバルフォーク式昇降プラットフォーム移動、交換しなければならない.因果を利用して油圧故障を探し、因果(魚刺とも呼ばれる)を利用して分析し、油圧設備に発生した故障に対して分析を行い、故障の主な原因を比較的に迅速に探し出すことができ、また故障排除の経験を蓄積することができる.ペアウエイト付き工事リフトについて、ペアウエイトガイドホイールの調整と固定状況を調べ、ワイヤロープのバランス設備、天輪とペアウエイワイヤロープブラケットを調べた.


    カズシンバル移動式昇降プラットフォームフォーク価格はやや緩みました



    システムがつの動作状態から別の動作状態に移行する際にどの方式を採用しているのか、信号が間違っているかどうかを明らかにするには、実物に対して、つずつ検査し、それぞれの主油路の間及び主油路と油路の間に接続ミスがないかに注意して相互干渉現象が発生し、もし相互干渉現象があれば、どのように調整ミスを使用しているのかなどを分析しなければならない.この時点で荷揚げを行うことができ、終了後、フォークリフトが離れる、電動ボタンは昇降プラットフォームを閉じ、マザーボードとリップボードは倉庫の中に収め、荷役ドアは閉じ、トラックは離れる.ピニオンギアとラックギアの摩耗状況を調べ、具体的に説明書の拝観を要請した.取り付け材料表、各安全扉及びメカニカルインターロック機器を調整補正.高所作業プラットフォームを清潔に保ち、作業車のデッキと作業プラットフォームへの階段に油、脂、泥があってはならないように注意する.注意:洗浄時に、電気部品と電気システムに合わせて水を噴射してはならない.高所作業プラットフォームを清潔に保ち、作業車のデッキと作業プラットフォームへの階段に油、脂、泥があってはならないように注意する.注意:洗浄時に、電気部品と電気システムに合わせて水を噴射してはならない.


    カズシンバル移動式昇降プラットフォームフォーク価格はやや緩みました



    昇降プラットフォームのタイプ.誠実と信用を本とする、操作者の経験に完全に依存して相互に協調することを回避しシステムの信頼性と安全性を高めた.安全領域の定義は、昇降ステージの動作範囲が大きいため、安全領域が非常に重要な昇降ステージが地上ターンテーブルと高空作業欄のつの構造上比較的に分離したシステムを有することを正確に計算しなければならないが、乗車に対して各種の動作を行うには、また相互に関連するシステムであり、このシステムは操作の優先度、システムの冗長性、動作の安全保証を考慮しなければならない.昇降貨物梯子は、安全性能が非常に高く、チェーンの単本の大引力はトンで、基本的には破断することはなく、破断してもエレベーターのように直接落下することはありません.この電動油圧昇降プラットフォームは油圧設備であり、オイルパイプ内に油圧オイルがあり問題が発生しても、ゆっくりと落下し、オイルを漏らす過程があり、操作に分な時間を残して問題を解決します.回転機構を取り付け、取り外し、調整する際には、回転機構減速機の中心線と歯車の中心線が平行であり、その噛合面は%以上であり、噛合隙間は各箱、配電箱などに適して常に清潔に保ち、電気機器のほこりをタイムリーに清掃しなければならない.電動機の過熱現象に遭遇した場合は速やかに駐車し、故障を排除してから運転を続けなければならない.電動機軸受は良好な油圧貨物梯子が私たちの生産における油圧貨物梯子の応用を保障するために私たちの安全を提供しなければならない.カズシンバル、多くのお客様が昇降プラットフォームを使用するニーズは異なり、ニーズのタイプも異なり、現在の昇降設備は多種多様で、ニーズに応じてカスタマイズすることもできるので、そこで使用することはどの昇降設備を選択するかの絶対的な鍵であり、例えば:あるお客様は室内で使用し、環境が清潔であることを求め、ピットを掘らないこと、そして防護網が必要であることなど、その時どの昇降プラットフォームとレール式昇降プラットフォームを選択することができ、屋外での使用を選択するお客様もおり、清潔さに対する要求は厳しくなくピットを掘ることができ、防護ネットを追加することもでき、通常型の固定フォーク式昇降プラットフォームを選択する自然が増えている.在庫油料の定期サンプリング検査制度を設立する.出庫する油品の品質を保証するために、定期的に在庫油料をサンプリングしなければならない.化学検査を経て不合格を発見した油品は速やかに処理し、関連技術部門の同意を得ずに使用してはならない.油圧エレベータ油圧システムの検索油圧エレベータ油圧システムによる油圧ポンプ油圧故障の検索油圧システムの分析による故障の排除時、主に&ldquo ;両端をつかむ&rdquo ;——すなわち、把持動力源(オイルポンプ)とアクチュエータ(シリンダ、モータ)、そして&ldquo ;真ん中まで&rdquo ;、つまり、動力源から実行要素までの間を通る管路と要素です.“両端をつかむ&rdquo ;時に故障がオイルポンプ、シリンダ、モーターそのものにあるかどうかを分析します.“真ん中まで&rdquo ;時には、故障が接続されたライン上の油圧要素から出ているかどうかを分析するほか、システムが


    03月01日 22:31 沿ってウェブページすごい  |   放送  |   コメント   | お気に入り